ゴールドアワードのバンコクホテル宿泊料金

世界最大手の宿泊予約サイト「Hotels.com」が「ユーザーが選ぶベストホテル アワード2017」が発表しました。2016年にお客様による最高の評価を得たホテルを決めるため、87カ国2500軒のホテルのレビューを旅行エキスパートが分析をして調査した結果になります。その中で、5.0満点中4.7点以上を獲得したホテルには「ゴールドアワード」の称号が送られ、タイは全体の10位で42のホテルが受賞しました。ちなみに日本は全体の9位で48のホテルが受賞。
本日は、タイの42ホテルの内、トップ10に入ったホテルを紹介します。そして、トップ10に入った内のバンコクにあるホテルの宿泊料金を調べてみました。ホテル好きなら一度は泊まりたいホテルばかりです。

画像:http://www.max.hi-ho.ne.jp/seiko-1110/memory23/23.09.16.htm

画像:http://www.max.hi-ho.ne.jp/seiko-1110/memory23/23.09.16.htm

続きを読む

バンコクのホテル in アスピラダヴィンチスクンビット31 ディスります。

今回の訪タイで利用したホテルは2つ。1つはSボックススクンビットホテル「バンコクのホテル in Sボックススクンビットホテル(S Box Sukhumvit Hotel)」で、こちらのホテルは快適に過ごすことができました。そして、もう1つのホテルがアスピラダヴィンチスクンビット31になります。
今回の訪タイでは、短期間ですがホテルをわざわざ変えました。理由としては、スクンビット周辺に泊まるのが久しぶりなのでホテル開拓をしたいというのが1つ。もう1つは、初めてのホテルだとハズレを引く可能性があるからリスクヘッジを兼ねて。正直なところ、今回ホテルを変えて良かったと思っています。というもの、アスピラダヴィンチがハズレだったから。あまりバンコクのホテルをディスりたくないのですが、私は2度と利用しないと思う。そのハズレレポートになります。

DSCF47241
続きを読む

バンコクのホテル in Sボックススクンビットホテル(S Box Sukhumvit Hotel)

今回のバンコク滞在で利用したホテルは2つになります。どちらかというと、一つのホテルにずーっと滞在したい派なのですが、久しぶりにスクンビット界隈に宿泊するのもあって、初めて利用するホテルにしようと考えました。その初めて泊まるホテルが良かったら長期滞在しても良いのですが、ハズレってこともあるので、2泊と3泊に分けてホテルを探しました。そして、宿泊料は1000バーツ前後と抑えて。
本日紹介するホテルは、最初の2泊を利用したSボックススクンビットホテルになります。このホテルってカプセルホテルでしょ?と多くの方が認識していると思いますが、意外や意外、カプセルでなく、とても快適でした。こちらのSボックスホテルの滞在レポートになります。

DSCF4716

入口左側にあるロボット。鉄人28号かな?

続きを読む

バンコクのリバーサイドホテルって良い?

バンコクで人気のホテルというと、リバーサイドにある五つ星ホテルがよく取り上げられます。有名なホテルでいえば、ザペニンシュラバンコクやマンダリンオリエンタルバンコク、ロイヤルオーキッドシェラトンなど、映画の舞台になったホテル等がホテルランキンで上位になったり、いろいろな賞を受賞しています。最近では、世界最大手のホテル予約サイトであるホテルズドットコムが、2016年の「ユーザーが選ぶベストホテル アワード」の「ベストラグジュアリー賞」を受賞したホテル50の中で、厳選した10ホテルの一つにシャトリアム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)を上げていました。このようにバンコクでは、リバーサイドホテルが注目されています。
しかし、ここで私の中で一つの疑問が出てきます。「リバーサイドって本当にお薦めなの?」と。
今日は、なぜ?そう思ったかを書こうかと思います。あくまでも、私個人の意見になります。個人によって、ホテルに何を求めるかによってランキングは変わると思うので、違うと思う方がスルーでお願いします。

画像:http://sundayblog.jp/

画像:http://sundayblog.jp/

続きを読む

タイはホテルが安くて良いから行くべきという理由

最近、外国観光客の増加により、東京、大阪、札幌などでホテルが取りずらいと聞きます。若い頃はホテルがなかったらサウナに泊まってとかできましたが、さすがに歳も歳なので、次の日に備えてベットでしっかり眠りたいと思うようになりました。タイに行くようになり、ホテルの重要さを更に感じるようになり、安宿よりはクーラーもお湯もでるホテルが良く、欲を言えば星4つ以上に泊まってホテルライフを充実させたいと思うようになりました。
最近のホテル事情をチェックしたところ、「やっぱりタイのホテルでしょ!」というデータがありました。アメリカじゃなく、日本でもなく、タイに行ったほうが良くなりますよ。かなりお得だと思うので比較検討してみてはどうでしょう?まずは、ホテル料金の推移から。

中山美穂主演のサヨナライツカの舞台だったらマンダリンホテル 画像:http://chiroru111.blog25.fc2.com/

中山美穂主演のサヨナライツカの舞台だったマンダリンホテル 画像:http://chiroru111.blog25.fc2.com/

続きを読む

日本になくタイにはある「Wホテル」が良いらしい

タイでは安全を考えながらも、できる限り安いホテルに泊まるようにしてます。その理由には、何となく格式ばってるのが嫌だとか、安くなった分を飲みにまわそうとか、いろいろあります。しかし、たまには良いホテルに泊まってみたいという願望もあります。そして、せっかくだから日本では味わえないようなホテルライフができるところ。。
私が、次にタイで良いホテルに泊まる時の候補として、いくつかあげている中の一つが「Wホテル(ダブリューホテル)」。あまり聞きなれない人も多いかと思いますので、今日は「Wホテル」について書こうと思います。

Wリトリート&スパ・モルティブ 画像参照by homedsgn.com

Wリトリート&スパ・モルティブ 画像参照by homedsgn.com

続きを読む

ドンムアン空港内にできたホテル料金は3時間1000バーツ

 今月に正式フルオープンしたドンムアン空港第2ターミナル。スワンナプーム空港ができてから、ドンムアン空港を利用することが一切ありませんでしたが、今後はエアアジアの利用をすることを考えると、ドンムアン空港を利用することもでてくるかと。そんなドンムアン空港内に小型ホテルが出来たニュースがありました。  タイのミラクルグループによる「スリープ・ボックス」という小型ホテル。第2旅客ターミナルビル4階に開設され、全25部屋のうち現在は5室を提供中。1部屋の面積は約15平方メートルで二人まで利用可能。設備はエアコン、アメニティ、トイレ、テレビが設定されており、料金は3時間1000バーツが基本。細かい料金設定は以下になります。

画像:http://thaikabu-semiretire.hatenablog.jp/

画像:http://thaikabu-semiretire.hatenablog.jp/

続きを読む

ナサベガスホテル(Nasa Vegas Hotel)について

バンコク格安ホテル・ナサベガスホテル

 今回の「マッサージ師とタイ格安旅行」にて宿泊したバンコクにあるナサベガスホテル(Nasa Vegas Hotel)について、今後も多くの日本人が宿泊するでしょうから、私からの口コミを書いてみようかと思います。本来なら、宿泊予約サイトなどにクチコミを書いた方が良いと思うですが、どうしても書ききれない部分も出てくるので、できるだけ参考になうよう、そして消されないよう、このブログでまとめます。ただし、私が宿泊した範囲内ですので、できましたら参考程度にしてもらい、予約サイトにでている多くの口コミも合わせて参考にしてもらえればと思います。
以下の観点で書きます。
・立地・料金・設備・フロント対応・オススメ対象

20212128 続きを読む

タイのSPA(スパ)は世界でもトップクラス。2014年度表彰された人気スパをチェックしてみた

 昨日のブログ「タイのお土産にハーンの石鹸はどうでしょう」で書いたワールドラグジュアリースパアワードは、高級感あるスパを対象とした世界有数の賞であり、品質、革新、サービスを有するスパとして評価が基準となります。そんな賞をタイのスパはいくつも受賞をしており、名実ともにタイのスパは世界上位ランクといっても過言ではないと思います。タイ旅行にはいろいろな楽しみがありますが、このスパやマッサージを楽しむこともタイに魅力の大きな一つになっております。そんな、世界基準として認められたタイのスパをチェックしてみようと思います。

一度は行ってみたいタイのランタヤイ島

一度は行ってみたいタイのランタヤイ島

まずは、最高位であろう2014World Luxury SPA AWARDS(ワールドラグジュアリースパアワード)
GLOBAL WINNERSと言う事は世界トップ受賞ってことだと思います。この中にも各部門があり、タイのスパは2部門で受賞をしていました。

・Best Luxury Spa Group部門GLOBAL WINNERS
Banyan Tree Spas(バンヤンツリースパ)
http://www.banyantree.com/ja/ap-thailand-bangkok/banyan-tree-spa/overview
日本語版のホームページはこちら。バンコクの予約がこのサイトから取れます。グループホテルとして、タイ、アラブ首長国連邦、インドネシア、モルディブ、中国、大韓民国とあります。タイにはバンコク、プーケット、サムイ島にあります。

・Best Spa Manager部門GLOBAL WINNERS
Anantara Spa at Anantara Bophut Resort & Spa, Koh Samui(アナンタラ・スパ・コー・サムイ)
http://samui.anantara.jp/spas.aspx
日本語のホームページはこちら。こちらもこのサイトから予約ができます。同じくグループホテルとして、タイにはバンコクを始め14ヶ所あり、カタール、カンボジア、モルディブ、ベトナムなどにあります。

全15部門の中で2部門をタイのホテルスパが受賞をしてました。それを上回っているのがアラブ首長国連邦のスポが5部門で受賞。やはりお金持ちの国は違うんですね。

そのGLOBAL WINNERSの前の選考である2014 WORLD LUXURY SPA AWARDS COUNTRY WINNERSでは、もっと多くのタイにあるスパが選ばれてました。

2014 WORLD LUXURY SPA AWARDS COUNTRY WINNERS
この下にも選出されたのがありましたので、これらは決勝進出みたいな感じでしょう。

・Best Luxury Ayurveda Spa部門
Six Senses Spa at Soneva Kiri, Koh Kood(シックスセンズスパ)
http://jp.sixsenses.com/
WEBページはこちら。タイにはサムイ島とヤオノイ島にあります。ちなみにヤオノイ島はプーケットからスピードボードで40分のところにあります。

・Best Luxury Hotel Spa部門
Le SPA with L’Occitane(ロクシタンル)
http://www.sofitel-bangkok-sukhumvit.com/en/le-spa-wth-l-occitane.html
バンコクスクンビットにあります。

・Best Luxury Emerging Spa部門
Baan Thai Spa(バーンタイスパ)
http://www.samui.intercontinental.com/baan-thai-spa
インターコンチネンタルホテル内にあるスパ。ブログで書いたハーングッズを取り扱っています。

・Best Luxury Fitness Spa部門
Six Senses Spa at Soneva Kiri, Koh Kood(シックスセンズスパ)
アーユルベーダに続き、こちらの部門でも受賞していました。

・Best Luxury Destination Spa部門
Silarom Spa(シラロムスパ)
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://silaromspa.com/&prev=search
日本語WEBページはこちら。サムイ島にあります。海岸近くの大きな岩を利用したロケーションで受けるスパです。

・Best Luxury Wellness Spa部門
The Spa at Conrad Koh Samui(コンラッド・コサムイ)
http://conrad.hiltonhotels.jp/hotel/koh-samui/conrad-koh-samui
日本語WEBページはこちら。ホテル予約してみよとしたら、一泊2万バーツ(2015年12月)。高いな。

・Best Luxury Resort Spa部門
The Spa by PARESA(パレサ)
http://www.paresaresorts.com/facilities/spa.html
WEBページはこちら。プーケットにあります。

・Best Luxury Day Spa部門
Divana Divine Spa(ディバインスパ)
http://www.divanaspa.com/japan/DivineSpa/
日本語WEBページはこちら。バンコクスクンビット55にあります。

・Best Luxury Boutique部門
Anantara Spa at Anantara Bophut Resort & Spa, Koh Samui(アナンタラ・スパ・コー・サムイ)
ベストマネージャー部門でグローバルWINNERを取っています。

・Best Spa Manager部門
Linger Longer Spa(リンガーロンガースパ)
http://layanaresort.com/index.php
こちらのホテルのスパになります。場所はランタヤイ島にあります。クラビーの南に位置します。

そして日本からは一つのスパが二部門に入ってます。

・Best Luxury Hotel Spa部門とBest Spa Manager部門
The Peninsula Spa, Tokyo(ザ・ペニンシュラスパ東京)
http://tokyo.peninsula.com/ja/spa-wellness
WEBページはこちら。東京有楽町にあるペニンシュラホテル内のスパです。

スパ=リゾートのような感じなのか、プーケットとサムイ島にあるホテルスパが受賞をしています。バンコクにあるスパもあったので、そこならバンコク訪問時に行けると思います。が、やはりスパは高級なものなのだと思いました。
出てくるほとんどのスパのホテルは4~5つ星ホテルになっているので、宿泊だけもかなりの値段がします。その上で、ホテルライフの一環としてスパがあるのでしょうから、高いわけです。唯一日本から入っているのもペニンシュラホテル内のスパですからね。

お金に余裕があったら、一度は行ってみたいスパです。街中のアロママッサージとは比較にならないほどの価格差ですが、それなりの価値は望めると思います。特に女性の方は喜ぶんじゃないかな。

タイ人気のハーンでセルフケア


ポチっとクリックお願いします。

昨日の続き、プーケットカロンビーチでゆっくり過ごす

昨日「タイビーチリゾートで楽しみたい」の続き。カオラックに続きカロンビーチを調べてみる。

ちなみに、昨日も書きましたがトリップアドバイザーの最近人気急上昇のアジア観光地ベスト5。

「人気上昇中の観光地アジア」byトリップアドバイザー
1位.ニューデリー(インド)
2位.バンガロール(インド)
3位.カオラック(タイ)
4位.コロンボ(スリランカ)
5位.カロン(タイ)

まっすぐ伸びる白い砂浜。当時、波乗りは少し厳しそうでした。

まっすぐ伸びる白い砂浜。当時、波乗りは少し厳しそうでした。

実は、記憶を蘇らせてみるとカロンビーチは何度かバイクで通りすぎたことがありました。と言うのも、波乗りをしていた頃にはプーケットに何度か行ったことありました。その際のホテルはプーケットに一番賑やかなパトンビーチにしており、波乗りはレンタルバイクを借りてカタビーチまで行ってました。そのカタビーチへ行くのにパトンビーチから南下するのですが、その途中にカロンビーチがあります。
もう10以上前の印象ですが、真っ直ぐに伸びた白い砂浜があって、人もポツリポツリだけ。夜に飲めそうなお店はほとんどなく、昼間の様相から夜は静かだろうなと想像できる場所でした。
そして、最近のクチコミなどをみてみると。「夜はビーチでバーベキューとか屋台も出ているものだと思い込んでいて、いくと、真っ暗で何もありませんでした。」とか「人が少なく静かなビーチでした。水のキレイさは可もなく不可もなくといった感じですが、白砂は美しかったです。」とか。今でも、当時の印象と変わらないようです。

カロンビーチはカオラック同様に、静かにビーチリゾートを楽しみたい方に良いんでしょうね。いわゆる欧米人が好むビーチの過ごし方ですね。そして、一人ではなくカップルで行ったほうが良さそうな場所でもありそうです。

そして、カロンビーチのホテル価格をアゴダで調べてみると。二つ星三つ星共に700~1000バーツ位、良いホテルは3000バーツ以上ってのがありました。ただ、思ってたよりホテル相場は安いかもしれません。このような静かなビーチではホテルの充実が不可欠になると思います。そういった意味では、少しお金を出したほうが楽しめる可能性が高いかもしれません。
少し調べた中で宿泊したいなと思ったホテルがココ「バーンカロンブリリゾート」キャンペーン価格で一泊1900バーツでした(2015年12月12日調べ)

写真:アゴダ

写真:アゴダ

カロンビーチが5位かぁ。
相変わらず人気が出てるビーチは静かな場所なんだなと思いました。

個人的には静かな夜は二三日で良くて、どちらかと言うとワイワイ飲みたいと思ってしまう派です。ですので、パトンを拠点にして数泊他のビーチに宿泊するのが私には合っているかも。パタヤに慣れすぎてしまったのかな・笑

カップルだったら静かなビーチも良いんですけどね。一人旅も想定に入れると、やはり美味しいレストランやクラブなども充実しているパトンビーチの方が遊ぶ幅が広がるかと思います。もしプーケットに行くなら、カロンビーチより、小さいけど波乗りができるカタビーチの方が泊まりたいかも。

旅先だけならつけて良いかも。日焼けどめだしね。


ポチっとクリックお願いします。