何故?タイなのか

私とタイの出会い

タイフリークを書いるタイウニこと、山口雅弘です。

いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。

私が初めてタイへ行ったのは2000年3月。バンコクにBTSが開通してスグ後のことでした。

仕事もプライベートも上手くいかず、何か変化が欲しくて約1週間タイへ一人旅をしました。

それまで、海外旅行が好きで、中国、韓国、フィリピン、インドネシア、ハワイ、イタリア等に行きましたが、タイで受けた刺激は、どの国よりも凄かった。

1回の訪問でタイの魅力にどっぷりハマりました。

それがきっかけで、長期休みの度にタイへ行くようになり、タイ語を学びたくタイ語学校へも通い始めました。

きっと、自分の転機だったのでしょう。同じタイミングで、7年間共に暮らした妻とも離婚をしました。

離婚ってどうなの?って方もいると思いますが、今となれば、タイが私を救ってくれたと思ってます。

だって、タイへ行く前は、仕事でも行き詰まり、同じ家には住めど仮面夫婦生活をしてましたからね。

まさに、「ไม่เป็นไร(マイペンライ)」が私の心を開放してくれました。

「なんとなかる」「問題ない」「大丈夫」「気にしないで」等の意味で使うマイペンライ。

タイを知ってから20年以上が経ちましたが、苦しい時は「マイペンライ」で乗り切ることができました。

私を救ってくれたタイに感謝をこめて、そして、同じように苦しんでる方が楽になれうように。

そんな思いで、タイの良いところ悪いところをブログで紹介してます。

日本にはないタイの魅力を、1人でも多くの日本人伝え、日本人が日本人らしく生きるお手伝いが出来たら幸いです。

私は、タイが大好きであると同時に、日本も大好きです。

日本とタイ、日本人とタイ人が友好な関係が続けば、素晴らしい世界が広がると信じてます。

「タイに興味がある」そんな方がいたら、お気軽にご相談下さい。

お待ちしてます♪

私のタイ訪問履歴

2000年初めてバンコク・サムイ島へ。
この年以降、年3~4回のペースでタイへ訪問。
タイ語学校へ通い、タイ語勉強スタート。
2003年友人の会社建直しで、約3年間はタイ訪問を控える。
ただし、会社の社員旅行はタイ・バンコクへ。
会社建直しの為、タイ語勉強も休止。
2006年会社の借金1億を返済完了し、タイ訪問を再開。
ただし、年1~2回程度。
再び、タイ語学校へ通い始める。
2010年日本のタイ情報サイト「タイフリーク」立ち上げ。
日本のタイ関連店舗への取材を開始。
タイ語の勉強を再開。
2012年会社を退職し、タイ訪問を年3~5回ペースに。
退職後の約10ヶ月間は地方(姫路)にて営業・管理業務。
初めて、関空からタイ訪問。
東京にあるいくつかのマッサージ店コンサル業務開始。
2013年タイフリークブログ開始。
タイ語学校のコンサルティング(集客)開始。
新宿マッサージ店にてコンサル+MG兼務開始。
2014年新宿マッサージ店にて月商1400万円達成(1店舗のみ)。
店舗にてタイ古式マッサージ研修旅行を企画・実施。
店舗業務に専念する為、ブログを一時休止。
2015年店舗を退職、本格的にタイフリークブログを再開。
ワットポーにてタイ古式スクールへ通う。
社員旅行(バンコク・パタヤ)企画・帯同
初めて、名古屋からタイ訪問。
2017年横浜タイ古式マッサージ店コンサルティング開始。
社員旅行(バンコク・パタヤ)を企画・帯同
2018年タイ古式マッサージ店売上を6ヶ月で50%UP達成。
タイ古式店社員旅行にてバンコク・ホアヒン実施。
社員旅行(プーケット)を企画・帯同。
年間13回のタイ訪問。
タイ訪問だけでANAプラチナステイタス達成。
バンコク広告代理店との契約開始(記事)

※コンサル業務は抜粋して掲載。

2000年に初めてタイへ行ってから、タイ訪問70回は越えてると思います。

友人の会社を立て直しの為や、マッサージ店マネージャー業務を勉強するのに、タイ訪問を控えた時期はありましたが、我慢は2年位しかできませんでしたw

30代前半でタイの魅力に嵌り、20年以上経った今でも好きなタイ。

私が苦しい時、救ってくれたのがタイ。

もし、私と同じように苦しんでる方がいたら、「タイに行ってみない?」と声をかけてあげたい。

もし、苦しくて死にたいとか考えてる人がいたら、「タイに行ってみない?」と声をかけてあげたい。

あ、タイの自殺率って低いんですよ「タイと日本の自殺率

そこで、タイを気に入ってもらえたら、

その人もタイ国もハッピーになれるから!

1人でも多くの人が「笑顔」になれるよう、これからもタイの魅力を発信し続けていこうと思います。



私が好きな「タイ」なもの

一番好きなタイの寺院は「ワットアルン」

ワットアルン

2018年に修復されて、少し煌びやかになりましたが、三大寺院の中では落ち着いた雰囲気が気に入ってます。

夕方の時間帯が特におすすめ。夕日の中に佇むワットアルンは最高。

一番好きなタイ料理は「ガパオムー」

ガパオムー

基本、ガパオは好きだけど、鶏肉のガパオガイより豚肉のガパオムーの方が好き。

写真の挽肉とバラ肉の組み合わせが特に好き。肉好きにはたまらない一品。

一番好きなタイの街は「バンコク」

バンコク

生まれて初めて「カオス」と思った街。様々な人が入り乱れ、何でも手に入ると言われてる。

ずーっと発展し続けてるバンコクは、停滞している日本と比べるのに良いと思います。

一番好きなタイのリゾート地は「ラン島」

パタヤから船で20分ほどのラン島。日本で言えば、江ノ島のような感覚でいけるところが良い。

パタヤ近くなので、男性は特に嵌る人が多いんじゃないかな。プーケットやサムイ島に比べると、物価が安いのが良いところ。

これから

タイを好きになったきっかけの離婚から19年が過ぎ、2018年10月に入籍をしました。

カミサンは、私のタイ好きを理解してくれて、1人でタイへ行くことを止めたりしません。

だから、これからも好きなタイへは定期的に行けるし、スケジュールが合えば一緒に行こうとも考えてます。

男1人の視点、カップルの視点、女性の視点と様々な角度から、タイについてレポートしていこうかと。

また、ブログを始めてから「情報量」にこだわって書いてきましたが、今後は「質」にもこだわっていこうと思います。

このブログを読んで、

タイって面白い
タイに行ってみたい
また、タイに行きたい

そんな人が増えたら嬉しいな。

マイペンライ♪タイウニ