日本のお店で学ぶ

日本のお店で学ぶ

日高屋のバジルチキンはガパオガイとは違うのか?

熱烈中華食堂「日高屋」で見つけたバジルチキンの食レポ。日高屋にあった「バジルチキン」、これをタイ語に変換したら「ガパオガイ」になるんです。これは、チェックしなくちゃいけないかなってw
日本のお店で学ぶ

タイ人とデートをしよう!小田急で箱根or江ノ島・鎌倉へ

「タイ人とデートをする」時のおすすめのコースを紹介。 気に入ったタイ人をデートに誘いたいと思う方もいると思います。ただ、何処が良いか?言葉の壁はどうするか?と悩み方も多いのはないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが、小田急で行く江ノ島・鎌倉or箱根への日帰りデート。
日本のお店で学ぶ

モンスターマザーと店長が全てをダメにする。タイ料理店でのお話。※追記あり

本日は気に入ってたタイ料理店が、店長の対応で二度と行かないお店になってしまった話。コンセプトが良いのに、人がダメにする店舗の実例になります。仕事柄、私は接客に関しては少しうるさい方になります。ただ、お店が成長するためには必要な事だと考えます。文句ばかりのクレーマーでなく、このような対応をすべきじゃないというのも記そうかと。タイ料理店だから頑張って欲しいという願いを込めて。
日本のお店で学ぶ

ぶくろマルシェでタイ雑貨販売をして思ったこと

「ぶくろマルシェでタイ雑貨を売ってみよう!」と思ったのが去年の暮れ。その目的は二つでした。一つはタイへ行くなら何かしら商売になるものはないか?それで旅費の一部でも出たらラッキーという雑貨輸入業的なもの。もう一つは、タイらしいものが日本ではどのように見られるのかというマーケティングをしてみたいというもの。
タイのビジネス

バンコクの日本うどんチェーン店が撤退。理由を考えてみた

以前のブログ「幸楽苑がタイで失敗した理由を考えてみた。」であげた理由に一つだった店舗立地は、MBK内とクリアしているのに何故?と疑問に思い、他に理由があるんじゃないかと口コミを調べてみました。何となくですが撤退理由がわかったような気がしました。きっと、内部ではいろいろあったのでしょうが、外からみた独自見解を書きたいと思います。
日本のお店で学ぶ

タイのちょっと良い話。あっという間に、いいね!29000、シェア4000

パットさんの投稿を読んでみると、目が潤っとくるくらい感動をしました。そして、その後日本人スタッフの新聞記事を読んでみると、日本人の対応の素晴さが垣間見えました。今日は、それらの記事を紹介したいと思います。日本人の接客につても見つめ直せるきっかけになればと思います。
タイ料理

オリジンの発売終了ガパオガイがもう一度食べたい。

関東や関西に多くあるお弁当屋さん「オリジン」のガパオライスをご存知だろうか?タイ好きでないと目に留まらないかもしれませんが、先月8月、オリジン店前にポスターを貼って宣伝をしてました。 私は、初めてのタイ料理店に行ったら、必ずと言って良いほどガパオガイを食べます。ガパオ好きとしては、もちろんオリジンのガパオも食べてみました。そうしたら意外にも、私のガパオガイランキングで美味しい方にランクイン!
タイのグルメ

一風堂がタイの隣国ミャンマーへ進出!久しぶりに食べに行こうかな。

ニュースをチェックしていると「一風堂が来春ミャンマーに進出」とありました。ラーメンがめっちゃ好きというわけでもない私は、時々ですが一風堂と一蘭を混乱してしまうことがあります。もちろん、両方とも行ったことあるのですが、「話せる」又は「話せない」で区別をしています(笑)。ミャンマーに進出する一風堂は「話せる」方のラーメン店。一番最初に食べたのは、知り合いから美味しいと紹介された六本木店でした。それから、博多に行った時は大名本店にも食べに行き、本店は格別に美味しかった記憶があります。
タイ料理

池袋でタイ料理ランチinトムタイ(TOM THAI)

最近、行くようになった池袋。全く知らなかった池袋も少しずつ知るようになり、池袋の魅了にはまりそうになっています。そんな、...
日本のお店で学ぶ

タイ人に人気の多慶屋(タケヤ)から日本の販売店戦略を考えてみる

先月2016年5月においては、訪日タイ人の数が約85000人になり、東南アジアではNo.1の来日数になります。現在でも多くのタイ人が多慶屋に買い物に行っており、ここ数年は多くの百貨店やディスカウントショップが売上で苦しんでいますが、多慶屋には多くのお客様がいて外国語が飛び交っているそうです。今日は多慶屋がタイ人のマーケットを掴む為に何をしたのか?
タイトルとURLをコピーしました