一風堂がタイの隣国ミャンマーへ進出!久しぶりに食べに行こうかな。

ニュースをチェックしていると「一風堂が来春ミャンマーに進出」とありました。ラーメンがめっちゃ好きというわけでもない私は、時々ですが一風堂と一蘭を混乱してしまうことがあります。もちろん、両方とも行ったことあるのですが、「話せる」又は「話せない」で区別をしています(笑)。ミャンマーに進出する一風堂は「話せる」方のラーメン店。一番最初に食べたのは、知り合いから美味しいと紹介された六本木店でした。それから、博多に行った時は大名本店にも食べに行き、本店は格別に美味しかった記憶があります。
タイにも既に進出をしており、いち早く世界に進出している、日本のらーめん店として注目してみました。いやぁ、かなりのスピードで世界展開してました。

大好きな一風堂の赤丸 画像:tabelog.com
大好きな一風堂の赤丸 画像:tabelog.com
スポンサーリンク

タイの一風堂

一風堂マップ

一風堂さんがタイに進出したのは、約2年前の2014年8月。バンコク中心にあるセントラルエンバシー3Fにオープンしました。それから、2年経った現在ではバンコクに4店舗展開中(セントラルエンバシー、エンポリアム、セントラルピンクラオ、シーロムコンプレックス)。
バンコク一風堂マップ

バンコクにある一風堂店舗の電話番号と営業時間になります(Facebookページより)

セントラルエンバシー店02160567210:30-22:00
エンポリアム店02259872810:00-22:00
セントラルピンクラオ店02100113911:00-22:00
シーロムコンプレックス店02632003110:30-22:00

今のところタイではバンコクのみ。まだ、タイの一風堂は行ったことありませんが、次回の訪問バンコクの際にはいきたいと思います。

世界の一風堂

一風堂のタイ進出は9ヵ国目でした。思ったよりタイ進出が遅かったという感想ですね。
そして、現在世界展開している地域は以下になります。
アメリカ
シンガポール
香港
オーストラリア
台湾
中国
マレーシア
タイ
フィリピン
インドネシア
イギリス
フランス

少し前に、ニューヨークの一風堂が大人気というニュースをみました。一風堂はニューヨークに日本食ブームをもたらした先駆者と言えます。
そして、来春にはミャンマーが加わることになります。タイを中心とした東南アジア進出が良いと言っている私には、とても嬉しいニュースでした。ただ、ミャンマーの前にベトナムじゃない?と思ったりもします。また、韓国に店舗を出してないってのも面白いです。個人的にはこのまま出さなくても良いかとも思いますが。

今後の一風堂に期待するもの

タイに4店舗、来春にミャンマー進出が決定している一風堂には、今後も日本の美味しいらーめんを世界に伝えて欲しいと思います。そして、らーめんが食べたくなる気持ちを考えて、より美味しく食べれそうな地域への進出も頑張って欲しい。

タイであれば、乾季にはとても寒くなる北部地方のチェンマイ、チェンライ。ビーチで遊んで飲んで、最後の〆にらーめんって思いたくなるプーケット、パタヤ。あとは、日本人が多くいるシーラチャ。この辺りに店舗を展開して欲しいなぁと思います。

そして、世界であれば極寒の地域。ロシア、北欧、カナダなど。寒気で凍えた体を温めてくれるラーメンは最高です!スタイリッシュな展開も良いと思いますが、らーめん本来の美味しさを伝えれる場所に展開して欲しい。

らーめんを囲んで世界中で笑顔が広がる。いいな~
今後も頑張って下さい!

~thaiuniおっさんのつぶやき~
一風堂は六本木、横浜、博多で食べたことがあります。赤丸が好き。思い出したら食べたくなった。一番近いお店は茅ヶ崎店だな、ちょっと行ってみるとするか。

タイトルとURLをコピーしました