タイラーメンก๋วยเตี๋ยว(クイッティオ)。バンコクでオススメのお店

クイッティオ?クァイティオ?クウィティオ?タイ語ก๋วยเตี๋ยวを日本語で表記してみるとクァイティオの方が近いですが、私は聞き取りが苦手な方なので、今でもタイ人から聞くとクイッティオと聞こえてます。この辺りが語学の力不足を感じるところですが、私は語学でお金を稼ごうとは思っていないので、あまり気にしないことにしてます(苦笑)。
本日はクイッティオの基本的知識から、最近気に入っているバンコクのオススメクイッティオ屋台の場所をご紹介したいと思います。日本にある多くのタイ料理店では、ランチメニューで定番のクイッティオ。タイではスープや麺、具材をいろいろ違いがあり、選びながら違いを楽しんで食べることができます。クイッティオが美味しくなる基本知識を、ご紹介したいと思います。

私はコクを出すのに砂糖を入れます^^

私はコクを出すのに砂糖を入れます^^

続きを読む

2017年1月バンコクの屋台が半復活してた件

前回2016年11月の訪タイの時、バンコクの屋台が消えていました「バンコクの夜の屋台が消えてた。寂しいものだなぁ」。バンコク=雑多なイメージを持っていた私としては、雑多なイメージである屋台が消えたのは寂しいものを感じたと同時に、新しいバンコクになるのかなぁと思ったりしました。
そして、今回も2016年1月訪タイにおいて、その後の屋台はどうなってるのか?を知りたくシーロム周辺とスクンビット周辺の夜を歩いてみたところ、スクンビット周辺で屋台らしきものが復活してました。といっても半復活のような感じでしたけど。

DSCF4696
続きを読む

バンコクの夜の屋台が消えてた。寂しいものだなぁ ※追記あり

先月末のバンコク旅行でチェックしたかったのが、最近行われたバンコク屋台の撤去後がどのようになっているか?2016年10月3日期限であった、スクンビット通り、シーロム通り(夜間)、BTSサイアム駅下、ラチャダムリ通り(セントラルワールド前)、プラトゥーナム市場周辺(ラチャプラロップ通り、ペッブリー通り)のうち、シーロム通り、ラチャダムリ通り、スクンビットを見てきました。シーロムで働く友人からの事前情報では「シーロム通りの屋台がなくなって寂しいもんですよ」とは聞いていました。実際、歩いてみてどうなんだろうと思って、夕方と夜に歩いてみました。

DSCF4400

パッポン通りは普通に営業してました。

続きを読む

一風堂がタイの隣国ミャンマーへ進出!久しぶりに食べに行こうかな。

ニュースをチェックしていると「一風堂が来春ミャンマーに進出」とありました。ラーメンがめっちゃ好きというわけでもない私は、時々ですが一風堂と一蘭を混乱してしまうことがあります。もちろん、両方とも行ったことあるのですが、「話せる」又は「話せない」で区別をしています(笑)。ミャンマーに進出する一風堂は「話せる」方のラーメン店。一番最初に食べたのは、知り合いから美味しいと紹介された六本木店でした。それから、博多に行った時は大名本店にも食べに行き、本店は格別に美味しかった記憶があります。
タイにも既に進出をしており、いち早く世界に進出している、日本のらーめん店として注目してみました。いやぁ、かなりのスピードで世界展開してました。

大好きな一風堂の赤丸 画像:tabelog.com

大好きな一風堂の赤丸 画像:tabelog.com

続きを読む