タイ人ゴルファー「アリヤ・ジュタヌガーン」が凄い。藍ちゃんと比較してみた。

ども!タイウニです。

本日は、タイ人ゴルファー「アリヤ・ジュタヌガー」について。

ファンで応援してる、宮里藍ちゃんと比べてみました。

いや~アリヤジュタヌガーンは凄い!

スポンサーリンク

タイ人ゴルファー「アリヤ・ジュタヌガーン」が凄い。藍ちゃんと比較してみた。

先週日曜日(2016年5月19日~22日)にアメリカバージニア州で開催された米女子プロゴルフのキングスミル選手権にて、タイのアリヤ・ジュタヌガーンが優勝をしました。アリヤ・ジュタヌガーン選手はヨコハマタイヤLPGA(2016年5月19日~22日)の初優勝に続き2戦連続の優勝で、今回の優勝で生涯獲得賞金が117万ドルになったそうです。
彼女はヨコハマタイヤLPGAでタイ人初の米女子プロゴルフ優勝を果たし、タイ人にとってはタイガーウッズ以来の衝撃とまで言っても良いのではないでしょうか。私にとってもタイ人がスポーツで活躍するのは嬉しいことなので、彼女について調べてみました。

写真提供:Getty Images
写真提供:Getty Images

アリヤ・ジュタヌガーンのプロフィール

名前:アリヤ・ジュタヌガーン
生年月日:1995年11月23日(20歳)
身長:162.6cm
出身地:タイ・バンコク
プロデビュー:2012年

彼女のことは、ゴルフ好きなら既に知っている方が多く、2013年にタイで行われたホンダLPGAにて最終日の最終ホールで、トリプルボギーをたたいてしまい涙の2位になった選手。この時の日本人選手は、宮里美香33位、上田桃子52位、諸見里しのぶ61位、比嘉真美子70位でした。

また、アリヤさんは2007年アマチュア当時に参戦した米国女子ツアーで、当時11歳11ヶ月2日で予選通過という快挙を成し遂げてました。ちなみに、姉モリヤ・ジュタヌガーンもプロゴルファー。2012年より米国LPGAツアーに参戦しており、開幕戦のISPSハンダオーストラリア女子オープンで4位に入るなど活躍をしています。

宮里藍と比較してみた

私もタイでいくつかゴルフコースを回ったことがあり、その中でも特に印象に残ったのが宮里藍が2010年にホンダLPGAで優勝したサイアムカントリークラブ。とても整備された良いコースで、日本人優勝したというのもあって気持ちよくラウンドできました。
その藍ちゃんが優勝したコースの大会とアリヤさんが有名になったのが同じ大会。これは繋がってる!と感じたので、二人を比較してみました。(かなり無理やり)

アリヤ・ジュタヌガーン宮里藍
プロになった年齢17歳(ヨーロッパ)18歳(日本)
LPGA参加19歳20歳
LPGA初優勝大会ヨコハマタイヤLPGA(20歳)エビアンマスターズ(24歳)
星座いて座ふたご座

比べてみると、全てにおいて藍ちゃんを上回っている。やはり、アリヤさんは若い時からアメリカとタイを行き来しながらゴルフをしていたこともあり、外国で戦うことに慣れているのかもしれません。

2016年5月23日現在の海外女子賞金ランキングにおいて、アリヤさんは687820ドルの3位、藍ちゃんは184605ドルの28位となっています。タイ好きな私ですが、ゴルフでは藍ちゃんを応援したいと思ってしまう。

二人が最終日最終組で優勝争いをしているのを見てみたい。できたらメジャーで争って、ぜひとも藍ちゃんにメジャー制覇をしてほしい!ここは日本贔屓させて頂きます・笑
今後の二人の活躍が楽しみです。

これがあればスコア縮まるね!

Amazon | GARMIN(ガーミン) Approach Approach S40 GRAY 010-02140-20 | ガーミン(GARMIN) | ゴルフ用GPS・アクセサリー
GARMIN(ガーミン) Approach Approach S40 GRAY 010-02140-20がゴルフ用GPS・アクセサリーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
タイトルとURLをコピーしました