2016年2月タイ旅行はカップルがお得!記念品のプレゼントがあります♪

タイ旅行

カップル・夫婦に嬉しいタイのキャンペーン

 タイ国政府観光庁WEBページをチェックしたところ「アメージングタイランド・アメージングロマンス2016」なるものが、タイ国政府観光庁がスワンナプーム国際空港及び主入国官管理局との協力のもと、2016年2月の一ヶ月間キャンペーンをするありました。その内容はタイへカップルで旅行に来た方に入国審査にてプレミアムレーンを利用でき、記念品がプレゼントされます。さらに、抽選でタイ国内の往復航空券や宿泊パッケージ等が当たるチャンスがあるそうです。こちらの参加条件はカップルであることになります。もちろんハネムーンや夫婦でも良いとのこと。

画像提供:http://www.thailandtravel.or.jp/
画像提供:http://www.thailandtravel.or.jp/

キャンペーン参加の条件
①キャンペーン受付カウンターにて登録。
・受付の場所
ゲート(A、B、C、D)からの場合は第一入国審査場手前の動く歩道付近。
ゲート(E、F、G)からの場合は第三入国審査場手前の動く歩道付近。
②登録後は入国審査プレミアムレーン2番を利用
③受付でもらった記念品プレゼントを入国管理局職員に提示。
※記念品には数制限があるので、無くなり次第終了となるそうです。
http://www.thailandtravel.or.jp/news/detail/?no=1797

 カップルというだけで記念品のプレゼントも嬉しいですが、入国に関してプレミアムレーンが使えるのが良いかと思います。だって、タイの入国審査って時間がかかるんですよね。到着の時間帯にもよりますが、長い時は一時間位かかったこともありました。そこをプレミアムレーンだとすっーと入国審査ができるのは楽だと思います。カップル間にもイライラが生まれないと思うので、楽しいタイ旅行を楽しめると思います。ですので、2月にカップルでタイに行く方は利用して下さい。

搭乗からタイ入国までの流れ

それと、タイ入国に関してスムースに進めるのもタイを楽しむには必要なこと。入国からバタバタしたら、せっかくタイに来たのに楽しめるものも楽しめなくなっちゃう。そんな事がないように、飛行機搭乗からタイ入国に関して簡単にまとめておきます。

①飛行機内の準備
日本を離陸した後とバンコクに到着する前にCAが入国審査の紙を配ってくれます(日本の航空会社は必ず)。それをもらって下さい。機内でこちらの記入を済ませると楽になります。そこで、飛行機に乗った時にいくつか手元にあったほうが良いものがあります。座席上の荷物入れに入れてしまうと、出すのに面倒ですから。
・パスポート
・筆記用具
・旅程の紙(帰りの便名とかホテル名が分るもの)
私は何度か筆記用具を忘れてことがありましたが、CAにお願いすると貸してくれました。

②タイ出入国カード記入
記入のタイミングは人それぞれなので到着までに書けば良いと思います。ちなみに私は最初の機内食が終わったら書いてます。記入項目は以下になります。

【追記】
入国カード、出国カードは定期的に変更されてます。2019年4月現在では、記入項目も減ったので楽になりました。
スムースに入国する為には、機内で記入することをオススメしてます。その際には手元にパスポートと航空券の半券があると便利です。

画像提供:http://www.thailandtravel.or.jp/
画像提供:http://www.thailandtravel.or.jp/

観光の場合は入国カードでVISA項目の入力は必要ありません。また、職業に関しては英語表記になります。いくつか参考職業を書くと。
・会社員:OFFICE WORKER
・会社役員:EXECUTIVE OF BUSINESS FIRM
・会社社長:PRESIDENT OF BUSINESS FIRM
・個人経営者:PROPRIETOR
・地方公務員:LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL
・農業:FARMER
・漁業:FISHERMAN
・看護師:NURSE
・技師:ENGINEER
・無職:NONE

そして、同時に出国カードにも記入をします。両方記入されてないと入国できません。

【追記】
出国カードは未記入でも入国はできますが、記入しておいた方が無難です。また、これを紛失しても大丈夫でした。出国時に、同じ出国カードがあり、それに記入すれば大丈夫です。

画像提供:http://www.thailandtravel.or.jp/
画像提供:http://www.thailandtravel.or.jp/

この際に帰国便名が必要なります。

③到着後は入国審査へ
スワンナプームには動く歩道があります。こちらを利用すると割と早めに入国審査へ移動ができると思います。「Immigration」を目指して進んで下さい。万が一、入国審査が混んでいることもあるので、トイレに行っておくと良いかもしれません。

④入国審査官にパスポート提示
アメリカやその他の国と違って、私はタイの入国審査で質問されたことがありません。
CMとかで「What’s the purpose of your visit?」や「How long will you stay in this country?」なんてことは全く聞かれません。ただ、黙ってパスポートを渡してカメラを見てるだけ。時々、記入漏れやカメラを見てない時に入国審査官が手で指示をしてますが、話すことはめったにありません。ですので、出入国カードをしっかり記入さえしておけばスムースに入国はできます。

入国後は荷物を受け取って出るだけです。
ここで、ひとつ注意しておきたいのが、タイでは荷物受け取りに関して手元の半券とかの照合をすることがありません。荷物をとったらそのまま出れます。逆に考えると、誰でも他人の荷物を持っていけるってことになります。
 私はこの部分が気になって、いつも早めに入国審査を終わらせるよう急ぎます。バックがなくなったら旅行も楽しめませんよね。できるだけ早めに入国審査を済ませることをおすすめします。

2月のキャンペーンはプレミアムレーンも使えるし、記念品プレゼントもあるので、カップル・夫婦の方は利用した方が良いと思います。タイ人のホスピタリティに触れて、タイ好きになって下さい!

タイトルとURLをコピーしました