タイ料理ランチ、神楽坂でガパオガイinディップパレス

 今日は神楽坂のタイ料理ランチレポート。タイ料理をディナーで食べるのも良いですが、一番リーズナブルに食べれるのはランチです。

タイ料理の多くは屋台で食べれるものが多いので、時間のないランチとかに適していると思います。

そんなタイ料理の中で日本人に人気なのがガパオガイ(鶏肉のバジル炒め)。私も大好きなタイ料理の一つで、初めて行くタイ料理店では必ずと言って良いほどオーダーします。

スポンサーリンク

神楽坂上交差点近くディップパレスさんへ

IMG_0117
入口

と言う訳で、今日のタイ料理レポートのお店は神楽坂上交差点近くにある「ディップパレス」さんへ行きました。

こちらのお店は何度か前を遠ったことがあり、タイ料理専門店?と少し疑問に思いつつ、一度は入ってみようと思ってたお店。店内に入ってみると、タイ雑貨なども販売してますが、どうみてもインディアな雰囲気。店員さんもインド人ぽい。

もしかしたら間違えた?と思いつつも、「タイ料理食べれます?」と店員さんに聞いて、「食べれます」の返答を頂いたので、広めの席に座りました。

ちゃんとタイ語でディップパレスって書いてある。けど、やはりインド料理店の方が雰囲気が近いかも。
ちゃんとタイ語でディップパレスって書いてある。けど、やはりインド料理店の方が雰囲気が近いかも。

座ってスグにランチメニューを見せてもらうと、ありました!タイ料理。

メニュー上部にはタイ料理がずらーり。

よかったと安心して、やはり初めて来たお店でオーダーするのはガパオガイ。

ランチのガパオガイセットをお願いしました。

上部はタイ料理で下部がインド料理になってました。
上部はタイ料理で下部がインド料理になってました。

ガパオガイランチ 

IMG_0120

5.6分ほどして、セットのサラダとスープが先に出されました。

そして、1.2分ほどでガパオガイが来ました。

比較的大きめのお皿にガパオガイが多めに盛られてます。

少し粗めの鶏ひき肉なので、肉の感触があり肉好きには嬉しいかも。

量も他の店と比べると多めなので、男性は満足すると思います。

また、女性なら少し残してしまうかも。なので、お腹を空かせた状態が良いと思います。

 スープにも鶏肉が入っていましたが、比較的あっさり目な味。

個人的にはもう少し鶏だしを出すために煮込んでも良いのかと思いましたが、なにせガパオガイの量が多いので少し薄めの味付けでちょうど良いかもしれません。

サラダはもう少しボリュームあった方が嬉しいですが、ランチセットの限界かな。サラダ食べ放題のお店とかあったら嬉しいのに。

IMG_0123

そして、いつものごとく四つの調味料「クルワンプルーン」をお願いして、ナンプラーと唐辛子でオリジナル味付け。

ちなみに、四つの味付けは以下の場合に使うことが多いです。

・魚醤(ナンプラー)・・味を濃くする。
・酢(ブリックナムソム)・・酸味でさっぱりとさせる。
・砂糖・グラニュー糖(ナムターン)・・甘みでコク出させる。
・唐辛子(ブリックボン)・・辛さを増す。

ランチセットには飲み物もついており、ホットコーヒーをオーダー。

いれたてっぽい美味しいコーヒーでした。
いれたてっぽい美味しいコーヒーでした。

今回のランチセット価格は920円(税込)。他には
カオマンガイランチセット・・920円
パッタイランチセット・・920円
クイッティオランチセット・・800円
カオパットクン・・800円
などがありました。

写真了諾を得た時にお店の人に聞いたところ、こちらのお店は10年近くやっており、もともとはインド料理店でタイ料理を始めたのが、ここ4年になるそうです。

お店のパンフレットをもらったところ、飯田橋サクラテラス、四谷四丁目、亀戸、中目黒にも同じ店名「ディップパレス」があり、半蔵門にはインド料理専門店「マザーインディア」、麹町にはタイ料理専門店「サワディー」を経営しているとのこと。幅広く展開していました。

私の後に来たお客さんはインドカレーランチセットをオーダーしてたので、インドカレーも美味しいんだと思います。

今まで、インド料理店にタイ料理があるのお店は知っていましたが、正直、あまり足が向きませんでしが、今回のガパオガイを食べてとても美味しかったので、今後は敬遠せずに行こうと思います。

ご馳走さまでした!

店名:ディップパレス神楽坂店
住所:東京都新宿区岩戸町1番地M’S神楽坂1F
電話:03-3260-3290
WEB:http://www.dippalace.com/


タイトルとURLをコピーしました