バンコクの人気タイ料理店で7品を楽しむ♪

バンコク・スクンビット31「バーンイサーンムアンヨット」でタイ・イサーン料理

おは!です。青い空が広がってるので、久しぶりに海でも行こうかなと思ってるタイウニです。泳がないけどね。

さて本日は、タイ・バンコクの人気タイ料理店「バーンイサーンムアンヨット」のレポート。

マッサージ師3名と一緒に行って、合計7品のタイ料理を楽しんできました。

今回は、3名中2名が初タイということで、このお店を案内したのですが、とても好評でした。本場タイ料理を知りたい、そんな方にオススメ。

ガイヤーン

タイ・イサーン料理バーンイサーンムアンヨットの場所

BTSアソーク駅、プロムポン駅、MRTスクンビット駅からそれぞれ徒歩13分位。スクンビットソイ31を400mほど入った左側。

地図


5.6年前、タイ語学校で知り合った友人がバンコク駐在になり、その友人を訪ねた時に教えてもらったのが、バーンイサーンムアンヨット。

日本大使館関連の仕事だった友人は、日本から来て本場の味を知りたいという人には、このお店に連れて来てると言ってました。

その時に気に入ったので、私も知り合いを案内する時に良く利用してます。

私のおすすめ店舗の1つでもあります。
初めてのタイ・バンコク旅行でおすすめタイ料理店5つ

バーンイサーンムアンヨットの店内

私達4人がお店に着いたのが19時過ぎ、店内はかなり混みあってましたが、ギリギリ入口付近のテーブルに座れました。

テーブルから見た店内はこんな感じ。

店内

ボックス席もあるんだけど、ここは予約優先って言ってました。ボックス席に座りたい方は予約した方が良いかも。

ちなみに、前回はこのフロアが満席だったので、隣の店舗(同じイサーンムアンヨットだと思う)で食べました。

客層は、8割が日本人で2割がタイ人かな。ただし、日本人が多いけど、観光客というよりは駐在かタイベテラン組って感じでしたね。

余談ですが、画像中央の女性二人は綺麗なタイ人でしたw

バーンイサーンムアンヨットのタイ料理

席に座って、タイ料理を注文。4人だから、いろいろ注文できるのが嬉しい。

全部で7品食べたので、紹介します。

ヤムウンセン(春雨サラダ)

ヤムウンセン

まず、最初はサラダ系。

ただね、これがめっちゃ辛かったんだな。初タイの女性は、これでしばらくの間、舌の感覚が無くなってました^^;

コームーヤーン(豚喉肉焼き)

コームーヤーン

このお店に来たら、必ず注文する一品。

相変わらずの美味しさ、みんなパクパク食べて、あっという間になくなりました。

ガイヤーン(焼き鶏)

ガイヤーン

イサーン料理の定番。

4人だったけど3切れだったので、私は食べずに友人達へ。ジューシーで美味しいって言ってました。

パックブンファイデーン(空芯菜炒め)

パックブーンファイデーン

タイ初心者に安心の一品。

ちょっとだけ辛いけど、辛いのが苦手な方でも安心して食べれます。ヤムウンセンで舌をやられちゃった彼女は、この辺りで復活w

レバー揚げ(※料理名分からず)

レバー揚げ

友人が頼んだ一品。

料理名をチェックしませんでした。友人は美味しいと食べてましたが、さほどレバーが好きでない私の感想は普通。

ゲーンキャオワーン(グリーンカレー)

ゲーンキャオワーン

みんな大好きな一品。

いろいろグリーンカレーを食べてきましたが、ここのは甘い方だと思う。ただ、豆(ひよこ豆?)が苦かった。

ソムタム(パパイヤサラダ)

ソムタム

私の大好きな一品。

食事後半になって、タイ経験者の友人が食べたいといって注文。ビールを追加注文したくなってしまいました。

もちろん、ご飯も食べたいってことで、途中で白米を注文しました。

ちなみに、料金は1人200バーツ(約672円)くらいでした。

安くて美味しいタイ料理ディナーでした。

こんな人におすすめ

せっかくタイ・バンコクに来たのだから、本場のタイ料理が食べたい!って方におすすめ。

料理によっては、めっちゃ辛いので注意が必要。

でもね、せっかくタイに来たのだから、「辛くしないで」と言わずに本場の辛さを体感してみるのをおすすめしたい。

日本のタイ料理が、いかに辛くないお店が多いかって分かると思います。

本場のタイ料理を楽しみたいけど、屋台だと少し不安、、そんな方にもおすすめです。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
お店に入った時は、ゴルフ打ち上げ組っぽいグループが、楽しそうにビールを飲んでました。楽しそうな人たちを見てたら、ゴルフを復活させようかなっと思った。

タイ&マッサージの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7