スクートの機内食を食べてみた

スクート三回目で初挑戦、機内食と預け荷物なし

おは!です。セラピスト3名とのバンコク旅行から帰ってきて、あらためてタイの良さを実感したタイウニです。

さて本日は、バンコク往復の搭乗3回目となるスクートについて。

過去2回、私の評価は悪かったスクート「スクート航空を利用してみた。バンコクドンムアン空港-成田空港」「スクートについて。二度目なので厳しくチェックしてみます!」。

本音をいうと、選びたくなかった航空会社だったんだけど、予算的都合もあり、直行便であって一番安かったので仕方なく。

そこで、過去2回と同じように搭乗しても面白くないので、「機内持込荷物だけ」と「機内食」を試してみました。

3回目の搭乗にして、少し評価が上がったレポートをどうぞ。

黄色が目立つスクート

スクートの機内持ち込み荷物10キロ制限

今回の試みの一つ目、「預け荷物なし、機内持込荷物だけ」で搭乗してみること。

過去の訪タイでは、ほとんどスーツケースを持って行きました。

LCCが無かった頃は、普通に預け荷物でしたし、お土産とかを買うと、機内持ち込み用バックだと入りきらないことが多いのでね。

今回の私を含め4名は、私だけ預け荷物なしで、私以外の3名は預け荷物20キロにしました。

機内預け荷物

それを、旅行代理店にお願いした場合の料金はといういと。

片道7000円(預け荷物20キロまで+機内持込7キロまで)

私の預け荷物無しの場合は、

0円(機内持込10キロまで)

それぞれの個数は、機内持込は2個まで、預け荷物20キロに関しては個数制限は無しでした。(スクートに確認済)

スクート手荷物

とういうことで、私の機内持込荷物は10キロ2個まで、帰りに荷物が増える想定でバック1つで行くことにしました。

リュック

ちなみに、機内持込手荷物のサイズ制限もあり、最大サイズは54cm×38cm×23cmとなり、3辺の合計が115cmまで。

このバックは3辺合計が108cmだったのでクリアしました。

このバックに入れてたものは、

・着替え3日分(下着、靴下、Tシャツ、パンツ等)
・タブレット、スマホ2個
・充電器、電源アダプター、ヘッドフォン、レコーダー等
・日焼け止め、8×4、化粧水等
・小物(鍵、イヤフォン、バーツ小銭)

これら行きの荷物は、合計6.4キロでした。

そして、いざ荷物チェックって時の重量チェックですが、機内預け荷物だけ重量をチェックのみで、私の荷物は重量確認をせずに搭乗できました。

バック1つだったから?とは思いましたが、事前に重さを量ってたのが無意味に感じた瞬間でもありましたww

とは言いつつ、重量オーバーしたら、かなりの追加料金があるので、あくまでも10キロ以内に収めるべきだと思います。

不意打ちの重量チェックされたら怖いのでね。

超節約で水道水を持込む

スクート搭乗に関して、もう1つトライしたのが、超節約で水道水を持込むこと。

WEBで検索してたら、「空のペットボトルを持込んで水道水を入れて節約」ってのがあったので、試しにやってみました。

空のペットボトル

水の入っているペットボトルは、手荷物検査で没収されてしまいますが、中身が空だと、そのままスルーで持込めます。

これに、空港内にある飲み水を入れて機内に持込む。

トイレ前にある飲料水

インフォメーションで飲料水道水のあるところを聞いたら、トイレ前に設置しているとのこと。

ここで、空のペットボトルに水を入れることができます。

成田空港の飲料水

これを機内に持込めば、ただでお水が飲めるって寸法。私以外にも何人か水筒やらペットボトルに入れてました。

で・す・が、これが不味かった。

普段、私は水道水を飲まないのでね。カルキで良いのかな?あの水道水独特の臭いが気になっちゃう。

これを考えると、海外旅行するのに100円ちょっとを節約するのは、、とも思ったり。

これは、今回限りにしようかと思います。

ちなみに、スクートは機内持込した飲食類を食すのは禁止です。

機内食食べない奴は6時間30分は呑まず食わずで居ろ!って航空会社ですw(多くのLCCはこれだけどね)

個人的には、必ず水は至急して、その分の料金は全員から取ればよいのにと思ったりするのだが。

スクートの機内食

水道水をペットボトルに入れて、スクートに無事搭乗し、出発時間通りにバンコクへ出発。

座席について、事前にタブレットにダウンロードをしてた映画を観ながら、機内食をチェック。

スクート機内食メニュー

中を開いてみたところ。

メニュー

以前にチェックしたメニューとあまり変わらない印象。

値段表記はシンガポールドル、2019年4月25日現在のレートは1シンガポールドル=82.3円。

このページのメニューは12シンガポールドルだから、約987.6円ってことになります。

やっぱ、高けぇ~

ちなみに、セットメニューもあり、

機内食のドリンクセット

コーラか水が付くと15シンガポールドル(約1235円)、ワインが付くと19シンガポールドル(約1564円)。。高い。

食事とセットの水が3シンガポール(約247円)。。うーん。

ということで、水道水を持っている私はww、単品で頼む事にしました。

ラザニア

選んだのは、外れがなさそうなラザニア。

支払いは、シンガポールドルを持ってなかったのでカードで。

カード決済の控え

支払いが終わって7.8分待って運ばれてきたのが、これ。

ラザニア

フォークで上のパッケージを開けると、美味しそうなミートソースの香りが漂う。

アツアツのラザニア

一口食べてみたところ。

ミートソースがたっぷり

おお!意外と美味い!

濃い味のミートソースとパスタ部分のバランスが良くて、思わず「ビール!」って言いたくなりました。

ちなみに、ビール・アサヒスーパードライ350mlが8シンガポールドル(約658円)だから、ちょっと我慢。

ラザニアが1000円って思ったら、ちょっと高いなあと感じるけど、機内食レベルでは高い方だと感じましたね。

マッシュルーム

マッシュルームもたっぷり入っているし。

ボリュームもあったので、その日の夕方まで腹持ちしました。

正直な感想としては、これがエアアジアを同じ位の700円位だと嬉しいかなってところ。

それでも、少し気になる方は食べてみて損はないと思います。

スクートが良くなったと思ったところ

スクートも3回目にして分かるものがあるもので、いくつか改善されてるところがありました。

座席のボタン

間違って押さないように、座席のボタンにカバーが付いてた。

スクートの座席は、肘掛のところにライトやCAを呼ぶボタンが付いてて、肘をかけたら押してしまうってことがありました。

これが改善されて、肘を置いても押さないようになってました。当然ちゃ当然の改善ですけどね。

それと、CAの対応が優しくなったかな。

過去2回は、高圧的な対応に感じられたCAの対応が、少しまろやかになったというか、普通の対応になった気がしました。

この部分も、いろいろ文句が出たんじゃないかなって思うんですよね。普通の対応をしてくれるようになったと感じました。

スクートに改善を求めるところ

あくまでも、同じLCCであるエアアジアと比べてになりますが、改善して欲しいポイントをあげると。

CAの対応を早くして欲しい。

CAを呼ぶサイン

私が食事をしたいとCAを呼ぶと、上のライトが点灯します。これは、普通の航空会社も同じ。

ただね、これを点灯してもCAがなかなか来なかった。

機内食を頼む時とイミグレカードをもらう時の2回呼んだのですが、5分くらいは来なかった。

途中、反対側の通路で気づいたCAがいたけど、他の業務に追われてて通りすぎてしまいました。

丁度、CAさんが忙しいタイミングで呼んでしまったのかもしれませんが、かなり遅いのが気になったところでした。

これも、LCCだから仕方ないとは思いますが、呼ぶ=注文する可能性があると考えると、もう少し早めの対応でも良いかと思いますね。

最後に

3回目の搭乗で、私のスクートの評価は上がりました。

2回目までは、10段階評価であれば3点くらいでしたが、今回で5点くらいにあがりました。

ただ、同じLCCでもエアアジアだと6点評価なので、もう少し頑張って欲しいかなと思います。

とは言いつつ、私は日本の航空会社であるANAを優先的に利用しますけどね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
快適にフライトをするのは旅の楽しみの一つ。これを簡略して予算を抑えるってのもアリだとは思うが、やっぱり寛いでフライトしたいってのが私の希望。その分稼ぎたいと思いましたね。

タイ&マッサージの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7