プーケット・パトンビーチ1日観光※後編

タイのリゾート
スポンサーリンク

タイ料理ランチ~バンジージャンプ~クロコダイルファーム

おは!です。動画編集を早くするコツを習得したいと思ってるタイウニです。昨日は10分動画の編集で4時間かかっちゃった。涙

さて本日は、昨日の続き、ホテル前で客引きをしてたおじさんに連れてかれたプーケット1日観光の後編。

前編では、「象乗り」~「シューティング」~「タイガーキングダム」を紹介しました。「プーケット・パトンビーチ1日観光※前編

そして、後編では、「おじさんおすすめのタイ料理ランチ」~「50mバンジージャンプ」~「何とも微妙なクロコダイルファーム」を紹介します。

もう一回で充分って所もあったけど、8名で1日500バーツ(約1680円)の移動費と考えれば、コスパは良かったんじゃないかな。

クロコダイルファーム

おじさんおすすめのタイ料理店でランチ

午前中に3ヶ所の観光スポットを周り、少々お腹が減ったので、おじさんにご飯を食べたいと相談。

そうしたら、美味しいところがあるから連れてってあげると着いたのが、こちらのお店。

看板とかないタイ料理店

お昼時というのもあり、店内は満席状態でしたが、スグに入れ替わりで入ることができました。

「満席だから人気」と思うかもしれませんが、ほとんどが中国人らしき東アジア系の観光客ばかり。

きっと、おじさんと契約をしてるお店で、私たちが利用しているようなツアー客が食事を取るところなんでしょうね。

おじさんに懐にお金が入るにせよ、行くところもないので、このお店で食事をすることに。

まずは、座ってビールを注文。

凍ってるシンハービール

キンキンに冷えたシンハービール♪暑い日には最高の一杯!

ビールで喉を潤した後、8名分を適当に注文。

店員おすすめのトムヤムクン

トムヤムクン

コクのあるタイプのトムヤムクン。辛さの中に甘味があり、これは美味しいかったです。

鶏肉の黒胡椒焼き。

鶏肉の黒胡椒焼き

これは普通。タイ料理苦手な方には良かったんじゃないかな。

ムートート(豚肉揚げ)。

豚肉揚げ

これも普通に食べれました。ビールのつまみにはピッタリでしたね。

ガパオガイ(鶏肉のバジル炒め)。

ガパオガイ

定番の一品。安定した美味しさでしたが、量が少なかった。

鶏肉のマッサマンカレー。

マッサマンカレー

世界一美味しいと言われたカレー。ここのは微妙、もうちょっと美味しいのがあると思う。

パックブーンファイデーン(空芯菜炒め)。

パックブーンファイデーン

安定の一品。タイ料理に飽きた社長が注文しましたw

これに、白飯とチャーハンを頼みました。

正直な感想としては、

「不味くはないけど、際立って美味しいとも言えない。全体的に量が少ないかな」かな。

金額は社長持ちだったので忘れましたが、街中の1.2~1.5倍くらいの価格だったと思います。

スポンサーリンク

意外と本格的なバンジージャンプ

食事をして、喫煙者が外でたばこを吸ってから、何故か?バンジージャンプに向かいました。

バンジージャンプの看板

普通だったら、食後には行かないような気がするんだけど、何人かがやる気満々だったのでww

ここでは4名が挑戦をして、3名がバンジージャンプ、1名がリタイヤという結果でした。詳しくは「プーケットでバンジージャンプ」。

50m上空から飛び降りた瞬間

ここのバンジーは50mの高さがある本格的なもので、下が池なので比較的安全だと思います。

「バンジーを挑戦したい」と思っている方には、おすすめですね。

何とも微妙なクロコダイルファーム

ここまでに4ヶ所の観光地を回った私達一行は、少々疲れが出始めてました。

この地点で、プーケット水族館へ行くのは止めてたので、もう一ヶ所くらいみたいなということでクロコダイルファームへ。

一応、最初はプーケット水族館へ行く予定だったんですよw「 プーケット・パトンビーチ1日観光※前編

クロコダイルファームのモニュメント

バンジージャンプから車に乗って5分ほどで着いたのは、広大な駐車場に半分壊れてるワニのモニュメントがあるクロコダイルファーム。

ワニの下の文字も消えかかってる。

広大な駐車場には車がほとんどなく、何とも「寂れた感」満載のところでしたw

車から降りてチケットを購入。

チケット売り場

ショーの時間しか書いてなくて、値段とか分からないチケット売り場。

入場料忘れました。。というか先に結論から言うと、行かない方が良いですww

チケット売り場の反対側にはワニ肉が食べれるフードコーナー。

フードコーナー

食後だったので、何も食べませんでした。ここでワニ肉食べなくても良いしね。

中へ入る前に、館内図をチェック。

クロコダイルファームのマップ

博物館、ワニ園、ワニのショー、お土産屋と4つのブロックだと分かりました。

とにかく、中へ入ってみることに。

まずは、博物館?から。

何故か?ミイラ

タイなのにエジプト博物館?みたいな。作り物感満載でした。

続いて、ワニ園へ。

ワニを鑑賞するロシア系

先にロシア系の人たちがワニを鑑賞してました。

そして、私も下を覗いたところ。

ワニ園のワニ

日向ぼっこをして、ほぼ全く動かないワニが十数頭。

リアクションが欲しかったので、何か餌でもやりたいなと思ったけど。

餌や物を投げるの禁止の看板

ロシア語、英語、韓国語、中国語、タイ語の順で書いてある、餌や物を投げるの禁止看板がある。

日本語が無いのが寂しい。。というか、ここに日本人は来ないんだろうなと。

罰金は300USドルってありました。高け~

何も動かないワニを横目で見つつ、ショータイムの時間になったので、ショー会場へ。

クロコダイルショー

ロシア語とタイ語でショーの説明がスタート。

で、、ショーがショボい。。

1年前にシーラチャのタイガーズーで、観客が失神してしまったクロコダイルショーを見てるので、ちゃっちく見えてしまった。
タイ・シーラチャータイガーズーが面白かった件。※写真多め

うーーん。って感じ。

その後、最後のお土産コーナーはスルーしたのは言うまでもないこと。

クロコダイルファームを出たあとに、おっさん達は疲れがどーっと出てしまい、ツアーを終了することにしました。

ホテルまで送ってもらい、おっさんに500バーツ(約1680円)を渡して、さようなら。

おじさんツアーのおすすめターゲット

プーケット初めての方におすすめ。

アタリもあればハズレもあるツアーなので、行くところは厳選した方が良いかも。

私達と同じ条件であれば、できるだけ回ったみるというのもアリだと思う。

ただし、タイガーキングダムへは写真を撮る目的ならOK、それとクロコダイルファームはやめた方が良いと思います。

最初に値段も確認しておいて下さい。私たちは8名だったのでね。

とにかくあると便利な翻訳機

Amazon.co.jp: 【公式】Easytalk(イージートーク) 世界164ヶ国対応 最速0.5秒 瞬間双方向 翻訳機 Wi-Fi対応 テザリング対応 2.4インチ タッチパネル式ディスプレイ 双方のトークを瞬間に音声翻訳: 文房具・オフィス用品
Amazon.co.jp: 【公式】Easytalk(イージートーク) 世界164ヶ国対応 最速0.5秒 瞬間双方向 翻訳機 Wi-Fi対応 テザリング対応 2.4インチ タッチパネル式ディスプレイ 双方のトークを瞬間に音声翻訳: 文房具・オフィス用品

プーケットの前編はこちら
プーケット・パトンビーチ1日観光※前編

~thaiuniおっさんのつぶやき~
普段、このようなおじさんの勧誘には耳も貸さないので、行ってみたら楽しかったのも事実。いろいろ体験してみるもの良いもんです。

タイトルとURLをコピーしました