バンコクからプーケットは日帰り可能か?日帰りプランを考えてみた♪

ども!タイウニです。

本日は、バンコクからプーケットは日帰りができるか?について。

バンコク旅行するけどプーケットも行ってみたい!バンコクからプーケットは日帰り可能なの?という人へ。

結論から先に言うと、バンコクからプーケットの日帰りは可能です。ただし、おすすめはしない。

日本で例えるなら、東京から沖縄を日帰りするようなもの。

それでもプーケットに行きたい!という方のために、日帰りプランを作りました。

スポンサーリンク

バンコクからプーケットは日帰り可能か?日帰りプランを考えてみた♪

プーケット

一昨年、十数年ぶりに3回目のプーケットへ行きました。

プーケット空港は新しくなり、昔好きだったイタリアンのお店は移転をして大きくなってたりと、いろいろ変わってました。

ちょっと物価は高いけど、やはり良いところだなと再認識できたプーケット。

そのプーケットに関して、初めてのタイ旅行をする人からの質問で「バンコクからプーケットは日帰りできる?」というが時々あります。

いつもは、「ちょっと無理だと思うよ」の返答で終わらせてました。

ふと、もしかしたら少し無理くらいなら行きたい人もいるかも。と思い、バンコクからプーケットの日帰りプランを考えてみることに。

フライトスケジュールなどをチェックしたら、意外と可能だというのが分かりました。

ただし、一度プーケットへ行ったことある人なら、この日帰りプランは利用しないと思うww

でも、可能でした。

バンコクからプーケットまでの距離

プーケット

まずは、バンコクからプーケットってどのくらい離れているのか?

距離によって、移動手段は変わりますからね。

バンコクからプーケットは直線で約700キロ、陸路でいくと約840キロ離れています。

東京から直線で700キロというと、広島までの距離。

なら日帰りできるかも、と思う人もいるかもですが、タイは日本のような新幹線がない。

つまり、日帰りで行くなら飛行機を使うことになります。

バンコクからプーケットまでの移動時間

バンコクからプーケットまでのフライト時間は、約1時間30分。

それに、ホテルからバンコク空港までの移動1時間、プーケット空港からビーチまでの移動1時間も考えなくてはならない。

つまり、移動だけで7時間(往復合計)が必要。

これに、空港でのチェックイン、チケット購入、タクシー交渉などが加わります。

すべて少なく見積もっても10時間は必要になりそう。

ここまでで無理だ!と思った方も多いと思う。

だって、私は無理だと思って、バンコクプーケット日帰りなんて考えたことなかったから。

でもね、可能なんだなw

実際にプランを作ってみました。

バンコク発プーケット日帰りプラン

プーケット

とにかく、プーケットに行きビーチを楽しむというプランで考えました。

行きはプーケットのビーチに10時着、帰りはディナーを楽しんだ後のプーケット21時発でスケジュール。

バンコクには空港が二つあるので、それぞれの空港からでる便で探しました。

バンコクスワンナプーム空港発プーケット日帰りプラン

まずは、バンコク・スワンナプーム空港発プランから。

06:45バンコクスワンナプーム空港発
08:15プーケット空港着
プーケット空港からパトンビーチ移動(タクシー)
10:00プーケットパトンビーチ着
フリー※ビーチを楽しむ♪
17:20パトンビーチから空港へ出発
19:50プーケット空港発
21:20バンコクスワンナプーム空港着

利用飛行機:行き(バンコクエアウェイズPG270便)、帰り(バンコクエアウェイズPG278便)

【注意点】

・行きはエアポートリンクが動いていないので、タクシーにてスワンナプーム空港まで移動する。

・飛行機の搭乗時間の2時間前に空港にいることが理想だけど、帰りは1時間半前に設定、できたらもう少し早い方が良い。

・プーケット空港からビーチまでの移動はタクシー利用※乗合だと時間が読めないことがあるので。

・ビーチからプーケット空港までの移動手段は早めの確保をしないと、飛行機に乗り遅れる可能性がある。

・ビーチ滞在はビーチチェアをレンタルして使用するが、貴重品管理は自らでする。

バンコクドンムアン空港発プーケット日帰りプラン

次に、LCCが多く発着するドンムアン空港からのプラン。

LCC航空券の方が安いので、安く日帰りしたい人はドンムアン空港発が良いと思う。

07:50バンコクドンムアン空港発
09:15プーケット空港着
プーケット空港からパトンビーチ移動(タクシー)
11:00プーケットパトンビーチ着
フリー※ビーチを楽しむ♪
17:20パトンビーチから空港へ出発
19:55プーケット空港発
21:10バンコクドンムアン空港着

利用飛行機:行き(タイエアアジアFD3037便)、帰り(タイエアアジアFD3031便)

【注意点】

注意点はスワンナプーム空港とほぼ同じ。

違う点は、空港までの移動手段がタクシーかバスになること。

また、国際線と国内線のターミナルが違うので、場所を間違えないようにすること。

バンコクからプーケット日帰りのメリットデメリット

スケジュールだけみると、プーケットの日帰りはできそうじゃんと思う人もいると思う。

私も、スケジューリングしてみて、行けそうな気持ちになりました。

ただ、ここは少し冷静にデメリットメリットを整理してみようかと。

【バンコクからプーケット日帰りメリット】

  • バンコクから綺麗な海が楽しめる
  • 6時間以上のビーチ滞在ができる

【バンコクからプーケット日帰りデメリット】

  • 移動時間だけで約7時間、さらに移動費もかさむ
  • ビーチにたどり着くまでに3種類の移動手段を利用する(往復6種類)
  • 貴重品・荷物などを預けるところがない

やはり、現地旅行代理店がバンコクからプーケットの日帰りプランを出していないのがわかる。

日本で言えば、ちょっと飛行時間の短い、沖縄日帰りのようなものですからね。

確か、ヒカキンが沖縄日帰りってやってたから、タイのYouTuberがプーケット日帰りをやったら面白いかも。

私はちょっと遠慮したいなw

まとめ:バンコクからプーケット日帰り

プーケット

フライトスケジュールをみると、バンコクからプーケットの日帰りは可能だと分かりました。

ただし、移動7時間でビーチが楽しめるのか?というのも考えなければならない。

その日は頑張れたとしても、次の日のことを考えたら。。

私は、今後もおすすめしないようにします(当然かw)。

やはり、バンコクからビーチを楽しみたいって人は、ラン島が良いと思う。

バンコク旅行でビーチリゾートを楽しみたい!おすすめのビーチはココ

プーケットに負けないくらい綺麗な海なので、十分に楽しめると思いますよ。

ラン島日帰りツアーはベルトラで申し込めます♪

バンコクのオプショナルツアー「ベルトラ」

〜thaiuniおっさんのつぶやき〜
自分がYouTuberをやってたら、一度は計画したいプーケット日帰りツアー。かなり面白そうだよね♪

タイトルとURLをコピーしました