プーケット・ラチャヤイ島1日ツアーでのんびり

ラチャヤイ島1日ツアー(食事付)の詳細※写真多め

おは!です。結局、三連休はブログと動画作成に明け暮れたタイウニです。でも、今晩は新宿でタイ料理飲みでーす。

さて本日は、昨日のコーラル島に引き続き、プーケットの離島・ラチャヤイ島1日ツアーの体験レポート。

コーラル島ツアーに参加してから約2ヶ月後に、ラチャヤイ島ツアーに参加しました。コーラル島はこちら「プーケット・コーラル島1日ツアーで綺麗な海を楽しむ」。

プーケットの離島で、同じような位置にあるのに、いろいろな違いがあって面白かったです。

個人的にはラチャヤイ島の方が好きかな。もう少し、波が静かだったら最高だったんだけどね。

ラチャヤイ島ツアーの申込

2019年1月末のプーケット旅行は、往復の航空券だけ決めて、後はオールフリーにしてました。

ただし、滞在中にはラチャヤイ島には行こうと思ってたので、プーケットに着いてから状況によって決めようかと。

初日、二日目とパトンビーチを楽しんだので、三日目にラチャヤイ島1日ツアーに参加することにしました。

ですので、申込んだのは二日目の昼、WEBにてアユタヤツアーでもお世話になったベルトラさんで予約しました。

上がコーラル島で下がラチャヤイ島

ツアー内容は、のんびり過ごしたかったので、ラチャヤイ島だけのシンプルなものに。

料金は、ホテルから送迎、ランチビュッフェ、シュノーケリングが付いて1人1540バーツ(約5174円)。

ホテルからラチャヤイ島へ

朝8時にホテルでピックアップしてもらい、途中に何組かを拾ってからシャロン港に向かいました。

着いたのはこちら。

PHUKET MARINE TOUR

前回のコーラル島ツアーとは、申し込みをした会社が違うので、受付も違うのねと思ってたところ。

見たことある人を発見。

ピンクの服がガイドさん

前回のコーラル島でお世話になったガイドさん。

あら?同じツアー会社なんだと分かったら、手続きも簡単、前回と同じ流れでした。

バウチャーを見せた後に、ライフジャケットとゴムバンドを付けて、声が掛かるまで待つよう指示されます。

待合には飲み物や酔い止めもありました。

意外と気付かないドリンクコーナー

前回と違ってたのは、中国人の数が増えたことかな。そこらじゅうで中国語が飛び交ってましたw

中国人が椅子を持ち寄り雑談

しばらくして、ガイドさんから声が掛かり、英語で注意事項の説明。

そして、私たちの後に中国人だけ集めて中国語で説明してました。タイでのガイドさんって中国語が必須なのかもしれませんね。

ガイドさんに付いて行き、スピードボート乗り場まで歩いて行くことに。

ここの中国人だらけ

コーラル島の時は、砂浜から乗り込んだけど、今回は桟橋をずーっと歩いてきました。

きっと、海が荒れてたからじゃないかな。

桟橋から見た海

前回とは違い、砂が混じって茶色の海。

ラチャヤイ島は大丈夫?と不安に思いつつ、スピードボートに乗り込みラチャヤイ島へ向けて出発。

ここからのスピートボートが凄かった!

波が高くて、上や下やとバシン!バシン!波に当たる約40分間。

後ろの方に乗ってた韓国の女性2人は、キャーキャーと悲鳴を上げながら波でびちょ濡れになってました。

そんな状況だったので、写真など撮れる訳もなく、ラチャヤイ島に到着。ある意味、ディズニーシーのタワーオブテラーより怖かったかもw

ラチャヤイ島に到着

恐怖の40分間が終わり、無事にラチャヤイ島に到着。

ガイドさんに、シュノーケリングと帰りの待ち合わせの時間の説明を受け、その後は自由にビーチを楽しむことに。

真っ白な砂浜なんだけど・・

ガイドさんに「どうぞ自由に!」と言われた後に気付いたこと、ビーチチェアとか無い。。

そう、子供の頃に海に行った時のように、砂浜に座るか寝転がるだけ。。

つまり、日陰がない!!

日焼けはしたくなかったけど、その時点で諦めました。次の日に、私と彼女は、酷いことになったことは言うまでもありません。

それはさておき、ビーチは綺麗でした。。が、人と船が多かった。

中国人がいるから仕方ないんだけどね、、それでも、リゾートっぽい写真は撮れましたw

黄色、ピンク、緑の水着が映えてましたね

インスタバ映えしそうな、北欧系の美女3名。

ただし、後ろでライフジャケット着ながら泳いでいるのは、中国人家族ww

この絵が、面白かった。

シュノーケリングを楽しむ

せっかく来たのだからと少し泳いでから、シュノーケリングをすることに。

再び船に乗り込んで、ゆっくりと5分ほど沖へ行った浅瀬にてシュノーケリング。

左奥に見えるのが、さっきまでいたビーチ

この日は、波が高かったので、いつもとは違うポイントになったとガイドさんが言ってました。

それで、泳いでみたけど、、普通に綺麗な感じ。

WEBページにある写真のような綺麗さはなかったな。まぁ、ポイントが違うのでね。

でも、何十年ぶりかに泳ぐ彼女は喜んでました。ライフジャケット着て、楽しそうに魚を追いかけてました。

コーラル島も同じだったけど、本格的にシュノーケリングを楽しみたい方は持参した方が良いと思う。

ちょっと変わったランチ

シュノーケリングが終わり、再びビーチに戻ってランチタイム。

ガイドに付いて行き、坂を登ったところで待ってたのは。

クボタのトラクターが眩しいw

まさか!?とは思いましたが、予想通り。

これに乗ってランチ会場へww

ランチ会場は、島の真ん中辺りですかね。5.6件のお店がありました。

島の真ん中辺りなので、海は全く見えません。

ランチ会場に着いたと同時に、そんなにお腹が空いてたの?と質問したくなるほど、みんながビュッフェに群がりました。

凄い勢いで取ってましたw

ある程度、みんなが取り終わって、少し落ち着いてから写真をパシャリ。

なんか見覚えのあるメニュー

パスタ、タイ料理数品、カオパット、スープ、唐揚げ、、そう、コーラル島で食べたビュッフェと同じメニュー。

これらを取ってくると。

どこかで見たことあるような。。

必然と、コーラル島で食べたのと同じような盛りつけになるのでしたww

そして、ビーチはビールでしょって飲みたいと思ったところ、このお店では置いてないとのこと。

飲むなら隣で買ってと言われたので、買って持ってきました。

シンハーの大と小で乾杯

隣のお店で買ったものを持ってきて飲めるってのが、タイっぽくて素敵なところ。

ちなみに、私達以外は誰も飲んでませんでした。普通の人って、昼からは飲まないのねと思った次第でありますw

一番のおすすめは反対側のビーチ

ランチも終わり、せっかく島の真ん中まで来たのだから散歩しても良いか?とガイドさんに聞いたところ。

「少し歩けば違うビーチがある」と教えてくれたので、行ってみることに。

来た方向とは反対方向に歩いてみる。

蛇でも出るんじゃないかと、ちょっと心配だった。

途中、宿泊できそうなところを通り過ぎて、10分ほど歩いたら。

誰もいないビーチ

ありました!誰もいないビーチ。

ただし、こちら側は波が高かったので、沖に出るのは厳しかったですね。

私達の後に、アメリカ系カップルとロシア系カップルが来ましたが、このビーチで泳いだのは、私達を含め3カップルのみ。

これがしたかったんだよ!と時間ぎりぎりまで、日陰の砂浜でのんびりしてました。

ちなみに、砂はサンゴや貝が大きくて歩きづらかったですね。砂浜は、最初に降りたビーチが白くて綺麗でした。

ラチャヤイ島からホテルへ

時間ギリギリまで反対側のビーチにいて、歩いて最初に居たビーチに戻りました。

最初のビーチで、少しだけ海に入ったら集合時間になり、再びスピートボードへ。

残念なことに、帰りも波は高くて、スリリングなアトラクションボートでした。。

ちなみに、行きにひどい目にあった韓国の女性二人は、行きの反省をして前の方に座ってましたw

そして、プーケット島の船着場に着いて、ライフジャケットとゴムバンドを返して、送迎の車へ。

ライフジャケットを返した時に、帰りは33番の車に乗ってくれと指示。前回のコーラル島の時は、行きと帰りは同じ運転手だったけど、今回は行きと帰りは違う車でしたね。

車に乗り込み、ホテルまで送ってもらい、ツアー終了。

波が高くない時に、もう一度行ってみても良いかなってツアーでした。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
うーん、やはりプーケットは中国人が多い。今のところ、ビーチに行くならラン島のサメービーチが好きかな。私が行った限りでは、人が少ないのでね。そして、ビーチチェア、ビーチパラソル、そしてスグにビール飲めるしねw

タイ&マッサージの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7