プーケット・コーラル島1日ツアーで綺麗な海を楽しむ

プーケット・コーラル島ツアー(食事付)の詳細※写真多め

おは!です。また一段と寒くなった湘南地方、室内に閉じこもってばかりのタイウニです。タイに行きたいなぁ。

さて本日は、プーケットの離島・コーラル島の1日ツアーの体験レポート。

友人から、「社員旅行では、どこかの島に行きたい」とのリクエストがあったので、コーラル島の1日ツアーを申込みました。

ピピ島も考えたんだけど、環境保護で湾内への船を付けることが禁止され、また中国人がわんさかいるとの情報があったのでやめました。

そこで、ピピの代わりにしたのがコーラル島。まぁ、費用にしては良かったんじゃないかな。綺麗な海を楽しめました。

コーラル島ツアーの申し込み

プーケットへの出発前に、ツアーはWEBで申込みました。

申込んだのは、プーケットのゴルフ場と送迎をお願いした「プーケットゴルフコース.jp」さん。こちらのサイト内に離島ツアーのリンクがあります。

ちなみに、ツアー代金は11月初旬に申込んで、昼食&ホテル送迎付き1名950バーツ(約3192円)でした。

以前、アユタヤツアーで利用したベルトラで、同じようなツアーを調べたら1人1300バーツだったから、安い方なんじゃないかな。

旅行会社と時期によってツアー料金が違うので、その都度確認してみて下さい。

ホテルからコーラル島へ

朝8時にホテルからピックアップしてもらい、コーラル島への船乗り場に向かい、着いたところがツアー受付デスク。

ここで、バウチャー(利用証明書)を見せるのですが、私達には何かの手違いで送られてませんでした。

が、日本が通じる旅行会社だったので、電話で事情を話して無事に申し込みができました。(こんな時に便利)

受付で、名前を伝え申し込みを済ませると、ライフジャケットと腕にゴムバンドを付けて、声を掛けるまで待つようにと。

沢山の観光客がコーラル島等の離島に行くのでしょうね、ライフジャケットが沢山ありました。

待合場にはドリンクなどのサービスも。

また、船酔い用の薬もありました。

全員の受付が終わるまで、待合所にて待ちます。

ここで待ってたのは、欧米人3割、アジア人7割でした。意外と韓国人が多かったですね。

少し待って、スタッフに私達8名が声をかけられ、人数が多いので別の船で行くとのこと。

案内されて着いたのが、目の前の砂浜。

このスピートボートに、中国人と一緒に乗り込み、コーラル島へ向けて出発。

このスピートボートはめっちゃ早いので、船酔いするというよりは、船が波にあたるガンガンっていう衝撃の方が凄かったですね。

コーラル島に上陸

約30分スピートボート乗りコーラル島に到着。

島に着いたら、昼食などの簡単な説明を受けます。そして後はフリー。

私たちの申し込んだツアーは、ビーチチェアーも付いてたので、日差しを避けて2ライン目をキープ。

ビーチチェアに座って、まず最初にしたことは。

ビールww

気分的に、軽めのLEO(リオ)ビールにしました♪発泡酒はグビっといけるんでね。「タイのビール「シンハ」「チャーン」「レオ(リオ)」を飲み比べてみた。

そして、浜辺を散策。

私達が座ってた反対側は、ビーチチェアーはなくゆったりとした感じ。

こっちの方がのんびりできそうでしたね。

綺麗な海でのんびり&パラセイリング&シュノーケリング

せっかく来たのだから、泳いでみることに。

予想通り、透明度がある海。シュノーケリングで魚をみることもできました。

このツアーは水中メガネ付き。ただし、半分以上は水は入ってくるような代物だったので、本格的に楽しみたい方は持参したほうが良いと思います。

せっかく綺麗な海だから、綺麗に見えるのがイイと思う♪

また、パラセイリングやバナナボート、ダイビングは別途料金で申し込めました。

最初から付いているツアーもあるので、やりたい方はそちらが良いかもしれません。

私達も、8名中5名がパラセイリングをやりました。

ちなみに料金は1回500バーツ(約1680円)でした。

パラセイリングの飛んでる距離が違いますが、パトンビーチだと1500バーツ(5040円)だから、ちょっとだけ飛びたいって方には良いですね。

ちょっと微妙なランチビュッフェ

午前中、一通り遊んだり飲んだりしてランチタイム。

ランチをしたのは、ビーチからスグのこちら。

ビュッフェ形式で食べます。

タイ料理が3.4品、パスタ、カオパット、フライドチキン、サラダ、フルーツなどがありました。

こんな感じで取ってきましたが、、正直なところ、味は中の下。

ですので、食事は期待しない方が良いですね。何かお腹に入れれるものが出る程度に考えておいた方が無難です。

さようならコーラル島

食事を終えた後は、ビーチチェアに戻って寝たり、綺麗な海で泳いだり、浜辺を散歩してり、とそれぞれ自由に。

そして、15時30分に到着した場所に戻り、再びスピートボートに乗りプーケット島へ。

帰りも猛スピードだったけど、海が穏やかだったので楽でした。

さようなら~コーラル島。のんびりした時間をありがとう。

再び、プーケット島に付いてから、ライフジャケットとゴムバンドを返します。

この辺りは、島から戻ってきた観光客で溢れんばかりになりました。

ちなみに、船に乗り込む前に勝手に撮影された写真とかも売ってますw そして、送迎の車に乗り込んでホテルへ。

コーラル島1日ツアー終了。

おすすめのターゲット

せっかくプーケットに来たのだから、離島でのんびりしたいって方におすすめ。

いくつかアクティビティもあるけど、ビーチチェアでビールを飲み、暑くなったら海に入る。そんな繰り返しが良かったですね。

スピートボートも慣れれば気持ち良いので、プーケット滞在中に1日くらいは離島に行くのも良いんじゃないでしょうか。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
この1ヶ月後にラチャヤイ島の1日ツアーへ行ったが、どちらも中国人は沢山いました。でもね、昔ほどマナーが悪いという印象はなかった。きっと、変わってきてるんでしょうね。

タイ&マッサージの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7