乃木坂46も巡った「インスタ映えする」バンコクのお店

2017年6月、乃木坂46がタイ国政府観光庁の委嘱を受け、日本における「タイ観光大使」に就任しました。これは知ってたけど、おっさんの私には乃木坂46?となっており、顔も歌も結びつかないので縁遠いものなのかなと思ってました。
しかーし、タイ国政府観光庁のWEBページをチェックしてたら、「乃木坂46も巡ったフォトジェニックな場所10選」なるものが紹介されており、ぜひ写真に収めたい場所が紹介されてました。最近、インスタに目覚めはじめたおっさんとしては、次回タイ訪問の際には写真に収めたいと思い、10選の中からバンコクの飲食店4つピックアップしました。インスタやっている方は、必見です。

画像は10選店舗のものではありません。

画像は10選店舗のものではありません。

続きを読む

タイ初心者の為にタイ旅行プラン考えまーす。

これから年末までに、訪タイを何度か考えています。よく問い合わせ頂く内容に、私がタイ滞在と思われている方がいるようですが、日本国湘南地方に根を生やして住んでおります。やはり日本も大好きというのと、常に日本からみたタイを考えていきたいからです。タイへは行きたい時に行けるのでね。
さて、年末までに考えているタイ旅行の一つに、2年ぶりに友人ら10人と行くというのがあります。10人という大所帯とうものあり、今からエアとかを抑えはじめているのですが、10人いれば10人それぞれの希望がある訳で、まぁ簡単にはまとまりません。ここでふと、もし旅行初心者2人以上だったらどうするんだろう?と。ガイドブックや知り合いからの情報でプランを考えるのでしょうが、ガイドブックは情報量が多すぎるし、知り合いは情報が偏っていることがあります。悩んでいる方にお手伝いできないかなと考えました。そこで、ご希望の方だけに私からプランを提案させてもらおうかと思います。一案として、今回の友人10人プランを紹介します。人数、男女、年齢、時期によってプランは違うと思います。もし、ご希望の方はご連絡下さい。

DSCF47031

続きを読む

タイの行っとくべきランドマーク10ヶ所。

先日、世界最大の口コミサイト「トリップアドバイザー」が、投稿された口コミの評価を元に、旅行で訪れるべきランドマーク(国、地域を象徴するシンブル的モニュメントや歴史的建造物、遺跡など)を発表しました。世界トップ25にはタイと日本がそれぞれ1ヶ所ずつ、アジアトップ10にはタイと日本がそれぞれ2ヶ所ずつランクインしてました。
本日は、こちらのランキングを紹介したいと思います。また、タイトップ3へ訪れるおすすめルートも紹介しようと思います。世界中の多くの人が、「ここは良かった」「ここは行くべき」と思ったランドマークですから、旅行したら必ずチェックしたいところです。

ワットポー涅槃仏(ねはんぶつ)の後頭部。

ワットポー涅槃仏(ねはんぶつ)の後頭部。

続きを読む

プーケットのホテルで感電死。タイでは注意すべき

タイのニュースをチェックしていると、「2017年3月23日夜、プーケットのホテルで従業員のミャンマー人夫婦が感電死」とありました。二人はホテル客室の浴室で見つかっており、二人とも手に火傷があり女性の手は金属製のシャワーヘッドを握った状態だったそうです。どうやら、二人で清掃作業をしていたところ女性が漏電で倒れ、助けに行った男性も同様に感電をしたとみられています。ちなみに、警察の発表ではプーケットのホテル名は明らかにされてません。
ホテル名発表しろよ!と私も含め思う方も多いと思いますが、この辺りはタイ事情かなとも。もっと話が広がったら公表されるのでしょうが、利用する側としてはね。。安全にタイを楽しんでもらうためにも、情報だけは入れておきたいかと。本日は、タイにおける感電事故とその対処方法ををまとめてみます。アジアのホテルでは危険が伴う可能性があるので、知っておいて損はなさそうです。

UNI125190029_TP_V
続きを読む

アユタヤで象の事故。死亡事故にならなくて良かった。

タイのニュースをチェックしていると、2017年2月28日11時頃、アユタヤの象園でオスの象が暴れだし、別の象に乗っていた日本人女性2人とタイ人の象使いが転落して怪我をした。とありました。振り落とされた日本人女性は打撲などの怪我をし、タイ人は足の骨を折って重傷。事故原因はオスの象が発情期に入り、メスの象に近づいて暴れだしたとのこと。ほんと、死亡事故にならなくて良かったです。
タイに行ったら象に乗りたい。象に乗ったことない人のほとんどは考えることかと思います。以前はバンコク中心部まで象が入って来ましたが、今は中心部に象を入れることは禁止されており、少し離れたところで象を見たり乗れたりします。本日はバンコクの近くで象に乗れる場所の紹介と、最近のタイにおける象死亡事故をあげます。馬と同じで落馬と落象には十分に注意したいですからね。

gf01a201503100000

続きを読む

11/1より一般開放されたワットプラケーオ。観光の注意点をまとめてみる

プミポン国王の崩御に伴い入場禁止となっていたバンコクの最大観光地であるワットプラケーオが、11/1より一般開放されました。一般観光客はウィセートチャイシー門から、8:00~15:30まで開放されており、弔問者は同じくウィセートチャイシー門から8:00~21:00までとなります。
本日は前にも何度か書きましたが、バンコクの観光として最も有名な観光地であるワットプラケーオを観光する際の最新の注意点をまとめてみようと思います。そして、ワットプラケーオからお薦めする観光スポットもご紹介します。

画像:タイ政府観光庁

ワットプラケオ内 画像:タイ政府観光庁

続きを読む

ここ最近ラン島で捕まった犯罪を整理してみた。みなさん気をつけましょう!

タイで気軽にいけるビーチとしてオススメしたいのがパタヤビーチ。バンコクから車で2時間で到着しますし、バスを利用すると安く行けます。シーフードを海を見ながらお洒落なレストランで楽しめたり、夜遊びとなると、ゴーゴーバーやバービアがひしめき合っています。バンコクとは違った楽しみが多くあり、その手の遊びをしたい方にはパラダイスのようなところになります。
そのパタヤでも、私がおすすめしたいのがパタヤから船で渡るラン島。正直、パタヤビーチの海は江ノ島の海と比べたら泳いでも良いかな程度です。透明ではありませんし、決して綺麗な海とは言えません。でも、たった30分の違いのラン島の海は綺麗です。どうせ泳ぐなら、ラン島へ渡ってビーチを楽しむのがオススメ。前回も楽しかった!「名古屋からタイパタヤ旅行⑥~ラン島サメービーチ~
しかし、ここはタイのビーチ、いろんな犯罪が起きています。本日はラン島で犯罪に巻き込まれないように、ここ数年にラン島での犯罪や事故をいくつかあげてみます。巻き込まれないよう注意しましょう。

日差しを避けるため、海から二列目に陣取りました。

透明度のあるラン島のビーチ

続きを読む

10月のタイでの過ごし方。オススメはゆっくり過ごす

10月に入り、タイでは洪水のニュースが流れています。タイでの洪水は毎年のことですが、被害がどれほどかは心配になるところ。特に中心部であるバンコクへの洪水被害は多くの人が注目をしています。洪水は上流から徐々にやってきますので、バンコクに直接被害が出そうなのは、海面上昇もある10月半ばだと予想されています。洪水情報には注意をしたいところです。
さて、洪水の心配のあるタイ雨期の後半10月ですが、私なりにタイの10月を楽しむ過ごし方のコツを考えてみました。タイ初心者の方の参考になればと思います。

画像:タイ国政府観光庁

画像:タイ国政府観光庁

続きを読む

タイ人が好きな紅葉スポットを日本人ランキングと比較

9月に入り一週間が経ち、もうそろそろ秋の気配を感じても良い時期になってきました。秋にはいろいろな楽しみがありますが、その一つに「紅葉」があります。木々の葉が赤や黄色などに変わる景色は、とても奇麗ですよね。日本の四季で自慢できる景色の一つだと思います。
その美しい景色は、日本人のみならず世界中の人が魅了されます。もちろん、タイ人の多くも紅葉を見る為に来日する人も多くいます。
このほど、旅行代理店HISバンコク支店がタイ人を対象に、Facebook内で調査「行ってみたい!異本の秋の絶景トップ10」が発表されました。候補は同店スタッフが選んだ24候補地からになります。紅葉の日本人ランキング(アクセス数による)と合わせて比べてみました。

画像:kitabiwako.jp

画像:kitabiwako.jp

続きを読む

東南アジア諸国は日本が大好き!親日度ランキング1位はタイ。

ここ数年で多くの外国人が日本に来るようになりました。先日のブログ「来日外国人数でタイ人は4番目。でも、バレーでめっちゃ怒ってる。」で紹介しましたが、トップ3は中国、台湾、韓国となり隣国からが多いのですが、地理的には4番目にいくつかの国を飛び越してタイが入っています。
先日、電通の「ジャパンブランド調査2016」にて、「日本のことが好きな国・地域ランキング」が報告され、日本を大好きな国として1位がタイになりました。すばらしい!!
トップ10は以下になります。そして、このランキングにて中国、韓国は、、

teaserbox_2448725126

画像:http://www.netdejapanisch.de/

続きを読む