コンビニのパッシーユ弁当を食べてみた。

タイのコンビニ商品

コンビニのパッシーユ弁当はおすすめ!美味しかった♪

3

タイのコンビニ弁当シリーズ。バンコクではコンビニが沢山あるので、滞在中は、必ずといってよいほどコンビニに寄ります。

その都度、食べたことない弁当を探して食べてます。今までのベスト1は、日本のチャーハンには負けたけどカオパット弁当でした。「タイと日本のセブンイレブンのカオパット(炒飯)を食べ比べてみた。

そして、今回も違う種類のコンビニ弁当を食べてきました。選んだのは「パッシーユ」、過去ベスト1のカオパットを上回り、このお弁当が一番美味しかったかも。

タイ料理「パッシーユ」の簡単な紹介を含め、食レポをどうぞ♪

タイ料理パッシーユとは

タイ語で、パッシーユの「パッ」は「炒める」、「シーユ」は「醤油」。タイでパッシーユといえば「太麺の醤油炒め」を指します(麺がないのは気にしないw)。

このパッシーユの醤油には、黒醤油が使われます。黒醤油とは、大豆を原料とした醤油に砂糖や香味料を加えたもの。ですので、とろみと甘味があります。

作り方は、大きな中華鍋に鶏肉(豚肉)とカイラン菜を炒め、そこに太麺を入れ、最後に卵を落として完成。簡単に作れそうなので、近いうちに作ってみようと思う。

実際に食べてみると、日本人のドストライクに近い味だと思います。味的には、二日目のすき焼きのタレで作った「きしめん炒め」って感じ。(あくまでも私個人の意見)。

日本人に好きなタイ料理は?と聞くと、ガパオやカオマンガイと答えることが多いでが、パッシーユというのも多くて良いんじゃないかと思ってます。

日本食に近い味だから、好きなタイ料理は?と聞かれて、出てこないかもしれませんね。

コンビニのパッシーユ弁当

夜中にコンビニをウロウロしてて、お弁当コーナーにパッシーユ弁当を見つけました。いつものように、コンビニレジで温めてもらいホテルに持ち帰ることに。

もちろん、お弁当のお供にリオビールも購入。チャーンビールが好きなのですが、何故かコンビニ弁当の時はリオが多いな。

1

お弁当にはナンプラーや唐辛子が付いてる。ちなみに、唐辛子を入れなければ辛くないお弁当。私は辛いのが好きなので入れますけどね。

一応、原材料をもチェック。

2

普段は添加物などを気にしてる私ですが、コンビニ弁当食レポの場合は別。見ませ~ん、見えませ~んww

パッケージをあけてるてみる。

3

う~ん、良い香り。

唐辛子やナンプラーを入れずに、そのまま一口食べてみる。

4

うまし!

街中のタイ料理店と遜色ない味。太麺のもっちりと野菜のシャキシャキが絶妙にマッチして美味しい。

次に、味を変えて唐辛子とナンプラーを加えて食べてみる。

5

これまた、うまし!!

辛味とコクが加わり、更に深い味に。タイ人はこれに砂糖を加えたりしますが、私的には入れないほうが好きだな。

こうなったら、ビールが止まりません!一緒に買ってきたリオビール490mlをあっと言う間に飲み干してしましました。

ご馳走さまでした。

スポンサーリンク

パッシーユ弁当の値段

とても美味しかったパッシーユ弁当のお値段は35バーツ(約117円)。安っ!!

6

ちなみに、リオビールmlは52バーツ(約175円)。お弁当が安いというより、どんだけビールが高いんだってことですかね。

日本で例えたら、コンビニ弁当400円だったら発泡酒が594円てところ。タイで一番の贅沢品はビール(酒)かもしれない。

どちらにしても、まだパッシーユを食べたことない方がいたら、ぜひ食べてみて下さい。タイ料理初心者におすすめできる一品です。

タイのコンビニ弁当で、パッシーユを試してみるってのも良いかもしれませんね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
パッシーユを最初に食べたのが、約15年ほど前に友人と行ったパタヤ。その友人はタイリピーターだが辛いのが苦手で、お昼にビールのつまみにパッシーユってのが定番だった。懐かしいなぁ~

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7

タイトルとURLをコピーしました