タイ料理ランチ。目白でガパオガイ inプアンタイ

目白のこじんまりしたタイ料理店

今日は良い天気でしたね。こんな日はちょっと出かけてみたくなるもの。私も、ちょっと足を延ばして目白までタイ料理ランチを食べに来てみました。目白は久しく来てなかったので、駅前がキレイになっているのに驚きました。でも、相変わらず歩いている人が上品に感じるのは私だけでしょうか?なんか目白は優雅さを感じます。
さて、今日のタイ料理ランチを頂くお店は、目白駅を出て左に歩いて3分ほどのところにある「プアンタイ」さん。目白通りから少し入ったところにある、こじんまりとしたお店です。

IMG_0142

看板にはタイ&ラオス料理ってあります。このパターンだと、最初はラオス人のオーナーかコックが始めたお店なんだろうな、と察しがつきます。
お店に入ったのが木曜日の12:15頃。店内はさほど広くはなく、テーブル席に16名ほど、カウンターに6.7名ほど座れるほど、タイ料理店としては割と小さめの方かな。私たち二人が入って、ちょうど満席になりました。

スポンサーリンク

やはりランチはオフィスの人が多いですね

周りを見渡すと、お客さんはサラリーマンとOLさんらしき人たちが多かったです。
早速メニューをチェック。ここにもしっかりと、タイ&ラオスレストランと明記されてます。

IMG_0143

ランチメニューとしては、かなり充実していました。いろいろ試したくなるところですが、初めてきたタイ料理店でオーダーするものは、お決まりの「ガパオガイ(鶏肉のバジル炒め)」に決定。料金も750円と良心的。ちなみに、一緒に入った連れはグリーンカレー850円をオーダーしました。

IMG_0144

タイ人っぽい接客がタイを思い出せてくれる

こちらのお店は、店員さん、コックさん共にタイ人。店員さんは若い子かな?ショートカットのボーイッシュな子で、まぁ愛想はありません・笑 ただ、それがタイっぽさを感じれました。タイでも飲食店のオーダーを取る店員は無愛想な人が多い。まぁ、タイで一般大衆用食堂で愛想が良い店員さんを探すのが大変だと思います。それは、日本も一緒かもしれません。

こちらのお店はオーダーと取ってから調理するようで、10分ほどしてガパオガイがきました。

IMG_0145 (1)

本場の辛さが潜んでいるガパオガイ

ジャスミンライスが多め!そして、目玉焼きが半熟。完璧です!

いつもなら、唐辛子やナンプラーを入れて味を調整する私ですが、まずは何も調整しないで食べてみようと一口。

これは、かなり良い味付け!と。最初の一口を食べた後から、辛さがじわっと広がってきます。その辛さを中和させるためにジャスミンライスを口に運び、さらにまろやかにする為に、半熟目玉焼きを割って混ぜる。この三つのハーモニーがたまりません。
味付けをせずに最後まで美味しく頂けました。少し残念だったのが、少しピーマンが苦かったかな。もう少し小さく切ってもらえると食べやすいし、甘さも出たかもしれません。それと、スープにもう少し出汁があった方が私は好きかな。これはサッパリ系が好きな人もいるので好き嫌いが別れるところかもしれません。

ランチセットには、ミニサラダ、ミニスープ、芋入りココナッツミルクがついてます。

IMG_0147

これで750円はお得かと!お店のランチメニューとしては二番人気と書いてありました。ちなみに、一番人気のランチはパッタイ。

それと、連れのグリーンカレーもパシャっと撮りました。

IMG_0146

これも美味しそう!また来たいと思います。

お店の詳細

店名:プアンタイ
※タイ語でプアン=友達ですから、店名は「タイの友達」になりますね。
営業時間:11:00~22:30
住所:東京都豊島区目白3-5-8 佐久間ビル1階
食べたランチ:ガパオガイ750円

タイトルとURLをコピーしました