バンコクのホテルバイキング&ビュッフェはホテルニッコーがおすすめ

ども!タイウニです。

本日は、ホテルニッコーバンコク(hotel nikko banugkok)のバイキング&ビュッフェについて。

モーニング(朝食)、ランチ(昼食)、ディナー(夕食)と、バイキング&ビュッフェを楽しんできたレビューです。

スポンサーリンク

バンコクのホテルバイキング&ビュッフェはホテルニッコーがおすすめ

ホテルバイキング&ビュッフェ

最初に結論からいうと、ホテルニッコーバンコクのバイキング&ビュッフェは、めっちゃオススメです。

もし、ホテルニッコーバンコクで宿泊するのであれば、必ず食事付きプランにした方が良いし、バイキング&ビュッフェだけでアリだと思いました。

ホテル滞在レポートはこちらを参照下さい。「初めてのタイでも安心♪「ホテル ニッコー バンコク」がおすすめ!

こちらでは、銀座で腕をふるった調理長の和食や、和・洋・中・伊などのインターナショナル料理が、バイキング&ビュッフェ形式で楽しめます。

コスパ最高なので、食べたことない方は是非!

バイキングとビュッフェの違い知ってました?

和食バイキング&ビュッフェ

ちょっと本題に入る前に、「バイキング」と「ビュッフェ」の違いについて、簡単に触れておきます。

「バイキング」とは、和製英語です。

最初に定額を払い、好きなものを好きなだけ食べれるシステムのことで、「バイキング=食べ放題」は日本でのみ通じる言葉になります。

「ビュッフェ」とは、語源がフランス語の言葉です。

「セルフサービス形式の食事」という意味であり、取った分だけ支払うシステムのことで、必ずしも「食べ放題」という意味ではありません。

つまり、海外・タイで「ここはバイキングですか?」は通じないので注意して下さいね。

こちらのホテルニッコーバンコクさんは、日本語では「バイキング」形式ですが、分かりやすく「バイキング&ビュッフェ」という表現を使います。

ホテルニッコーバンコクのバイキング&ビュッフェが楽しめるお店

飛翔

さて本題、ホテルニッコーバンコクで、バイキング&ビュッフェが楽しめるお店は2つ。

1Fの「飛翔」と、6Fの「the oasis]。

1Fの「飛翔」は、銀座で腕をふるった料理長が作る和食が中心で、お米は新潟産を使うなど、まるで日本にいるかのような料理が食べれます。

the oasis

6Fの「the oasis」は、和・洋・中・伊など様々な種類が楽しめるオリエンタル料理が楽しめ、その場でオーダーできる料理も充実してます。

それぞれ、モーニング(朝食)、ランチ(昼食)、ディナー(夕食)が楽しめます。

今回は、朝食とランチを「飛翔」、ディナーを「the oasis」で、バイキング&ビュッフェを食べてきました。

ちょっと写真多めのレビューです。

朝食バイキング&ビュッフェinホテルニッコーバンコク

飛翔

朝食は「飛翔」で食べました。

ホテルニッコーバンコクさんに伺ったところ、宿泊プランには朝食付きと無しがあるそうです。

私は、絶対に朝食付きプランがおすすめです。食べなきゃ損ですよ!

私が、朝食を取りに「飛翔」へ入ったのが朝6時30分。

朝食バイキング&ビュッフェ

お店に入った時は、すでにサラリーマンの方が数名いました。

ほんと、日本のビジネスマンは働きますね。

どんな料理があるかな?と一通り見た中で、気になったものだけを紹介します。

全て紹介すると、多すぎて大変なことになっちゃうのでね。

明太子と煮物

まずは、明太子と煮物類(レンコンと肉じゃが)。

明太子がある!と思わず叫びそうにw

焼き魚

そして、2種類の焼き魚。

サバとシャケの2種類を、その場で温めることができるのが嬉しい。

温泉玉と梅干

日本の朝食の定番、卵、梅干し、お新香。

日本人なら、これは欠かせませんw

ちょっと奥の方に行ってみると。

だし巻き玉子

料亭に出てきそうな、だし巻き玉子。

和食屋にいったら、いつも注文する私の大好きな一品です。

ちゃんと、大根おろしも置いてありました。

日本米

そして、白米は新潟産。

釜からご飯を盛ると、ついつい大盛になっちゃうだよなw

あれやこれや悩みながら、和食バイキング&ビュッフェで取ってきた朝食はこちら。

朝食1

旅館のような、純和風な朝食になりました。

これがまた、一つ一つが美味しい!

この流れだったら、白米にいろいろのせるでしょ!ってことで。

納豆とご飯

まずは、The 納豆ご飯!

納豆好きには、たまりませんね。

続いて、

玉子かけご飯

温泉玉子かけご飯と明太子!

こうなったら、もう誰も止めることはできません。

朝食

もちろん、お代わりするのでありました、、食べすぎだろう!ってね。

バンコクで、日本の高級旅館のような朝食を楽しみました。

料金は、650バーツ(サ・税別)でした。

ランチバイキング&ビュッフェinホテルニッコーバンコク

次に、ランチをどうしようかな?と悩みながらも、和食ランチが食べたくなり、再び「飛翔」へ。

笑顔でお出迎え

「飛翔」のランチは、メインを一品選ぶと和食バイキングが付いているシステム。

和食バイキング&ビュッフェ

五名だったので、個室で食べることに。

個室

ここバンコク?って疑いたくなるような個室でしょ。

五種類のランチメニューから、私が選んだ一品は「焼き魚」。

焼き魚

身が厚くてしっかりしてて、食べ応えありました。

セットの食べ放題のお惣菜も取ってきて、ご飯もお代わりw

ランチバイキング&ビュッフェ

この器、綺麗でしょ!?まるで、銀座の和食店で食べてるような錯覚になるw

せっかくだから、他の人のランチも撮らせてもらいました。

とんかつ

私の大好物、肉が柔らかくて美味しそうな「とんかつ」。

天ぷら

和食の定番である「天ぷら」。

ステーキ

ちょっと贅沢に、その場で焼く「ステーキ」。

どれもこれも美味しそうですよね。

もちろん、再びバイキングのお惣菜もお代わりをして、お腹いっぱいになったランチでした♪

料金は、焼き魚480バーツ、とんかつ580バーツ、天ぷら580バーツ、700バーツでした。※全てサ・税別

ディナーバイキング&ビュッフェinホテルニッコーバンコク

the oasis

そして、締めくくりは、オリエンタル料理「the oasis」でディナーバイキング&ビュッフェ。

ここは、ランチでも食べたいなって思ってたお店。

というのも、午後にプールを見に来たら、個室でお子さん連れのバンコクマダム五・六人が、優雅にランチをしてたんですよね。

個室

そのマダム達は、こちらの個室でした。

現地バンコクマダムが来てるってことは、美味しいに決まってるじゃないですか!

ということで、ディナーバイキング&ビュッフェはこちらで食べることに。

生ガキ取り放題

「the oasis」は、タイ料理、中華料理、イタリア料理、洋食など、様々な種類のバイキング&ビュッフェスタイル。

寿司

寿司も豊富で、イカ、エビ、タコ、マグロ、サーモン、海苔巻きなどありました。

これだけで、お腹いっぱいにできそうw

もちろん、サラダ類もいろいろありました。

ドレッシング

このようにドレッシングも豊富だし、チーズもたくさんありました。

タイだから、南国のフルーツもたくさん。

フルーツ

ホテルのビュッフェ、デザート類も充実していました。

デザート

そのデザートの中には、日本人宿泊者向けに、タイ焼き、おしるこ、団子等のデザートも。

日本のデザート

ここまで紹介したバイキング&ビュッフェだけで、お腹いっぱいになっちゃうけど、更に凄いのが「the oasis」。

別途で、その場で作ってくれるグリルステーション(GRILLED STATION)がある!

オーダー料理

その日の食材、肉、魚、麺類などを、その場で調理してくれます。

グリルコーナー

肉は、豚、鶏、牛、羊の4種類選べる。

シーフード

シーフードは、マグロ、サーモン、イカ、ほたて等から選べる。

これらを、その場で調理してくれて、オーダーは何回でもOK!

つまり、牛ステーキを3回とか食べれる訳。

食べるっきゃないでしょってことで、いろんなものをオーダーしました。

ラムステーキ

ボリュームある、骨付きのラムステーキ。

牛ステーキ

肉の味がしっかりある牛ステーキ。

サーモン

カリっとした皮も美味しかったサーモン。

イカ

鰹節と醤油に合うイカの串焼き。

海鮮麺

海老、貝、イカなどが入った海鮮の麺料理。

通常のバイキング&ビュッフェだけでも食べきれない種類があるのに、グリルまで頼んだので、本当にお腹いっぱいになりました。

かなり頑張ったけど、全種類を食べれなかったのが残念、、次回の楽しみに取っておきます。

料金は、750バーツ(サ・税別)。

ちなみに、ランチバイキング&ビュッフェは700バーツ(サ・税別)です。

ホテルニッコーバンコクのバイキング&ビュッフェの感想

バイキング&ビュッフェ

一流ホテルのバイキング&ビュッフェが、この料金で食べれるなんて、コスパ良すぎでしょ!

和食「飛翔」は、朝食は高級旅館のような感じだし、昼食は銀座和食店の雰囲気が楽しめました。

オリエンタル料理「the oasis」は、広々とした空間で優雅な時間と様々な料理が楽しめました。

朝食時は、現地バンコクのサラリーマン、昼食時はバンコクマダム、夕食時はタイの富裕層がいたりと、ちゃんと「食が分かっている人達」が集まっている気がしました。

きっと、こちらで食事をすれば、日本人は困ることは無いと思います。

少し心配なのは、食べ過ぎちゃうことかなw

まだ、利用したことない方は、コスパ最高のバイキング&ビュッフェを利用してみては如何でしょうか?

ホテルニッコーバンコクの行き方

BTSトンロー駅から徒歩3分。スクンビット通りからトンロー通りに入って50mほど行った左側です。

名称:ホテル・ニッコー・バンコク(hotel nikko bangkok)
住所:Thonglor, 27 Soi Sukhumvit 55, Sukhumvit Rd, Klongtan Nua, Watthana, Bangkok 10110
電話:020802111
URL: http://www.nikkobangkok.com/

~thaiuniおっさんのつぶやき~
まじで食べすぎた。美味しいものが目の前にあると、ついつい口に運んでしまう。。プールとジムで運動せねば^^;

タイトルとURLをコピーしました