女子へのタイ土産はセントラルエンバシー【バンコク】

おは!です。2週間後の訪バンコクに向け、準備をし始めてタイウニです。

もうすぐ訪タイ70回になるところ、今回もホテル取材が入っているので楽しみです。

さて本日は、タイ旅行のお土産を何処で買うか悩んでいる方へ、バンコク・セントラルエンバシーを紹介します。

タイ旅行のお土産を、効率的に購入したい方におすすめ。特に女子への土産で悩んでたらココ。

スポンサーリンク

タイ旅行で女子へのお土産買うなら!おすすめバンコク・セントラルエンバシー

セントラルエンバシー

セントラルエンバシーへ行くきっかけは、このブログに時々出てくる、バンコク情報通のカフェ店長の一言。

「セントラルエンバシー行ったことあります?あそこは、女性を連れて行ったら喜ぶと思うな」

おっさんである私は、「女性が喜ぶ」という言葉にピクン!と反応、スグにセントラルエンバシーに向かうことにw

セントラルエンバシーってどんなとこ?

セントラルエンバシー2F入口

まずは、セントラルエンバシーをググったところ。

2014年5月に英国大使館跡地にオープン、WEB上では「高級」や「おしゃれ」などが目立つショッピングモールでした。

最寄り駅は、2年前に降りて以来のBTSプルンチット駅。滞在ホテル近くのアソーク駅から向かうことに。

セントラルエンバシーへの行き方

プルンチット駅は、アソーク駅から2つ目。

5番出口を出て真っすぐ進むと、スグに右手にセントラルエンバシーが見えてきます。

BTSとは、ほぼ直結なので、雨の日でも濡れずに行けるのが嬉しいポイント。

セントラルエンバシーのフロア

セントラルエンバシー店内

店内は白を基調としたモダンな感じで、空間を贅沢に使ってます。

思わず、「おしゃれ」って言葉がでちゃうほど。

バンコクのショッピングモールは、全般的に空間を贅沢に使っているので、居心地が良くて、長居したくなります。

そのような理由からか、デートっぽいタイ人カップルを多く見かけました。

スポンサーリンク

女子へのタイお土産が充実

お土産にピッタリのお菓子

そして、タイ土産を置いているのは地下フロア。

エスカレーターで降りていく。

地下フロア

エスカレーター降りると、入口に立っている女性からカードを渡されます。

カード

このカードが電子カードになっていて、フードコートでの食事で利用します。

他のフードコートと違うのは、最初にお金を入れなくて良いところ。

なぜか、換金し忘れたフードコートカードを3枚ほど持ってる、私には嬉しいサービスwwちなみに、換金は出る時にします。

そして、お土産を買うのはフードコートの横。

生鮮食材やお酒、定番のお土産等が置いてあります。

ちょっと高い生鮮野菜

ざーっと見たところ、ちょっとしたタイのお土産は揃ってましたね。

それも、おしゃれっぽい印象があり、女性用としてアリなもが多かったですね。

個人的には、お酒に目がいっちゃいましたけどw

タイのお酒

象の置物からヤードム、タイのお菓子もあったりと、特殊なもの以外は、タイのお土産はここで揃うんじゃないかな。

買い物するのも便利なポケトークを検討するなら購入前にお試しレンタル

女子へのタイ土産買いながらランチ♪

フードコート

もう一つ、おすすめポイントが、スグ横にあるフードコート。

こちらのフードコートは、タイ国内の伝統的なタイ料理を披露するというコンセプトなので、様々なタイ料理が楽しめます。

屋台風のショップ

私は、お昼を食べた後だったので、軽めにムーピンとカオニアオ。

豚串ともち米

この組み合わせは外さないですね。ビールを飲みたかったけど、時間外だったので飲めず。。「タイのお酒規制についての法律。広告は注意しないとね。

サクッと食べる席

ムーピンとカオニアオを食べ終え、もう一度ぐるっと一周して出ました。

エスカレーターで上がる前に清算。

レシート

ムーピン2本40バーツ(約144円)、カオニアオ15バーツ(約54円)でした。

はじめての感想としては、女子をバンコク案内する時に、連れて来てあげたいなと。

女性だけの旅でも、おすすめしたいですね。

こんな方におすすめ

タイ旅行のお土産を買おう!と思ったものの、お菓子、衣料、お酒、the土産などを一緒に購入するのは何処が良い?

そのような方におすすめです。決して安くはないけど、それなりの物(女性にも大丈夫)が揃っているので。

バンコクには、まとめて買えるショッピングモールがありますが、ウロウロ探さなきゃならないところが多いのでね。

時間が無いから効率的にお土産を買いたい方に、ピッタリなのが「セントラルエンバシー」。

また、私のように買い物が苦手という方にも良いかな。第一目的をタイ料理、買い物をついでにできるのでね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
プルンチット駅というのもあってか、人が少なくて快適だった。人混みが苦手なので、こんな風に買い物ができると楽だね。

タイトルとURLをコピーしました