バンコクでタイマッサージ店を選ぶコツ【予算に合わせて】

おは!です。ブログのテンプレートを変えて、あれやこれやいじってるタイウニです。最初って大変だわ。

さて本日は、バンコクにあるタイマッサージ店の予算について。

バンコクのマッサージは安いとは聞いてるけど、実際はいくらかかるのだろう?という疑問にお答えします。

マッサージ好きの方なら、毎日でも受けて欲しいと思う。

スポンサーリンク

予算に合わせてマッサージ店を選ぶinバンコク

マッサージ個室

タイ旅行を楽しむのに、旅費以外の予算に組み込んで欲しいのがマッサージ料金。「タイ・バンコク旅行の予算っていくら?【激安・満喫・贅沢】

最初に、私はタイマッサージに関しては、ちょっとこだわりがあります。

というのも、数年前に新宿のマッサージ店で責任者をした経験があり、合計1000回以上はマッサージを受けました。

そして、タイでは観光ガイドに掲載しているようなお店は、ほぼ行きつくしてるからです。

そのような経験を元に、予算別でバンコクマッサージ店について書きます。

最後に、「タイウニおすすめの3店舗」も紹介しますので、良かったら行ってみて下さい。

バンコクのタイマッサージ店の予算

タイ古式マッサージ

まずは、バンコクのタイマッサージ店を、「格安」「標準」「高級」で分けてみます。

マッサージといっても、値段はあまり変わらないんじゃないの?って思う方もいるかもしれません。

いやいや、バンコクでは1時間200バーツから1000バーツ以上と、お店によって価格がかなり違います。

つまり、日本では考えられないほどの価格の幅があるのが、バンコクタイマッサージ店になります。

ちなみに、今回は外国人対象のマッサージ店での料金比較です。タイ人対象店でないのでご承知おき下さい(かなり安いので)。

バンコクの平均的マッサージ店

最初に、平均的な料金ってどのくらいなの?というところから。

ずばり!タイ古式マッサージ60分350~400バーツ(約1260~1440円)。

日本人に人気のあるスリウォンマッサージ街、通り沿いにあるマッサージ店の料金が、だいたいこの料金。

私が最初に来た頃は280~300バーツだったと思うので、タイの物価上昇と共にマッサージ料金も上がってきてます。

前回、2019年6月に回った時は、1時間400バーツが多かった印象がありました。

バンコクの格安マッサージ店

次に、格安マッサージ店の料金。

ずばり!タイ古式マッサージ60分150~200バーツ(約540~720円)。

ラマ9世やアソークの一部店舗、オンヌットのマッサージ街の料金が、たいだいこの料金。

オンヌットマッサージ街のお店は、ほぼ横並びで1時間200バーツ(約720円)ですね。

最初に、タイで激安マッサージ店を発見したのがパタヤでした。かなり衝撃的だったのを覚えてます。

バンコクの高級マッサージ店

最後に、高級マッサージ店の料金。

ずばり!タイ古式マッサージ60分1000バーツ~(約3600円~)

女性に人気の一軒家スパからホテルスパなど、スパメニューの中にタイ古式マッサージなどが含まれており、タイマッサージだけだど、たいだいこの料金。

高級店は、アロマオイルやハーブボールなどの組み合わせが多いので、マッサージだけで受ける人は少ないと思う。

それでも、私は一度だけ高級店でタイマッサージ60分を受けたことがありましたが、2時間にすれば良かったと後で悔やんだ覚えがあります。

気分で選ぼうバンコクのマッサージ店

このように、バンコクのタイマッサージ店は、「普通」「標準」「高級」に分類ができます。

マッサージ店選びをする時は、この三つを基準にすると外れが少ないと思います。

軽めに受けたい時は・・「格安」
普通に受けたい時は・・「標準」
少し贅沢したい時は・・「高級」

というふうに、その時の気分で選ぶと良いかも。

そして、その中で私の一押しは「高級」です。

だって、日本の激安店のような料金で、めっちゃ贅沢な気分を味わえますから。

ほんと、おすすめです。

バンコクのマッサージ店のチップ

気持ち良いマッサージ

ここで一つ、マッサージ店を利用する際に注意しておきたいのが、セラピストに渡すチップ。

日本にはチップの習慣が無いので、戸惑う方も多いようです。

タイでは、いくつかチップを渡す時がありますが、マッサージを受けた時もその一つ。「タイでチップをあげる時

チップのことを知っておいた方が、ちょっとスマートだと思う。知ってて損はありませんね。

スポンサーリンク

チップを渡すタイミング

一般的にチップを渡すタイミングは、マッサージが終わった後。

ご存じの方も多いと思いますが、チップの概念は「提供されたサービスに対するお礼」みたいなもの。

だから、マッサージを受けた後に、良いサービスだったらチップを渡そうってのが本来の姿、、なんだけど。

タイのマッサージでは、慣習化している気がします。つまり、セラピストはチップをもらえるものだと思ってるってこと。

ですから、マッサージを受ける時はチップをあげる前提で行くべきかなと。あくまでも私個人の考えですけど。

私は、チップあげなくて、「ケチ」みたいに思われるのが嫌なんですよね。

チップはいくら渡す?

それじゃ、チップはいくら渡すの?ってのは。

私は、100バーツ(約360円)と決めてます。

何故かというと、マッサージの仕事って大変な割に給料が安いと思うから、このくらいは良いんじゃないかなと。

ただし、これは人によって意見があると思います。

以前、フェイスブックのグループ内で出たコメントも賛否両論あり、その時は0~200バーツまでの幅がありました。

サービスが悪かったら0は当たり前とか、200バーツのマッサージ料金に100バーツはあげ過ぎだろうとか、いやいや気分良かった1000バーツとか。

ほんと人ぞれぞれだなと。

基本、「チップは気持ち」これがあれば良いかなと思ってます。

ただし、セラピストが喜ぶか喜ばないかは別の話、100バーツくらいはもらえるかなと思ってると、私は感じてます。

マッサージ中に蚊に刺されたことがある。虫よけに持っておくと便利です。北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー

タイウニのおすすめマッサージ店3つ

タイのスパ

最後に、マッサージ好きを自負する「タイウニがおすすめする」バンコクのマッサージ店を紹介します。

おすすめしたいお店はたくさんあるのですが、今回は「普通」~「贅沢」のお店を三店舗ピックアップしました。

at ease massage

アットイーズマッサージ

日本人男性がオーナーのお店「アットイーズマッサージ」。

日本人オーナーのお店で、きめ細やかなサービスが至る所に見られ、在タイ日本人のリピーターも多いお店。

バンコクに3店舗、ベトナムにも店舗があります。

セラピスト教育にもこだわっているところがおすすめポイント。

【体験記】
バンコクでタイマッサージ in アットイーズ

Health Land

ヘルスランド

タイ人にも人気のお店「ヘルスランド」。

以前通ってたタイ語学校のタイ人先生(今は歯医者さんになった)に、「ここは時々いきます」と教えてもらったお店。

とにかく設備が豪華で、日本ではありえないような感じ。それでもってマッサージ料金がスタンダード。

タイマッサージ店のレベルの高さを知るには、このお店かな。

【体験記】
バンコクヘルスランドでフットマッサージ♪

ASIA HERB ASSOCIATION

アジアハーブアソシエーション

日本人女性がオーナーのお店「アジアハーブアソシエーション」。

こちらのオーナーは、バンコクで何かしらの事業をしている日本人なら、ほとんどの人が知っているような方。

まるで別世界に来たような素晴らしい空間で、高い技術のマッサージを受けれます。

バンコク4店舗のみならず、パタヤ、ホアヒン、プーケットにも展開中。カンボジアにも店舗があります。

上記2店舗より、少し料金があがります。

【体験記】
バンコクでハーバルボール in アジアハーブアソシエーション

もし、どこのマッサージにしようか悩んだら、この3店舗から選ぶのをおすすめします。

何も考えずにマッサージ店に入るのだったら、この3店舗が良いと思う。

そうしたら、タイマッサージを好きになってもらえるかなって。

その延長で、タイのリピーターになってもらえたら更に嬉しい!ぜひ、いってみて下さいね。

~thiauniおっさんのつぶやき~
できることなら、バンコク旅行でマッサージは2店舗以上受けることをおすすめします。高級店だって日本の激安店と変わらない料金なんだから、めっちゃコスパ良いんだな。

タイトルとURLをコピーしました