【目白の安いタイ料理ランチ】カオマンガイとグリーンカレー

ども!タイウニです。

本日は、東京・目白のタイ料理ランチレビュー。

目白で安いタイ料理ランチが食べたい!美味しいカオマンガイやグリーンカレーが食べたい!という人へ。

目白駅から徒歩3分の「プアンタイ」がおすすめ。

スポンサーリンク

【目白の安いタイ料理ランチ】カオマンガイとグリーンカレー♪プアンタイ

カオマンガイランチ

東京の拠点は目白なので、ちょくちょくランチを食べます。

私の拠点から一番近いタイ料理店が「プアンタイ」だけど、近すぎる故に、御無沙汰してました。

振り返ってみたら、プアンタイのランチレポートは3年ぶり。「タイ料理ランチ。目白でガパオガイ inプアンタイ

久しぶりにランチを食べたけど、あらためてコスパの良さに感心。

安いタイ料理ランチを楽しみたい♪そんな人におすすめ。

目白の安いタイ料理ランチ「プアンタイ」の行き方

黄色い看板のプアンタイ

目白駅から徒歩4分。

改札を出て目白通りを左方向へ、交番前を通り過ぎて、2つ目の信号を左に曲がってスグ。

目印はケンタッキーフライドチキン、ケンタを過ぎたら信号をスグ左。

看板には「THAI & LAOS RESTAURANT」ってある。

ただし、ほぼタイ料理メニュー。

ラオスのビール「ビアラオ」はありますけどね。

目白の安いタイ料理ランチ「プアンタイ」の店内

プアンタイの店内

店内はテーブル席が中心、さほど広くはありません。

7.8名のグループが入ったら、お店の半分は埋まっちゃう感じ。

2~4名で行くのがベストかな。

もちろん、1名で行ってもOK。

1人で食べてる人をちょくちょく見かけます。

以前は大久保にもお店があったようですが、3.4年前に目白だけにしたとのこと(ママ(店長)から聞きました)。

個人的には、店内禁煙ってのが嬉しい。

禁煙のタイ料理店だと、お子さんを連れてきても安心ですよね。

目白駅近くのタイ料理店レビューはこちら⇒「目白でタイ料理ランチ inタイのラーメン

目白の安いタイ料理「プアンタイ」のランチメニュー

彼女と二人で、中ほどの席についてメニューをチェック。

ランチメニュー

本当に久しぶりなので、以前見たであろうメニューも新鮮に感じるw

麺類メニューが650円、人気のガパオやグリーンカレーが750円と、相変わらずの安さ!

あれ?こんなに安かったと思うほどw

また、トッピングやもう少し量を食べたいって方には、サイドメニューもあります。

サイドメニュー

大盛りが、漢字の「大」ってなってるのがかわいい。

久しぶりのメニューに目を通し、私はカオマンガイ、彼女はグリーンカレーにしました。

目白の安いランチ「カオマンガイ」と「グリーンカレー」

久しぶりだけど、ママ(店長)が覚えてくれてて、簡単な挨拶をして料理が出来るのを待つことに。

最初に来たのが、グリーンカレーセット。

グリーンカレーランチセット

グリーンカレーにサラダ、スープ、デザートがついて850円。

安い!

具沢山のグリーンカレーは、食べ応えある。

具沢山のグリーンカレー

一口食べさせてもらったところ。

少しさっぱりしたココナツミルクが優しい味でした。

次に、カオマンガイ。

カオマンガイランチセット

こちらは、カオマンガイにサラダ、スープ、デザートがついて750円。

更に、安い!

一口食べてみたところ。

カオマンガイ

このタレと鶏肉の相性が抜群。カオマンガイはタレで決まるといっても過言ではないので、美味しいタレでした。

これで750円は安いと思う。

ただ、デザートは普通ww

この安さだから仕方ないところでしょうね。

この日は、ママが調理したのもあってか、以前より丁寧に作られてるような気がしました。

安くて美味しいタイ料理ランチでした♪ご馳走さまでした。

目白の安いタイ料理ランチはこんな人におすすめ

安くて美味しいタイ料理ランチを食べたい人におすすめ。

通わなくなった理由の1つに、サービスのムラがあると感じたんだけど、今回のランチは美味しかった。

このクオリティなら、また通いたいなと思いました。

ママが作るか作らないかで、こんなに味が違うとは!

やはり、味は調理人次第ですね。

マッサマンカレーとかラッナータレーのランチもあるので、次は試してみようかな。

1000円で余裕でお釣りがくる、そんな安いタイ料理を食べたい人は行くべし!

美味しいタイ料理ランチを食べて、みんなが笑顔になりますように♪

お家で作るカオマンガイもおすすめ♪炊飯器に入れるだけでつくれるから簡単!好きなだけ食べれるのが良いね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
私のことを覚えているママは商売上手だと思う。ただ、お店を広げると人材も教育しなくちゃいけないってのが大変なところ。日本とタイでは文化も違うしね。

タイトルとURLをコピーしました