ゴールデンウィークは暑季!タイ旅行する方は服装に注意して下さいね

ども!タイウニです。

さて本日は、タイの暑季における服装について。

ゴールデンウィークの時期、タイの季節は暑季。ちょっと服装に注意した方が良いので、まとめてみました。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークは暑季!タイ旅行する方は服装に注意。

アユタヤ

多くの方が、「タイは暑い」というイメージを持っていると思いますが、暑季でる3~5月のタイは特に暑い日が続きます。

暑いので、ついつい薄着になりたくなりますが、仏教国であるタイでは服装に注意しなければなりません。

タイの有名観光地では入れないこともあるので、ご注意下さい。

タイの暑季は3~5月

まずは、タイの季節について。

タイは、6~10月の雨季、11~2月の乾季、そして3~5月暑季の3つの季節に分かれます。

これから10連休を控えているGWは、まさに暑季の真っ只中で、めっちゃ暑い季節になります。

初めてタイへ行く方はもちろんのこと、暑季以外にタイへ行って、暑かったと思った方も暑さ対策は必須。

こまめに水分補給をしたり、休憩を取るような、無理のないスケジュールをする事が大切です。

でも、暑いからと言って日本のような服装(タンクトップやノースリーブ)をしてはダメな観光地があります。

暑季はバンコク3大寺院観光の服装に注意

画像:タイ国政府観光庁

バンコクの観光で、一番有名なのが3大寺院。

ワットポー、ワットアルン、ワットプラケオが近くに点在しており、チャオプラヤー川からの景色は抜群。

ただし、観光で回る際には服装に注意が必要。

一番厳しいのが、王宮とエメラルド寺院が観れるワットプラケオ。

3大寺院を観光で回る際には、エメラルド寺院に合わせた服装をしていった方が良いです。

主な注意点としては

肌の露出が多い服装は注意

タンクトップ、キャミソールなどはダメで、ショートスカートやショートパンツもダメ。

TシャツはOKだけど、肩やヘソが出るのはダメ。もちろん、シースルーもダメ。

ダメージジーンズ(パンツ)はダメで、スキニーや七分丈パンツも基本はダメ。

ワットプラケオ(王宮)でのお薦めの服装は、男性はTシャツに一般的なパンツ、女性は半そでタイプのトップスにロングスカートか膝丈より長いゆったりしたスカートですね。

建物内では帽子やサングラスは注意

建物内で帽子やサングラスは外さないとダメです。ただし、建物外では着用してても問題がありません。

また、建物内では撮影できる場所も制限されてます。マナーを守って観光をして下さい。

注意!暑季のアユタヤ観光でも服装

アユタヤ

バンコクから車で2.3時間くらいでいけるアユタヤ。

一度は行きたい世界遺産の古都です。

このアユタヤ観光でも服装は注意が必要。

一番厳しいのが、ツアーで組み込まれている王の離宮として使われてたバンパイン宮殿。

ここでも、バンパイン宮殿に合わせた服装がベストです。

バンコク郊外でも露出の多い服装は注意

ワットプラケオ同様に、タンクトップ、キャミソール、ノースリーブなどはダメで、短パンやダメージジーンズもダメ。

また、靴にも注意が必要で、ビーチサンダルやスポーツサンダルのような「かかと」を止めるものが無いのはダメ

万が一、間違えた服装で来ちゃった場合は、入口で服を購入する事ができます。

そんなに高くはないけど、無駄な出費は抑えたいところ。

ちなみに、アユタヤ観光で厳しいのはバンパイン宮殿のみなので、ここへ行かない方は軽装で回る事ができます。

ただし、タイは仏教国であるが故に服装のチェックがあります。寺院を回る時は、節度ある服装が望ましいですね。

注意!暑季のバンコクで無理は禁物

バンコクやアユタヤを観光する際は服装に注意が必要と書きましたが、一番気にすべきは「暑さ」です。

寺院観光では、なかなかクーラーの効いた部屋がありません。

35~40度の中で歩き回るのですから、かなり体力が消耗されます。

この暑季にタイで観光する時は、無理のないスケジューリングが重要になります。

せっかく来たのだから、いろいろ観て回りたい気持ちは分かりますが、体調を崩してしまったら元もこうも無いのでね。

水分をこまめに取って、休憩をしっかり挟んだスケジュールでタイを楽しんで下さいね。

そして、タイ好きになっちゃって下さいww

ゴールデンウィークのバンコク旅行で服装以外の注意点はこちら。「GWにタイ(バンコク)へ行く方へ。楽しみ方と注意点

便利ですよ!スマホをシムフリーにするのは忘れずに。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
今回の訪バンコクでは、マッサージ師の友人を案内しながら、取材を2件こなす予定。自分自身が無理ないスケジュールを立てないとだw

タイトルとURLをコピーしました