二度と行かないプーケットのサンセット&イタリアン♪Da Maurizio

スポンサーリンク

パトンビーチのサンセットと共にイタリアン♪二度と行かなーい

おは!です。GWにプーケットへ行く方へ、早めに情報を発信しなくちゃと少し焦ってるタイウニです。情報は新鮮なうちにですからね。

さて本日は、プーケット・パトンビーチのサンセットが楽しめるイタリアン「Da Maurizio(ダ・マウリツィオ)」での食レポ。

その日、隣にあるバーンリムパーで食事しようと思ったら、予約一杯で入れずに、仕方なく横にあったダ・マウリツィオに入りました。

お店に入った瞬間は、良いお店!?と思ったんだけど、食事が終わる頃には、もう来ないなって感想に。

とても残念なポイントがあった、ダ・マウリツィオの食レポをどうぞ。

サンセットが綺麗でした

プーケットのイタリアン「Da Maurizio(ダ・マウリツィオ)」の場所

プーケット・パトンビーチの北側、私達が宿泊したダイヤモンドクリフリゾート&スパの向かい。

青と白が綺麗な入口

パトンビーチ中心のバングラ通りからだと、ゆっくり歩いて30分くらい、タクシーを使った方が良いと思います。

地図

その日、隣にあるバーンリムパーに行きたかったんだけど、入れなかったので横のお店(ダ・マウリツィオ)に入ることにしました。

Da Maurizio(ダ・マウリツィオ)の店内

店内へ行くには、入口から階段で下ります。

整備されたエントランス

階段の横には水が流れてて、ちょっとおしゃれな感じ。ちょっと期待しちゃいます。

階段を降りたところに受付があって、予約なしだけど入れるか?の確認をしたところ、何も言わずに店内へ案内されました。

心の中では、「なんか言えよ」と思いつつも、予約なしで入れるならラッキーと思い、店員の後をついて行き店内へ。

岩場と海が見える店内

店内に入ると、目の前に海が広がっていて、とても良い雰囲気。

その日はサンセットタイムを狙ってたので、もうすぐ太陽が沈みそうなピッタリの時間帯でした。

そして、私達が案内された席は、海側の席から2列目。海側の席はRESERVEDが置かれてました。

誰も来なかった予約席

ちなみに、入口付近はこんな感じ。

入口付近

私たちが入った時間が18時頃だったかな、お客は誰もいなくて、私達だけでした。

ダ・モウリツィオのメニュー

そして、テーブルの上で、ここは高級店だなと分かりました。

コース用のフォーク・スプーンやグラス

今日はちょっと高級店って決めてたので、良いお店に入ったかもと喜びつつメニューをチェック。

イタリア語と英語だけのメニュー

イタリア語は分からないので、何となく英語を読みながらたどたどしくメニューを見てたら、店長さんらしき人が写真付きのメニューをくれました。

対応がしっかりしてた店長さんらしき人

コースにする?パスタにする?と二人で相談しながら、まずは軽く食べてから考えようってことで、パスタで様子をみることにしました。

注文したのは、サラダを1つ、パスタを2種類、そしてビールとお水。タイでは、お水は注文しないと出てきませんのでね。

ダ・モウリツィオのパスタ

まずは、ビールで乾杯。

シンハーの生

その日も暑かったので、冷えたビールが美味しかった。

続いて、サラダが来ました。

Caesar Salad 415バーツ(約1394円)のサラダ

いわゆるシーザーサラダ。

ドレッシングと上にのってるチーズが美味しかったけど、思ったより量は少なかったかな。大人のサラダって感じ。

ほぼ同時に、バケット。

バケットにはバター、オリーブ油などが添えらてるバケット

3種類のパンがあり、それぞれ美味しかったですね。

パスタが来る前に、全て食べ終わるような勢いで食べてましたw

そして、パスタ。

Capelliniのパスタ 445バーツ(約1495円)

トマトソースベースのカペリーニのパスタ。

初めて食べたんだけど、そうめんの小麦粉バージョンって感じでした(あってるかな?)。

それにしても、濃厚なトマトソースが美味しかったですね。

すぐに、彼女のパスタ。

taglieriniのパスタ 575バーツ(約1932円)

黒トリフソースのタリエリーニのパスタ。

これにチーズをスライスしてくれます。

チーズが美味しい

一口食べさせてもらったけど、黒トリフが何なのかは分からなかった。けど、味がしっかり付いてて美味しかった。

そして、気分も良くなってきたので、お酒をお代わり。同時にお水も頼みました。

Panna Stillの水 185バーツ(約621円)

私はシンハーからチャーンビールに変えて、彼女は白ワインに。

プーケット・パトンビーチのサンセット

丁度、パスタを食べてる途中にサンセットタイム。

太陽が沈んでからの景色

太陽が沈む瞬間より、沈んでから少し経ったほうが綺麗でした。

沖合の船の灯りが、はっきりと見えてきて、空の色、海の色、船の灯りと綺麗なハーモニーのようでした。

でもね、一つだけ注意。

夜になった店内からの景色

夜になると、海とか全く見えないブラックな景色。

ここは、日があるうちに来たほうが良いなと思ったのであります。

と、ここまでは、めっちゃおすすめなような内容で書きましたが、私は二度と行かないと思ったんです。

その理由は。

ちょっとダメなポイント2つ

1.店員の対応がダメ

最初に、メニューを見せてくれた店長さん以外は全くもって使えない。

笑顔・ゼロ、気遣い・ゼロ、ホスピタリティ・ゼロの三ゼロ。せっかくの良い雰囲気なのに、接客というのを学ばせるべきじゃないかなって思った。

私達は、約1時間半くらい滞在しましたが、お客は一人も来ませんでした。だったら、良い席に座らせてくれても良いんじゃない?とも思ったり。

2.コスパが悪い

写真のキャプションに値段を書いてますが、料理もドリンクもそれなりの値段がします。

ちなみに、書いてない白ワインはグラス1杯435バーツ(約1461円)とお高め。Sileni SauvignonBlancだから、日本で1本1500円くらいのワイン。

パスタ2品、サラダ1品、ビール3杯、ワイン1杯、お水1本で3000バーツ(約10080円)。ちょっと高いよね。

接客が悪くて値段が高いお店って、二度と行きたくなくなっちゃうんですよね。

これも、タイ人を使う難しさなのかな?と思ったりしました。

おすすめのターゲット

他の料理は嫌!どうしてもイタリアンでサンセットが見たいって方におすすめ。

料理と店内と接客がアンバランスなので、それを楽しみたい方にも良いかな。

お店に入るには、階段を下るだけだが、お店を出るには、階段を登らなければならないので注意。

酔っ払っちゃったら、登るの厳しいと思いました。

いつかパスタマシーンは欲しいと思ってる。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
店長さんとスタッフの対応の差が大きすぎた。スタッフの接客は、街中の流行ってないタイ料理店と同じ。料金が安きゃ諦めるけど、それなりのお値段しますからねぇ。上から6枚目の写真にいるような、どや顔でこっちを見てるスタッフってどうなのよ!?

タイ&マッサージの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7

タイトルとURLをコピーしました