タイの「やよい軒」は安定した味。店舗数は170以上

タイの短期滞在期間中に日本食を食べる。これを不思議に思う方も多いと思います。私も10年以上前は、タイで割高な日本食を食べるなんてもったいない!と思ってました。ただ、ある程度タイ料理を食べ尽くすと、やはり母国の味が食べたいと日本食のお店に足を運びます。

スポンサーリンク

タイの「やよい軒」は安定した味

IMG_20171203_160428

そんな、タイで日本食が食べたいと思った時に、手軽に食べれるお店の一つに「やよい軒」があります。今日はタイの「やよい軒」について調べてみました。バンコクをブラブラしてて、よく「やよい軒」は見かけるなと思ってましたが、なんとタイには171店舗(2017年1月現在)も展開中。前回も食べてきたレポートも一緒にどうぞ。

タイの「やよい軒」の店舗数

タイの「やよい軒」のは全土で171店舗(2017年1月現在)。地域ごとにみてみると。

バンコク(102店舗)
タイ北部(5店舗)
タイ中央部(14店舗)
タイ東北部(15店舗)
タイ南部(10店舗)
タイ東部(17店舗)
タイ西部(8店舗)

やはり、タイの経済の中心部バンコクに多くの店舗が集中。それにしても、タイ全土に展開しているのがすごいとこ。

やよい軒の母体会社プレナス

「やよい軒」を運営しているのは株式会社プレナス。本社は福岡県福岡市にあり、昭和35年創業、昭和51年設立、資本金は34億6100万円。

プレナスブランドとして、「HottoMotto ほっともっと」を2720店舗、「やよい軒」を537店舗、「MKレストラン」33店舗をタイをはじめ、韓国、中国、台湾、フィリピン、マレーシア、シンガポール、オーストラリア、アメリカと世界に展開。

そして「やよい軒」は海外に、タイ171店舗、台湾12店舗、シンガポール8店舗、フィリピン1店舗、マレーシア1店舗、オーストラリア3店舗、アメリカ2店舗を展開。
※WEBページより参照https://www.plenus.co.jp/brand/

ちなみに、マレーシアは今月オープンしたばかり、そして全体をみると海外進出ではタイの比重が大きいのが分かります。タイでは日本食が受け入れられている証にもなるかな。

スポンサーリンク

タイの「やよい軒」でカツ煮を実食

最近、やよい軒へ行ったのは2017年12月初旬。友人の会社の社員旅行で。パタヤを案内した時にパタヤのビッグCへ行った時でした。

パタヤセカンドロードから入った入口のスグ左側にあります。

IMG_20171203_160428

日本のやよい軒より少しおしゃれかな。日本では、ほぼやよい軒には行かないのでね、何となく新鮮な気分に。

入って窓側の席に座りました。早速メニューをチェック。

IMG_20171203_160542

ちょっと使い古されている感じのメニュー。コースターにもやよい軒ロゴ。

IMG_20171203_161743

日本食の定番メニューがずらーりありました。いろいろ悩んでいたところ、ふと目に止まったのがスタンドメニュー。

IMG_20171203_161855

なにやらお得そうなので、私はこちらを頼むことに、選べるメインから鶏カツ煮を選択、一緒にいった友人はかつ煮定食をオーダーしました。

5分ほどして出てきたのがこちら。

IMG_20171203_162029

すっごいボリューム!

カツ煮と魚フライと揚げ物オンパレード。おっさんには胃もたれしそうなメニューですが、とっても揚げ物が食べたかったのでちょうど良かったかな。

この魚フライが肉厚の白身魚でボリュームあって美味しかった。鶏カツ煮もアツアツでした。

友人のロースカツ煮定食はこんな感じ。

IMG_20171203_162056

こちらのロースカツ煮もアツアツで美味しかったそうです。

ちなみに、一緒に行った友人は台湾フリークの人で、台湾には50回以上訪問している強者。まぁ、私と同じで現地で現地料理を食べなくてもよいと思っていて、台湾にいても日本食ばかり食べてるとのこと。

やはり、日本人は日本食に戻るよねと意気投合してました、笑

タイのやよい軒の評価

普通に美味しいです。今やタイでは美味しい日本食が沢山食べれますので、どうしてもやよい軒が食べたい!と思うことは少ないですが、日本でやよい軒を食べている人には安心できる味だと思う。きっとセントラルキッチンだから、味も同じでしょうからね。

タイでちょっと日本食が食べたいっと思った時には、とても便利ですね。私が食べた定食は189バーツ(約661円)、日本より若干安いかな。

タイ料理に飽きた時は、やよい軒へ行ってみるのも良いですね!日本とタイで食べ比べてみるのも楽しいかも。

最後に

時々、「なんでタイ関連の仕事をしたいの?」と聞かれることがあります。いろいろ理由はありますが、私の骨幹にあるのは「タイで救われた私と同じような境遇の方の手助けをしたい」です。

まぁ、長く生きてくれば良いことばかりでなく悪いことが続く時もあります。私も悪いことが続き、落ち込んだ状態になってた時にタイへ行って復活することができました。

今、何かに苦しんでいる方がいたら、「タイにいってみれば!」と進言してあげたいな。何事も笑えるのが1番だと思うからさ。笑うポイントは人それぞれですけどね。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
やよい軒へ行って歳をとったなと思ったのが、ご飯をお代わりしなかったこと。やはり着実に胃も弱ってきているようですわ。苦笑

ブログの更新はFacebookやtwitterにて告知します。
フェイスブック「いいね!」お願いします。
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/thaiuni7/

ツイッター「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
https://twitter.com/uniuni7

タイトルとURLをコピーしました