タイ行きエアアジアの機内食。チキン食べました♪

バンコク行きエアアジア(AirAsia)の機内食

一昨年、初めてLCCでタイへ行きました。その時はスクートを利用しましたが、機内食は食べませんでした。だって、1食約1200円もしたんだもん「スクート航空を利用してみた。バンコクドンムアン空港-成田空港」。そして、今回のエアアジアを利用した際に、初めてLCCの機内食を食べました。理由は1食約700円くらいだったからw。
本日は、バンコク行きエアアジアの機内食について紹介しようと思います。スクートに比べ、多くの人が機内食を食べてました。私の見解としては、1回はありだけど2回目はないかなってところ。外れだとは思わなかったので、一度は食べてみても良いんじゃないかな。※少し写真多めです。

8

続きを読む

エアアジアを利用してみた。成田ータイ・ドンムアン

初めてタイまでエアアジアを利用してみた。

初めてタイへ行く友人とは格安パック旅行が定番になりつつある。というのも、5万円前後で航空券とホテルが付いているのは魅力的だから。数年前から、この格安パック旅行を定期的に利用してますが、時期によって航空会社が違ってきます。今まで格安パックで乗ったが、エアベトナム、中国東方航空、チャイナエアライン、スクート、そして今回のエアアジア。
LCCといえばエアアジアってイメージを強く持ってた私ですが、今回の旅行で初めて利用しました。友人の何人からは「割とアリだよ」と聞いてたのですが、国際線では乗る機会がなくLCCはスクートだけでした。乗ってみた率直な感想としては、「あり」だった体験レポートになります。

1

続きを読む

ANA特別機内食フルーツプラッターミール

今回のタイへのフライトはANAを利用しました。今年はできるだけANAを利用しようと思っているのですが、理由としてはANAマイレージクラブのプラチナステイタスを取りたいから。取ろうと思ったきっかけは、プラチナステータスの上であるダイヤモンドステイタスを持っている友人から、「そんだけタイに行くなら持ってた方がお得ですよ」と進言されたからです。数年前に一度挑戦しましたが、前半で断念したことがあるので、今年こそは取りたいと思っています。
さて本日は、そのダイヤモンドを持っている友人からANA深夜便の快適な過ごし方を教えてもらった中の一つに、「機内食でフルーツのみの食事だと、朝の到着後に体が軽いですよ」というのがありました。最近、健康志向を名乗っている私としては、これは実践してみようと思い、ANA特別機内食フルーツプラッターを食べてみました。結論、フルーツ好きにはたまらない特別機内食でしたね。添加物や保存料を一切含まない果物を使用した食事なので健康志向派の方にもおすすめかな。

7

続きを読む

ANAの羽田-バンコク深夜便の機内食。搭乗前の食事がおすすめかな。

タイへフライトはいくつかの航空会社があり、それぞれフライトの時間が異なります。そのフライトの時間帯によって機内食も変わってきます。旅好きの方の中には、機内食を楽しみにしている方も多いと聞きます。どちらかと言うと、私もそのうちの一人で、機内食が付いてない(別売り)LCCより少し高くても一般の航空会社の方が好きです。そういうのあり、以前にはタイ国際航空の機内食を紹介しました。「タイ国際航空の機内食。チキンorフィッシュ
本日は、2017年12月1日0時30分羽田発、バンコク(スワンナプーム)行きのANA深夜便(NH849)と、2017年12月5日22時55分バンコク(スワンナプーム)発、羽田行きのANA深夜便(NH850)の機内食をレポートします。結論としては、搭乗前に食事をした方がおすすめってなりましたけどね。

IMG_20171206_020049

続きを読む

スクートについて。二度目なので厳しくチェックしてみます!

スクートを初めて利用したのが去年の12月、その時のブログ「スクート航空を利用してみた。バンコクドンムアン空港-成田空港」を読み返してみると意外と良い評価をしてました。その時もパック旅行だったので、一番安いプランを選択したらスクートでした。
そして、今回も一番安いバンコクのパック旅行を探したら、その飛行機はスクート。ちなみに、今回の旅行費用は3泊5日で39500円と超激安。この価格で直行便だと飛びつく人は多いと思います。まぁ、その一人が私ですね(笑)。
前回の好印象もあったので迷わず選択したのですが、二度目というのはいろんなモノが見えてくるもの。「次回もスクートを使う?」と質問されたら、「ちょっと考えさせてほしい」という答えになりました。本日は厳しい目でスクートについて書こうと思います。今後スクート利用する際の参考にして頂ければと思います。

DSCF5126640

続きを読む