トゥクトゥクが電気化。利用する観光客減り料金上がるかもね。

タイのニュースに「トゥクトゥク電化に補助金、25年までに2万台強」とありました。現在LPGを燃料として爆音で走行している3輪タクシー(トゥクトゥク)を電化する計画。まず第一フェーズで100台で、最初の10台には費用の全額、残り90台には費用の85%が提供されるらしい。そして、2025年までに2万2000台が電化される見通しというもの。
本日は、トゥクトゥク電化によって何が起こるかな?を勝手に予測してみようかと思います。また、諸説いろいろあるトゥクトゥクの料金の中で一般的なものと、実際に私が利用した際の料金を紹介します。利用する場所によって料金が全く違いましたのでね。

tuktuk

続きを読む

2017年10月のタイ旅行はご注意下さい。※追記あり

2016年10月プミポン国王が崩御なさってから1年が経とうとしてます。2017年10月26日(火曜)の火葬日にあたり、同日はタイ国民が敬愛する国王に最後のお別れをするための休日となり、前後25日~29日に火葬式が執り行われる予定です。
それに伴い、タイ国全土にて多くのタイ人が喪に服します。この時期にタイ訪問する際、注意すべき点がいくつかあります。タイにおいて歴史的に大きな意味を持つ時期であり、日本人が恥ずべき行動をしないよう注意点をまとめます。アホな日本人にならないようお願いします。

平日なのに、ものすごい長蛇の列

ワットプラケオへと続く列

続きを読む

王宮前広場のナイトマーケットに行ってみよう!

プミポン国王が崩御なさり、9ヶ月が過ぎようとしています。故プミポン国王の火葬は2017年10月26日、王宮前広場に建設中の火葬場で行われます。タイの歴史が変わる日になりそうです。
さて、本日は故プミポン国王の火葬場近くに、知る人ぞ知るナイトマーケットがあるとう情報をみつけました。その王宮前広場近くには、バンコクのメイン観光地である三大寺院「ワットプラケオ」「ワットポー」「ワットアルン」があります。これは、一緒に楽しめるプランが作れるのでは?と思い、うまく回れるタイムスケジュールを考えてみました。

画面右は軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

画像はスクンビットの夜の屋台。暑くない夜のマーケットはゆっくり回れて良いと思う。

続きを読む

バンコク行ってきました。最新、タイの昼と夜の現状

ここ数日ブログを休んでいました。その間、バンコクをじっくりと観て回ってきました。2016年10月14日13日にプミポン国王が崩御なされてから1ヶ月半たったタイの現状はどうなのか?また、一般市民は30日間、公務員は1年間喪に服することを決めたタイ人は、どのように生活をしているのか?私からみたバンコクの現状を報告したいと思います。今回はドンムアン空港からバンコクに市内に入り、王宮前広場、ワットプラケーオ、エラワン祠、運河ボート周辺、そして夜の繁華街ソイカウボーイ、ナナ、テーメーのレポートになります。

平日なのに、ものすごい長蛇の列

平日なのに、ものすごい長蛇の列

続きを読む

11/1より一般開放されたワットプラケーオ。観光の注意点をまとめてみる

プミポン国王の崩御に伴い入場禁止となっていたバンコクの最大観光地であるワットプラケーオが、11/1より一般開放されました。一般観光客はウィセートチャイシー門から、8:00~15:30まで開放されており、弔問者は同じくウィセートチャイシー門から8:00~21:00までとなります。
本日は前にも何度か書きましたが、バンコクの観光として最も有名な観光地であるワットプラケーオを観光する際の最新の注意点をまとめてみようと思います。そして、ワットプラケーオからお薦めする観光スポットもご紹介します。

画像:タイ政府観光庁

ワットプラケオ内 画像:タイ政府観光庁

続きを読む

逮捕されたタイのゼロドルツアー犯罪手口。日本人も注意を。

 日本ん政府観光局によると、2016年8月に日本を訪れた外国人は、204万9200人で前年同月比で12.8%増であった。そのうちタイ人は3万4700人の10.9%増となり、東南アジアで一番多くなっています。やはり、儲けたいならタイ人向けにインバンドビジネスをやった方がよいですな。「商売を膨らませたいなら、これからはタイ人マーケットがおすすめ

 さて、今日はタイにおける犯罪について書こうかと思います。つい先日、バンコクの大手旅行会社OAトランスポートが中国人相手に組んだ「ゼロドルツアー」なるもので、旅行業法の違反容疑で、会長と取締役が逮捕されました。また、その逮捕に先立ち、タイ資金洗浄取締局により、バス2000台(約90億バーツ)と銀行預金42億バーツが差し押さえられました。
 以前は日本人被害もあった似たような手口で、中国人相手に暴利をあげたいたようです。まだまだ、タイにはこのような犯罪があるんだなと思いつつ、私も似たような経験をしたことがあるので、海外旅行初心者の為に注意点をまとめてみます。ベテランさんはスルーして下さい。

ワットプラケオあたりのトゥクトゥクは注意が必要。 画像:タイ国政府観光庁

ワットプラケオあたりのトゥクトゥクは注意が必要。 画像:タイ国政府観光庁

続きを読む

タイ気温40度越え、暑さと蚊対策でタイを楽しむには。

現在、タイは猛暑になっているそうです。タイのニュースによると、4月25日にバンコクで37.2度、ナコンサワンで43度、北部チェンマイでも40度と各地で気温が上がったそうです。その影響でエアコン使用が増えて、タイ発電公社によると過去最大の電力使用だったと。やばいですね。
 ゴールデンウィーク間近、タイ・バンコクに行く方も多いと思います。暑さ対策をどうするの?と少し悩んでいる方に、猛暑でもタイを楽しむ方法をいくつか紹介したいと思います。タイに詳しい方は基本知識ですのでスルーしてください。

ワットアルンの上からの景色。夕方は風が吹いて気持ちよくなります。が、昼は逃げ場なし。

ワットアルンの上からの景色。夕方は風が吹いて気持ちよくなります。が、昼は逃げ場なし。

続きを読む

バンコクマラソンで日本人最高位は9位

 先日、タイ語学校の校長先生が「生徒さんでバンコクマラソンに出ることが決まって張り切っている」と嬉しげに話してました。その話を聞いて、なぜ?バンコクで走らないといけないの?と疑問に思った私ですが、ホノルルマラソンが日本人に人気なので、もしかしたらバンコクマラソンも多くの人が参加するのかな?と思い調べてみると。

バンコクマラソンスタートは王宮近く。

バンコクマラソンスタートは王宮・ワットプラケオ近く。

バンコクマラソン公式ページはこちら
http://www.bkkmarathon.com/thai/

さすが、国際都市バンコクマラソンです。タイ語以外に英語、日本語、中国語のページがありました。って言うことは、日本人が多く見ていて参加しているってことになるのかな。開催日は2015年11月15日(日曜)になります。
ちなみに、コースは画像(公式ページから)の通り。

部門は、フルマラソン、ハーフマラソン、ミニマラソン(10km)、マイクロマラソン(4.5km)、ウォーカー(1.5km)となっており、参加者全員には記念Tシャツ、記念メダル、イベントスポンサーからプレゼントがあるそうです。
既に、申し込みは終了してました。もしかしたら来年参加してみようって方に、今年の申し込みスケジュールとエントリー代金を調べてみたところ。

一次締切(8月15日)
・フルマラソン 9000円
・ハーフマラソン 7500円
・10km 5500円
・4.5km 4000円

二次(最終)締切(8月31日⇒9月3日⇒9月14日)※旅行代理店とかが交渉して延びたようです。
・フルマラソン 11000円
・ハーフマラソン 9500円
・10km 6500円
・4.5km 5000円

来年は走ってみようって方は、8月になったら申し込んでおけば1000~2000バーツお得って訳です。
HISさんとかはツアーを組んでいるようで、2015年のツアー料金は一人129000円~139000円でした。二日前に現地に入って、一日自由行動があり当日は出発地点まで送迎してくれます。ゴール後は手配会社のバスに乗ってホテルまで戻り、翌日の深夜便で帰ってくる。なんともハードスケジュール。ランナーってすごいと思います。
ツアー参加者も多いようで、帰りのバスは時間をずらして3本出しているようです。

バンコクマラソンには賞金も出ています
・フルマラソン(男女) 1位30000B 2位15000B 3位10000B 4位7000B 5位4000B
・ハーフマラソン(各年齢グループ) 1位15000B 2位10000B 3位7000B 4位5000B 5位3000B
・ミニマラソン(10km) 1位15000B 2位10000B 3位7000B 4位5000B 5位3000B
※ミニマラソンは12-19歳の年齢グループのみ
・フルマラソン大会記録更新(新記録) 10万B(男子2時間16分10秒、女子2時間41分37秒)
・ハーフマラソン大会記録更新(新記録) 3万B(男子1時間6分45秒、女子1時間21分05秒)
・タイ人ランナー記録更新 10万B(男子2時間25分00秒、女子2時間50分00秒)
※タイ人ランナー記録はタイ身分書で参加できるようです。猫ひろしみたいな人がいるかも。

さて、優勝者を見てみると、バンコクマラソン(フルマラソン)は2010年から開催されていて、歴代の優勝者は全てケニア人。暑さに強いですもんね・・・

そして、日本人の最高位は2013年9位のISOMA HIROYUKIさんで記録は2時間54分32秒。

昨年2014年優勝はLukas Wambua Mutetiでケニアの方。二位はタイ人でしたが、一位との差は約14分。まだまだタイ人優勝者が出るのは先かもしれません。日本人最高位は26位でした。

今年こそは、タイ国開催だからタイ人に勝ってほしいと思うのであります。がんばれーー!

バンコクで大活躍する一冊


ポチっとクリックお願いします。

タイ激安旅行8 ワットアルン

バンコク三大寺院(自分が勝手にいってます)の最後にワットアルン。

タイで自分が一番好きなお寺です。

DSCF1824

 

対岸からワットアルンを見るのが良いとか聞きますが、自分は寺院内に入って、ゆっくり散策するのが好きです。とても落ち着くんだよな。

ワットプラケオ・ワットポー・ワットアルンはいつもセットで回るので、こちらも4回目。

なので、いつもと同じかな?と思っていたら、今回、初めて塔の上まで登れました。何故か?過去3回は時間帯が悪かったのか、チェーンがかかっていて上には登れませんでした(入場料を払うところも閉まってました)。

ちなみに、お支払いしたのは50バーツ。何となく払わなくてもよさそうでしたが、外国人である自分はケチっては駄目だと思い気持ちよくお支払いをしました。

そして、なんとも急な階段を登ってみることに。

DSCF1826

 

上からの写真では伝わらないかもしれませんが、高いところが好きな自分でも、かなり怖かったです。正直、降りる時は足が竦みました。それと、普段とは違う筋肉も使うようで、その日の夕方は筋肉痛になってました。十分に注意して下さい。

ただし、登ったら景色は最高。

DSCF1827

 

ワットアルン側からチャオプラヤー川を望む景色が好きなんです。

ワットアルンの正式名はワット・アルンチャワラーラーム。ワットアルンの名前の遍歴はワット・マコーク→ワット・マコークノーク→ワット・マコークナイ→ワット・ジェーン・・・ きっと試験にはでません。笑

三つの寺院では一番古いもの。

ワットアルンではゆっくり時間を使うことをお勧めします。ワットプラケオ側とはこんなに温度差があるのか?と思えるくらい、チャオプラヤー川からの涼風があると気持ちよく過ごせます(無いと地獄かも)

それと、寺院内には観光客が何か困った時に頼りになるツーリストポリスもあります。

DSCF1822

 

こちらに頼らないのが良いんですけどね。

ここで寺院めぐりを最後にするのが好きなコース。何となくですが、静かに終われるので。

 

>>>タイ激安旅行9 タイのクラブを探索してみました。
<<<タイ激安旅行7 ワットポー

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓


シリーズ三冊持ってます。
街中での買い物、食事に威力発揮する一冊。


タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

タイ激安旅行6 ワットプラケオ

チャオプラヤーエクスプレスボートでtha changまで行って、そこから徒歩で3.4分程度でワットプラケオに着きます。行く途中の屋台はタイらしさがあって、とても好きな雰囲気。

白い壁に囲われたワットプラケオの入り口は多くの人が出入りしています。まぁ ここでいろいろスリとかがカモを探しているんだろうと思います。

門を潜ると左手に見えてくるのがワットプラケオ。

IMG_0028

 

カメラポイントでしっかり撮影してきました。見えている壁の向こうに入ります。

が、その前に入場券を購入しないと駄目。

なんと!!外国人は500バーツ!(2013/5/29現在) 高いぃぃぃ・・・

IMG_0029

 

事前情報で値上がったのは知ってました。でも、500看板があまりにも露骨に付け加えられている。。。自分は中に入りませんでした。だって、3回も入っているのでイイかなと思って。友人は初タイだったのでチケット買って入っていきましたけど。

友人を待つのに時間があるので、入り口付近で様子を伺ってみました。と言うのも、ガイドブックや来る途中の現地案内スタッフが必ず伝えてくれる服装チェックがどんなものか見たくて、30分程度ですが入り口チェックしてみました。

IMG_0033

 

見てて、最初に服装チェックで入れなかったのが欧米人(国は分からなかった)。キャミソールっぽい上着にスカーフを巻いてましたが、アウトでした。続いて、短パンで入ろうとした中国人。それゃ駄目だろう・・・ちゃんと事前調査しろ!と。続いて日本人・・・膝くらいのスカートでアウト。30分で4人ほど服装チェックで戻されてました。

服装に関しては、ワットプラケオ入り口付近でアウトになりそうな人に服を貸す人が声かけているのですが、それもスルーして入ってくるって。。。聞いたところ20バーツで借りれるみたい(上下のどちらか一つ)

タイ観光では必ずチェックしたほうが良いワットプラケオ。最大の注意点としては、やはり服装。そして暑さ対策。バンコク市内だとクーラーの効いた建物に逃げ込めますが、この付近に来ると逃げ場所がありません。

30分後の待ち合わせ場所を入り口付近にしたら、ちょっと面白い光景が。

DSCF1815

 

ワットプラケオの各入口には兵士が立っているのですが、メイン入り口は詰め所になっているのかな?多くの兵士が待機しています。兵士なのでまっすぐ立っているのですが、彼とのツーショットを取る観光客が多くいました。中には真横に立とうとする人も。その人は偉そうな人におろされてました。

兵士とツーショットも良い思いでになるかも。

記事戻り⇒タイ激安旅行5 チャオプラヤーエクスプレスボート
記事進み⇒タイ激安旅行7 ワットポー

 

海外ホテル予約はアゴダでしてます。
↓  ↓  ↓  ↓



シリーズ三冊持ってます。
このあたりの観光地では英語が通じます。

ランキング参加中☆
↓↓ポチっとお願いします。

タイ旅行 ブログランキングへ

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ