今年いっぱいでバンコクの屋台が全面排除されるかも。賛成?反対?

ここ数年、いくつかバンコクの屋台撤廃について触れてきました。「バンコク・カオサン通りから屋台が消える!?」「バンコクの夜の屋台が消えてた。寂しいものだなぁ ※追記あり」「2017年1月バンコクの屋台が半復活してた件」。最後にバンコクで見たのが今年の1月。この時は撤廃されていたスクンビット地区に屋台っぽいのが復活していました。
このほど、バンコクのワンロップ・サワンディー都知事は、 今年いっぱいでバンコク都下全域で路上屋台を排除すると宣言しました 。今回の決定はバンコク都下50地区で例外なく執り行い、カオサンやヤワラートも含まれると語ったそうです。もし、本当に全面排除が実施されたら、いち観光客としては寂しい限りです。でも、見方を変えたら正当だとも思えたりする。良い機会なので、いくつかの面で屋台全面排除を考えてみようかと思います。だって、日本では相当前に街中の屋台は無くなりましたから。

画面右は軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

今のところ、画面右は歩道に出てない軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

続きを読む

GWに初めてバンコクに行く方へ、昼の1日フリープランを考えてみた。※訂正あり

日本旅行会社JTBのまとめたGWの旅行動向によると、海外旅行に出かける日本人は前年比1.2%と増加した59.5万人となっており、アジア地区で見てみると韓国、中国は前年比より落ちたものの、台湾、香港、タイは前年比増になりました。タイだけみると、前年比2.6%増の約4万人が旅行にいくようで、その中には「はじめてタイに行く」という方も多いと思います。
そこで本日は、はじめてタイ(バンコク)へ行く方へ、私からフリー日のおすすめな過ごし方をご提案しようかと思います。いくつか楽しめるプランはありますが、その中でも食事とマッサージと買い物を楽しめるプランを考えてみました。初めての方用の夜遊びや、フリーでのバンコク市内観光は別の機会に紹介したいと思います。ちなみに、持っていくもののオススメはこちらのブログでどうぞ。「初めてのタイ旅行で持っていくオススメなもの

ワットアルン

続きを読む

ジャパンゴルフフェアに参加したタイの4コース。

基本、私はタイへ1人で行くことが多いので、ゴルフをする機会は数回しかありませんでした。フリー1人でコースに行くという人も多いと聞きますが、そこまでしてプレイたいとは思わなかったし、バンコクで初めて回った時が猛暑で辛かった覚えがあったので、無理して行かなくても良いかと思ってました。しかし、一昨年にパタヤで2つのコースでプレイした時は、気候もコースも良く、一緒に回った友人にも喜んでもらいました。もちろん、私も充実したラウンドができ、「タイでゴルフって楽しい!」と思いました。
実際、タイには200以上のゴルフコースがあり、世界で活躍するプレーヤーも沢山います「タイ人ゴルファー「アリヤ・ジュタヌガーン」が凄い。藍ちゃんと比較してみた。」。ある意味、東南アジアのゴルフ天国とも言えるかも。
そんな折、横浜で「ジャパンゴルフフェア」が開催され、そこでタイの4つのゴルフ場の担当者が来日をし、日本の旅行代理店にセミナーを開いたそうです。本日は、日本に来日してアピールしてくれたタイのゴルフ場を応援したく、その4つのコースを紹介したいと思います。料金なども調べてみました。

緑が綺麗なサイアムカントリークラブ

私がプレーしたサイアムカントリークラブ

続きを読む

バンコクのBRTが廃止撤回。良かったのか悪かったのか?

バンコクの交通手段であるBRTをご存知だろうか?何度かバンコクに行ったことある方なら、MRTやBTSを知っていて利用していると思うのですが、BRTを知ってたとしても、乗ったことあるという方はほとんどいないかと。という私も、BRTの存在は知ってましたが、乗ったことはありませんし、一度も見たことがありませんでした。
そのBRTが廃止決定後に、その廃止が撤回されたとありました。今後も利用することないかもしれませんが、どのあたりを走っているのか?今後、撤回後の料金はどうなるのか?を調べてみました。正直なところ、MRTパープルラインと同じくらい利用する機会は少ないかも「バンコクの日本製車両パープルラインを使ってみようと近くの観光スポットを調べてみたが。。」。でも一度は乗ってみようかなと。

黄色のラインがBRT 画像:wikiより

黄色のラインがBRT 画像:wikiより

続きを読む

女性におすすめバンコクの旅。タイを好きになってもらえそう

先日、関西に住む友人から「再来月にタイに行くんだけど、どこ行ったら良いかお薦めを教えてくれる?」と連絡が来ました。彼女は主婦でありながら、仕事で全国を飛びまわったり、研修などでドイツに行ったりする行動派。どんなところをお薦めしようかな?と考えていたところ、タイ国政府観光庁のWEBページに面白そうな旅行パックがありましのでチェックしてみました。これを基本に、少しアレンジした旅行プランも考えてみました。これから女子旅でバンコクに行かれる方の参考になればと思います。

futta0664m

続きを読む

バンコクに新しいゴーカート場、インパクトスピードパーク

バンコクの情報をチェックしてたところ、新しいゴーカート場情報が目に止まりました。私はゴーカート大好き!まぁ、遊びレベルなのですが、日本では何度か遊びに行ったことありますし、タイ・パタヤでもゴーカードをしました。パタヤでのゴーカートは友人と一緒に行き、各周回ごとのラップが出てタイムを競うのが楽しかった。その時のベストタイムは私が出させてもらいました。えっへん!詳しくは過去ブログでどうぞ⇒「この季節ならタイでゴーカート。かなり気合入ります。
私のように、たまにはゴーカートで盛り上がりたいという方に、バンコクに新しいゴーカート場の情報をお伝えしようと思います。昨年12月にオープンしたばかりなので、最新ゴーカートもあるようです。

92016-12-06-impactspeedpark-39

画像参照:http://www.impactspeedpark.com/

続きを読む

BNK48に思うこと。タイマスコミは冷ややかですな。

去年のブログ「「BNK48」がタイで成功するにはを考えてみた。」で紹介した、バンコク版AKB48であるBNK48が、今年のジャパンエキスポタイランドで初お目見えしました。実は、この前後にタイマスコミ関係者からフェイスブックなどのSNSに「彼女達は厳しく管理されているのはしっているのか?」とか「恋愛を規制したり、学校も指定のところに入学するなど無理があるんじゃないか」の内容コメントが相次いだらしい。知っている方も多いと思いますが、タイのタレントはプライベート等を普通にSNSで投稿するし、彼女達が恋愛を隠しながらするのは無理あるんじゃないかと思われてます。これらの日本式アイドル管理法に、賛成派と反対派で議論になっているそうです。
ここで、アイドルには全く疎い私ですが、いちタイ好きとしてBNK48が成功する為に、もう一度何が必要かを考えてみようかと。今までと同じ方法だとタイでは失敗しそうな感じがするんですよね。

BNK
続きを読む

タイラーメンก๋วยเตี๋ยว(クイッティオ)。バンコクでオススメのお店

クイッティオ?クァイティオ?クウィティオ?タイ語ก๋วยเตี๋ยวを日本語で表記してみるとクァイティオの方が近いですが、私は聞き取りが苦手な方なので、今でもタイ人から聞くとクイッティオと聞こえてます。この辺りが語学の力不足を感じるところですが、私は語学でお金を稼ごうとは思っていないので、あまり気にしないことにしてます(苦笑)。
本日はクイッティオの基本的知識から、最近気に入っているバンコクのオススメクイッティオ屋台の場所をご紹介したいと思います。日本にある多くのタイ料理店では、ランチメニューで定番のクイッティオ。タイではスープや麺、具材をいろいろ違いがあり、選びながら違いを楽しんで食べることができます。クイッティオが美味しくなる基本知識を、ご紹介したいと思います。

私はコクを出すのに砂糖を入れます^^

私はコクを出すのに砂糖を入れます^^

続きを読む

スワンナプーム空港でタイ料理を安く買える場所の行き方

ブログ「スワンナプーム空港で安くタイ料理が食べれるところ」で紹介したスワンナプーム空港内でタイ料理のお弁当やらを買える場所の行き方になります。

①3Fから駐車場へ向かう
空港の搭乗ゲートを背にして一番右側にある駐車場へ行ける通路出口に向かいます。駐車場に抜ける通路はいくつかありますが、駐車場内で繋がっているので間違っても大丈夫です。
DSCF4918
続きを読む

スワンナプーム空港で安くタイ料理が食べれるところ

タイ滞在が終わり、日本へ帰国する際にスワンナプーム空港で、何か食べようとレストランに入ったら「街中より高いな」と思う方は多いのではないでしょうか。
空港内は、ハンバーガーやイタリアン等の外国人向けのレストランが多いのもありますが、タイ料理を出しているお店でも街中の1.5~2倍の料金になります。空港料金というのは分かりますが、タイリピーターの私としては、街中で1食40バーツ前後で食べれたものが、空港では100バーツ近くになると食べる気がなくなります。バーツを使い切りたい人には関係ない話ですが。
今日はタイリピーターには知っておいて損はない情報になると思います。スワンナプーム空港近くで、バンコク市内の価格と同じで美味しいタイ料理が買える場所を紹介します。

DSCF4908
続きを読む