テレサ・テンが生前最後に泊まったタイのホテル

タイの情報をチェックしていたら、「テレサテン・ミュージアムに、多くの日本人ファンが訪れる」が目に止まりました。それによると、テレサ・テンのミュージアムが生前最後に宿泊していたタイ・チャンマイのインペリア メーピン ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)の部屋にある。そして、こちらはオープンして7年になり、今でも冥福を祈るファンが毎日200人は訪れている。
テレサ・テン!懐かしいと思いつつも、今の若い世代で知っている人も少なくなって来たんじゃないかな。タイへ行くきっかけの一つになるか?は微妙ですが、本日はテレサ・テンが生前最後に宿泊していたタイチャンマイのホテルと、アジアの歌姫であったテレサ・テンをチェックしようと思います。

テレサテン

アジアの歌姫テレサ・テン

私の覚えているテレサ・テンは、中国系で妖艶な魅力のある歌手であっという間にいなくなった。ですが、調べたみたら凄い歌手だって分かりました。多くある彼女の経歴から、いくつか抜粋すると。

1953年 台灣にて生まれる
1954年 10歳でラジオ局主催の歌唱コンテスト優勝
1960年 16歳で主演映画で女優デビュー
シンガポール・タイ・マレーシアで人気に。
1974年 日本歌手デビュー
「空港」で第16回レコード大賞新人賞受賞
1979年 パスポート問題で1年間の国外退去処分
日中国交正常化の影響だとされている。
1980年 台湾での歌手活動再開、活動拠点は香港
中国本土で大人気になり、政治上、中国で歌の放送禁止に。
1984年 日本再デビュー
「つぐない」が有線放送大賞など数々の賞を受賞
1985年 「愛人」が大ヒット
有線放送リクエスト14週連続1位、紅白初出場
1986年 「時の流れに身をまかせ」が大ヒット
二年連続紅白出場
1986年 中国でテレサの歌が解禁
米タイム誌の世界7大女性歌手の一人に選ばれる
1987年 日本の歌手活動休止 香港へ
1989年 単身パリへ移り住む
この頃から体調を崩す
1995年 静養で訪れたタイ・チェンマイで死去
当時42歳

※wikiより抜粋

日本での活動はわずかでしたが、「つぐない」「愛人」はそれぞれ150万枚、「時の流れに身をまかせ」は200万枚の売り上げの大ヒット。下積みをするとかのレベルでなく、才能に溢れていたのだと思います。今聴いても心にぐっときますからね。

売上200万枚の「時の流れに身をまかせ」。思わず口ずさんでしまう。

台湾での彼女はあまりにも偉大でした。それがゆえ遺体は火葬されず土葬されたそうです。この際、エンバーミングが施され没後50年は生前の姿であり続け、台湾では蒋介石、蒋経国、テレサ・テンの3人だそうです。まさに国宝中の国宝。

あらためて、凄い歌手だったんだなと。そして、彼女が最後に宿泊したのがタイ・チャンマイにあるインペリア メーピン ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)。没後20年経った今はどうなのか?チェックしてみました。

チェンマイのインペリア メーピン ホテル(The Imperial Mae Ping Hotel)

タイのチェンマイと言えば、日本人にも大人気のエリア。タイの中でも涼しい気候に恵まれ、物価も安く過ごしやすいと言われています。テレサ・テンが最後に宿泊したのが1995年になりますから、今から20年以上も前。当時からあったインペリア メーピン ホテルは良いホテルだったのいでしょう。

アゴダでホテル評価を調べてみたところ、7.8(口コミ3790件)。うーん微妙な点数、そこで日本人だけの口コミをチェックしてみると。

良い口コミ
「朝食の種類が多く、食事を楽しむことができた。」
「場所もよく、サービスや料理の内容など、安心出来るレベルの高いホテルだと思います。 ・・・が、かなーり古いです。」
「設備的には、最新設備ではありませんが歴史を感じさせる雰囲気があります。近くのナイトバザールでは、タイ料理を満喫できます。」

 

悪い口コミ
「個人的には少しがっかりでした。スタッフがみなさん雑・・」
「従業員教育がなされていない。設備もぼろい。」
「カウンターの中の女性スタッフの愛想が悪すぎる。何を聞いてもそっけない。」

アゴダの口コミより

どうやら歴史あるホテルって感じですね。設備の老朽化がカバーしきれてないといったところでしょうか。でも、ロケーションとかプールとかは良い口コミが多いです。

悪い口コミはホテルスタッフの態度だったりが多いかな。ここはホテルマンとしての教育がなされてない部分かも。超一流ホテルとの違いは、この部分が大きく出ますね。ただし、私は泊まってみたいと思いました。

一つ注意点としては、中国の団体さんがいるのは必須っぽい。そこを考えると微妙だけど、、それなりの覚悟が必要ですな。

そして、気になる宿泊料金は

5/11時点で5/20-21の1泊が4650円(※朝食抜き)。朝食入れると500円ほど上がります。そして、ロイヤルスイートでも1万円ちょっとでした。ただ、正価っぽい55000円を消した後を残す謎価格もありました。この価格差は信用ならないと思っちゃう。早く消した方が良いと思いますね。

どちらにしても1泊5000円以下なら良いかも。この料金だったら、外れても仕方ないと思えますしね。

テレサ・テンミュージアム入場料

そして、もしこのホテルに泊まったらテレサ・テンミュージアムに行くべき、だとは思うだが、その入場料金は宿泊者500バーツ(約1500円)、一般600バーツ(約1800円)だった。。

高っ!

毎日200名ってことは、少なくとも1日売上10万バーツ。儲かってますな。私は行かないかな。テレサ・テンは歌を聴いてれば良いや。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
500バーツって言ったら、タイナンバー1観光地ワットプラケオと同じじゃん。私的にはありえん。200名って団体が中華系の団体が来るのかな・・嫌だ!!!

とても貴重な画像ですな。

タイの相談はお気軽に♪
無料メールコンサル(1往復)を行っています。
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ


参加中☆ポチっとお願いします。