タイでの交通事故は罰金より辛いかも

 バンコクに行ったことがある方は分かると思いますが、タイ人ドライバーの運転の荒さや礼儀の無さは日本とは比べ物になりません。
 ブログでもタイでは運転したくないと書いてきましたが、事故や保証などを考えると、できれば車にも乗りたくないとも思います。もちろん、事故にあうのは日本でもタイでも嫌なものですが、日本とタイとは比べ物になりません。と言うのも、もし事故をしたりされたりして死んじゃったら、残された遺族が苦しむから。

DSCF1799

 タイでの人身事故の罪は、10年の懲役又は2万バーツだそうです。ただ、多くの場合は示談が成立するケースが多いそうです。示談が成立しない場合では、事実を認めると一年半の懲役又は罰金となるそうです。
 問題は死亡したら保険がいくらか?ですが、実はタイでの保険は相手を死亡させた時に最大で100万バーツ位だそうです。。現在のレートですと約330万円。
もし、一家を支える大黒柱だったら330万円(最大でも)で家族に何がしてあげれるでしょうか。もし、障害などをもってしまって働けなくなったら、さらに厳しい現実が待ち受けているはずです。
そして、その任意保険加入率は30~40%となれば、全く保険金が入らないってこともありえる訳です。私はタイ人の運転は荒いし下手だと思います。10年前に私は酔っ払うと車なんて怖いくないと思いながら、車道を歩いていた自分がおりました。つくづく良かった生きてて。
 タイの事故関連を調べれば調べるほど、タイで運転やタクシーに乗りたくないと思ってしまいます。乗る場合え嫌なケースとして、タクシーで怖かったのが三回ありました。一回目は運転手が今にも眠りそうな状態で高速を運転している時で、その頃はタイ語も話せなかったので話しかけて眠さを飛ばして上げることもできず、ひたすら無事に着くのを祈ってました。二回目は喧嘩した時。そして三回目は古いタイプの車で高速で120キロ以上のスピードでガタガタ音を鳴らしながら走った時です。
 では運転する?と言われると「NO」と言いますが、よくよく考えてみると、一番安全なのは自分の運転ってのも考えらる訳です。自分の運転なら安全運転するし、頑丈な車に乗ればぶつけられても無事でいれるかもしれません。下手な運転手の事故に巻き込まれるなら自分責任の方が良かったりもするかも。基本が嫌ですが日本のように二種免許を取ったわけでもないタイ人に命を預けるのは・・・考えものです。

万が一、仕方なく自分で運転をすることを選んだ場合に気になるのが罰金。
もみ消しなどいろいろあるようですが、罰則金を調べてみました。

・ヘルメット装着違反200ー500バーツ
・無免許運転1000バーツ
・飲酒運転6000ー20000バーツ
・駐車違反300-1000バーツ
・騒音車両500-1000バーツ
・信号無視300-1000バーツ
・Uターン禁止200-500バーツ
・道路進路指示違反400-1000バーツ
・交通事故500バーツ~
など

あくまでもタイ人違反額のようなので、外国人にはこれより高く言われることが多いかもしれません。私もプーケットでヘルメット装着違反した友人は1000バーツ払った聞いたことがありました。私個人はパタヤでバイク駐車違反で200バーツを警察に払って見逃してもらいました。

タイでの交通違反は見逃してくれる。ということを耳にします。見逃してくれると言うよりも、警察官のお小遣い稼ぎという見方の方が多いようです。様々なケースでタイ警察が見逃してくれることが多いようです。
 しかし、先日覚せい剤で逮捕された日本人を助けようと賄賂を持っていった日本人まで逮捕されたというニュースのように、「お金さえ払えば見逃してくれる」という考えで行動はしてはダメかと。少しだけタイ警察を信用できた部分でもありました。ほんの少しだけですけどね。

これ一冊で安心できますビジネスバーション