タイ不法滞在の罰則が厳格化。しばらくはパスポート持ち歩いた方が良いかも

先日のブログ「タイ好きの方、オーバーステイにご注意下さい。」にて、超過滞在・不法滞在の罰則が厳格化すると書きました。早速、2016年3月20日に施行される前に、パタヤやチェンマイなどの繁華街でタイ移民警察による一斉摘発があったようです。
今まで一度もパスポート提示を言われたことなかった私ですが、基本に戻り次回のタイ旅行は、パスポートを持ち歩くようにしようかと思っています。だって、万が一摘発にかかってしまったら、警察に説明するのも面倒だし、言いがかりで賄賂の要求や時間の浪費をしたくありませんしね。以前にも書きましたが、3月20日から罰則強化される内容は以下になってます。

画像:youtubeより

画像:youtubeより

「オーバーステイ90日以上で1年間、1年以上で3年間、3年以上で5年間、5年以上で10年間のタイ入国禁止。」
今までは、ビザが切れたオーバーステイは「最大2万バーツ払えば再入国制限はなし」でしたので、かなり厳格化されたと思います。

ちなみにパスポート携帯義務の基本知識として、
タイにおいてパスポートは必ずどこへ行く時も携帯の義務があります。パスポートを携帯していないと罰金刑になり、逮捕されることもあります。そして、パスポート不携帯の罰金をぐぐってみたところ、100バーツってのがありました(約315円※2016年2月換算)。

本当にパスポートを持ち歩かなきゃダメかな?思い調べたところ、外務省のWEBページではパスポートのコピーを持ち歩けって書いてありました。

パスポートの携帯等
警察官又は入国管理局職員に職務質問された際,パスポートを携帯していない場合,罰金や身柄を拘束される可能性もあります。パスポート(最低でもパスポートのコピー)を携帯し,職務質問を受けた場合には直ちに提示できるようにしておいてください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=7

この「最低でも」ってところが気になりますが、不法滞在ってことだから有効期限が明記されているパスポートのコピーで大丈夫のような気もします。ただし、警察もアピールするでしょうから、しばらくは携帯することに越したことはなさそう。その際は、パスポート紛失だけは十分に注意しなければなりません。パスポート再発行は、かなーり大変ですからね。
そう言えば、タイに初めて来た頃を思い出しました。その頃は、首からぶら下げる袋にパスポートをいれてシャツの下に隠して持ち歩いてました。最近では、コピーすら持ち歩いてません。。

でも、オーバーステイしている日本人ってどんな人物像か想像してみると、日本に戻っても厳しいかもしれません。そのような人の事情は様々でしょうが、戻れないってことは「帰りのエアチケット代がない」「戻っても居場所がない」「戻っても仕事がない」とかが多いのかな。そのような人が戻ったら、、何か嫌な予感がするのは私だけでしょうか。「タイと日本の自殺率

もし、身近でタイから強制送還された人がいたら、慎重に接したいと思います。


ポチっとクリックお願いします。

タイトルとURLをコピーしました