タイの人気マッサージ店がダメだった件。

3月31日の本日は年度末。多くの日本人にとっては、学業的にも仕事的にも区切りがある時期です。私もコンサルしていたタイ古式マッサージ店の売上が、目標金額に達して安定期に入ったので一段落着きました。少し時間的に余裕ができたので、多くの方に接する時間を増やそうかと思っています。今日のブログの最後にキャンペーンの詳細を書きますので、興味ある方はご連絡下さい。
さて、本日は久しぶりにバンコク・有馬温泉でタイマッサージを受けた時に、これゃダメだなと思ったことについて書こうと思います。今回ダメだと思ったことは、これから日本のマッサージ店も注意していくべき点じゃないかなと。最近は日本人だからできるクオリティの高いマッサージ店とは何か?を研究し始めたので、一般の観光客目線でお店をみることはせずに、より厳しい視点でチェックしてみました。

2

続きを読む

マッサージ師を知れば売上は上がる

今まで多くのマッサージ店を見てきましたが、売上が上がる店と売上の下がるお店というのは明確に分かれます。その要因は「セラピストの雰囲気」によるものが多く、それはマッサージの内容(提供する商品)に出てきます。
本日は、タイ古式マッサージ店でタイ人と日本人のマッサージ師を使う上で、導入部分で注意すべきことを書こうかと思います。もちろん、日本人だけ採用しているマッサージ店の参考にもしてもらえたらと思う。

売上

続きを読む

今年もタイマッサージ店の売上アップをお手伝いしたい。

昨年は多くの店舗の栄枯盛衰を見てきました。年初に掲げた目標を見事にクリアした店舗から、何とか前年売上をキープした店舗、そして、それらの店舗とは違い、売上を上げるにの苦しみ縮小を迫られた店舗もありました。そんな中、私がお手伝いした(本格的にコンサルに入った)タイ古式マッサージ店は、12月に単店舗で月商400万円を越えて、年初に目標とした数字をクリアすることができました。昨年末はタイ古式店舗のオーナーと美味しいお酒を飲むことができました。
そこで本日は、昨年までの店舗コンサルの実績を元に、私からみたタイ古式マッサージ店やタイ料理店など、タイの魅力を感じれる「売上があがるだろう店舗」について書こうと思います。今年も一人でも多くの人に「タイに興味をもってもらいたい」という思いから、売上に困ったいるタイ関連の店舗をお手伝いしたいと考えています。

ブログ用文字

続きを読む

二度と行きたくなくなるお店と、また行きたくなるタイ料理店。

先日、タイ料理店でランチをした時のお話。都内の某所で打ち合わせを兼ねてランチをすることになり、確実に席も確保したかったので11時30分にお店で待ち合わせすることにしました。そのお店は都内のオフィス街で、複数の飲食店が入っているフロアの一角、いわゆる飲食店の一等地です。場所が良いので集客などには困らない立地だからなのか、サービスが・・でした。私も大人になったので、そのお店は何も言わずに去りましたが、同じような思いをしている方も多いのではないかと。
それでも、私はタイ好きを増やしたいという思いから、そのお店を例にして「二度と行きたくないお店と、また行きたくなるタイ料理店の違い」を、タイ料理店経営者に届けと願いを込めて書こうと思います。あくまでも、私からみた考えなので、違うという方はスルーしてください。

ブログ用文字

続きを読む

前年比売上200%達成のタイ古式マッサージ店のお話。

本日は少し真面目に仕事の話。私の本業は集客コンサルティングです。リクルートフロム・エーで求人の仕事に携わってた時に、「人が組織をつくる」ことを学びました。その後、ベンチャー企業で経営に携わってた時は、「組織が人をダメにする」ことを学びました。いくら良い人材を入れても良い仕事(適材適所)を与えなければダメで、良い仕事があっても組織がダメなら人は育たない。これは何千という実店舗の決済者と話してきた経験からでもあります。
そして、マッサージやほぐし店の集客コンサルをするようになってから、求人の仕事をおこなっていた頃のより、人の教育を重んじるようになりました。だって、言い方が悪いですが、この業界は他の業界に比べ「人が商品」という部分が大きいからです。そこで本日は、ここ一年で前年比売上200%を達成したお店の実例を、私が提案した内容を含め紹介しようと思います。売上で伸び悩んでいる店舗の参考になれば幸いです。

ブログ用文字

続きを読む