衰退していくマッサージ店を救いたい。

今日は久しぶりに仕事のお話。私の本業は集客コンサルティングで、複数店舗展開を構想に入れているオーナーさんをお手伝いしています。現在は、タイ古式マッサージ店の複数展開の準備をしており、着々とプロジェクトが進んでいます。私にとって、タイ関連のお店展開は楽しくてたまりません!とてもワクワクしています。
さて、本日は衰退していくマッサージ店について書こうと思います。一時期、私もお手伝いしていたお店なので、何とか立て直してもらいたいとの思いがあります。でも、何をするかの判断はトップ。どれだけ柔軟に対応できるかが、お店再建の鍵になります。「売上が落ちている」「スタッフが定着しない」「上手く回らない」などの悩みを持たれているオーナーさんのヒントになればと思います。

ブログ用文字

続きを読む

タイ・バンコクでセラピストの施術着を買う。

前回のタイ旅行の目的の1つに「セラピストの施術着を買う」というのがありました。これは、日本にあるタイ古式マッサージ店のタイ人の店長から依頼されたものであり、購入するお店と施術着の色まで指定されました。その店長は、何度かバンコクに行って買い付けをしており、指定されたお店もお気に入り店舗の1つ。場所はチャトゥチャック市場に併設されているチャトゥチャックプラザにあり、平日もやっているとのこと。私は、チャトゥチャックプラザは行ったことなかったけど、まぁ何とかなるだろうと行ってみたものの、かなり遠回りして辿り着きました。
本日は、タイ人店長が気に入っている施術着など販売しているお店の紹介をします。最初は迷いながら辿り着きましたが、それはそれで面白かったでした。最後に代理買い付けについてと行き方のリンクを貼っておきます。

続きを読む

バンコクのジンギスカン屋。ここまでしなきゃね!※こだわり編

飲食店の経営は厳しい。これは日本でもタイでも同じこと。このブログを通じて、先週も東京で3店舗経営しているオーナーから相談を受けました。その相談の中で出てきたのが、「飲食店は大変である」ということ。私が求人の仕事をしてた時にもあった人の問題が深刻のようです。その社長さんとは、来年にマッサージ関連の新プロジェクトを一緒にできそうなので、今からワクワクしています。

さて、話は飲食店に戻り、今のタイでは多くの日本食店が撤退に追い込まれているという現状があります。「まだまだ日本食はブームだから出店のチャンス」とか言っている偽コンサルには引っかからないようにして下さい。
昨日のブログ「バンコクのジンギスカン「しろくま屋」。美味しかったぁ~※実食編」で、日本にある人気ジンギスカン屋と引けを取らないと思えるお店を紹介しました。そのお店には「今後飲食店をする上で参考になる点」がいくつかありました。

飲食店をやられている方には「当然のこと」と思う方も多いでしょうが、日本でもバンコクでも「当然のこと」ができないお店が沢山あります。本日は「バンコクのジンギスカン屋で学べる5つのこと」を紹介しようと思います。

バンコクのジンギスカンで学ぶ5つ

続きを読む

銀座のマッサージ店で6ヶ月で売上3倍のお話。5つのヒント

たまーに書こうと思っている仕事のお話。一応、私の本業はコンサルティングになります。現在もいくつかマッサージ店の土台作りをお手伝いしていますが、本日お話するのは4年前にお手伝いしたマッサージ店でのこと。4年も経てば、マーケットも変わってますので全て当てはまるとは限りません。でも、現在お手伝いしている店舗さんも同じような問題をクリアして、前年比150%を6ヶ月連続クリアしてますので、売上アップの施策は同じじゃないかなと考えてます。その一部を紹介します。売上に悩んでいる店舗さんのヒントになればと思います。

78489679945db3a80a1f6a9589b63fa6_s

続きを読む

集客の基本は写真にあり!少し真面目に書きます。

サラリーマン時代は広告ばかりやってきました。求人広告からSP広告を紙面媒体やWEB媒体で扱ってきました。その扱ってきた多くの広告には写真を使用し、その写真はプロのカメラマンに撮ってもらったり、制作担当者に撮ってもらったり、そして私自身で撮ったり、と顧客の予算によって使い分けてきました。
本日は、少し真面目に写真と集客について書こうと思います。より効果的な集客には写真は必須。でも、プロカメラマン(フォトグラファー)に撮影してもらったからって、集客に繋がるとは限りません。どんな写真を使うのが良いのか?の基本的な考え方について伝えれればと思います。広告関連の人は基本的すぎるのでスルーで。集客に困っているお店に見てもらいたいな。

カメラマン

続きを読む

タイ進出に向けて相談受けました。

このブログでは、様々なタイ関連情報を発信していますが、私の本業は店舗コンサルティングです。主に集客効率を上げる為のお手伝いをさせて頂いています。その中でも得意なのはリラクゼーション系(マッサージ系)ですが、タイ関連はある程度の知識は持っているつもりです。
つい最近も、このブログ経由でタイ進出の相談を受けました。今までの多くの相談を受けていますが、今回の内容は「これからタイへ進出たいと考えているが、どのような点を注意したら良いか?」。ちなみに、その方は日本でのビジネスは安定しており、今後はタイに限らず東南アジアで展開をしたいと考えてました。本日は、このようにタイ進出の初期段階で悩んでいる方向けに、その時にお話した内容を掻い摘んで書こうかと思います。タイ進出を考えている方の後押しができたら良いな。

タイにおける在留邦人数ベスト3(在タイ日本国大使館)

バンコク 46367人
チョンブリー 5814人
チェンマイ 3018人

続きを読む

タイへの進出は慎重に。こんな人には騙されるな!

約5年前、私もタイへ事業進出を考えていました。ただ、何をするかは決めてなく、良いものはないかとタイ訪問を繰り返していました。その時に出てきた中の一つが「ヨガ教室」でした。その情報を日本で入手し、スグに現地確認をしました。しかし、当初の情報にはマイナス要素が多く含まれており、その投資はやめることにしました。
このようなケースとは別に、日本人がタイ進出をしたが思い通りに行かないことは多くあります。普通に考えれば、進出しないでしょ!?という案件でも、飛びつく人がいます。当然、決断をした本人が全ての責任を負うわけですが、決断をする前に「ちょっと待って」と言いたくなる案件も沢山ありました。本日は前にも書きましたが「今年は東南アジアへ!タイ進出する上で基本的なこと。」、タイ進出を考えている方に1%でも成功の確率をあげてもらいたく、最近気になった注意すべき人物像について書こうと思います。あくまでも、私からみた注意すべき人物なので、タイ好きおっさんの一つの意見として読んでもらえたらありがたいです。

この系

続きを読む

ここがヘンだよ日本のタイ古式マッサージ

ここ2年ほど、有料メルマガ「永江一石の「何でも質問&何でも回答」の読者になっています。それまで「有料でメルマガ?」と課金することに抵抗があった私ですが、最初に永江さんのブログを読みはじめて「面白い!」と思い、すぐにメルマガ登録。メルマガの内容は身近な問題など参考にさせてもらうことが多く、自分のことに関しても質問して相談ができるので、料金以上(324円/月、安っ!)の価値があると思います。おすすめです!
そのメルマガで、二度目の質問をさせてもらったのが「このブログの方向性について」。もちろん、タイ情報を発信するのは続けていこうと思うのですが、私の本業である「タイ古式マッサージ店舗の集客コンサル」にどうしたら繋がるか?をメルマガでコンサルしてもらいました。その回答の1つに「たまに営業記事を書く事」がありました。ですので、本日はコンサルで頂いた営業話「ここがヘンだよ日本のタイ古式マッサージ」について書こうと思いますww。なぜ?日本でタイ古式マッサージが流行らないのか?の原因の1つが、ここにあると考えてます。

DSCF2166
マッサージ店入るのにピンクネオンとこのコメント。。用事ってねぇ。

続きを読む

マッサージ店の売上が落ちる理由は共通している

私の本業でもある実店舗への集客。広告業界に携わって20年以上になりますが、多くの店舗の栄枯盛衰を見てきました。 新入社員として入ったリクルートフロム・エーにて求人募集を取るために担当地区を隅から隅まで回ったことから始まり、Web広告の営業ではwebページの構築を一から行いながら地域マーケティングを学び、ホットペッパーの営業にて新宿・渋谷・池袋地区のマッサージ店を担当し個店での経営を学ぶことにより、合計で3000以上の店舗と携わり多くを学ぶことができました。
そんな営業と勉強の中で、お店の将来性が有るのか無いのかの共通点が見えてきました。業界によって細かい部分が違ってきますが、根本は同じところに行き着くと考えてます。今日は、最近まで店舗運営を携わった新宿マッサージ店を例にして書いてみます。業界によって細部が違ってきますが、大まかな方向性は同じかと思います。

聞こえない会話は影口に聞こえたりすることも。

聞こえない会話は影口に聞こえたりすることも。

続きを読む