GWタイへ行く方へ。服装は注意して下さいね

バンコク3大寺院やアユタヤ観光での服装は注意してね

おは!です。今週末の訪バンコクに向けて、着々と準備を進めてるタイウニです。今回は、スクートで預け荷物なし7キロ制限に挑戦します。

さて本日は、タイの暑季における服装について。

多くの方が、「タイは暑い」というイメージを持っていると思いますが、暑季でる3~5月のタイは特に暑い日が続きます。

暑いので、ついつい薄着になりたくなりますが、仏教国であるタイでは服装に注意しなければなりません。

タイの有名観光地では入れないこともあるので、ご注意下さい。

アユタヤ
続きを読む

3/14~3/18バンコクを案内してきました♪

久しぶりのブログです♪今月前半に体調を崩し4日間38度以上の高熱でうなされ、何とか体調を復活させバンコクの案内をしてきました。あらためて思うけど、健康って大切ですね。もういい歳なんだから、体調管理をしっかりしていこうと思います。
さて、本日は今回のバンコク旅行でゲットした情報をブログに書く前に、どんな内容かをピックアップして紹介しようと思います。今回案内したのは、毎年タイフェスで一緒に楽しんでいる仲間達でした。実はバンコクは初めての方々ばかりでしたので、べたべたのバンコク案内になりました。でも、喜んでもらえたので良かったかな。タイ好きは、タイを気に入ってもらえると嬉しいものです。

ブログアップは「フェイスブックページ」で告知します。よろしかったら「いいね!」お願いします。

IMG_20180315_115750

3/14~3/18バンコク旅行でゲットしてきた情報

続きを読む

王宮前広場のナイトマーケットに行ってみよう!

プミポン国王が崩御なさり、9ヶ月が過ぎようとしています。故プミポン国王の火葬は2017年10月26日、王宮前広場に建設中の火葬場で行われます。タイの歴史が変わる日になりそうです。
さて、本日は故プミポン国王の火葬場近くに、知る人ぞ知るナイトマーケットがあるとう情報をみつけました。その王宮前広場近くには、バンコクのメイン観光地である三大寺院「ワットプラケオ」「ワットポー」「ワットアルン」があります。これは、一緒に楽しめるプランが作れるのでは?と思い、うまく回れるタイムスケジュールを考えてみました。

画面右は軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

画像はスクンビットの夜の屋台。暑くない夜のマーケットはゆっくり回れて良いと思う。

続きを読む

タイ気温40度越え、暑さと蚊対策でタイを楽しむには。

現在、タイは猛暑になっているそうです。タイのニュースによると、4月25日にバンコクで37.2度、ナコンサワンで43度、北部チェンマイでも40度と各地で気温が上がったそうです。その影響でエアコン使用が増えて、タイ発電公社によると過去最大の電力使用だったと。やばいですね。
 ゴールデンウィーク間近、タイ・バンコクに行く方も多いと思います。暑さ対策をどうするの?と少し悩んでいる方に、猛暑でもタイを楽しむ方法をいくつか紹介したいと思います。タイに詳しい方は基本知識ですのでスルーしてください。

ワットアルンの上からの景色。夕方は風が吹いて気持ちよくなります。が、昼は逃げ場なし。

ワットアルンの上からの景色。夕方は風が吹いて気持ちよくなります。が、昼は逃げ場なし。

続きを読む

2016年カウントダウンはワットアルンが熱いらしい

今年もあと3日で終わります。昨日に仕事納めをした会社も多いのではないでしょうか?そして、海外脱出組も続々と成田や羽田空港から旅立っていることと思います。
海外や国内それぞれカウントダウンの楽しみ方があると思います。私も何度かタイでカウントダウンイベントに参加をしました。かなり盛り上がり楽しかった覚えがあります。そんな今年のタイではワットアルン(暁の寺)が熱いらしいです!
futta0664m
理由の一つ目は、ワットアルンでの新年カウントダウンは、首相プラユット・チャンオチャ氏が仕切ること。
首相が仕切るカウントダウンって、日本で言えば安倍首相が浅草寺で仕切るカウントダウンのようなもの?(ちょっと違うか)。どちらにしても、国のトップが仕切るイベントということです。国家を上げて祝うカウントダウンになります。もちろん、そのカウントダウンはテレビ各局で生中継を見ることができるそうです。

理由の二つ目は、約9分間で5574発の花火を上げること。年明けにちなみ2016発はASEAN経済共同体(AEC)発足による祝い、同じく仏暦2559年のお祝いで2559発。そして、国王陛下への敬意を表して999発が打ち上がるそうです。チャオプラヤー川とワットアルンをバックに上がる花火は綺麗でしょうね。花火の後は交響楽団による演奏やらプロジェクトマッピングで年代記が映し出されるそうです。

理由の三つ目は、ナガラピロム公園からチェッポン通り、マハラート通りから300メートルが歩行者天国になり、昔ながらのタイをテーマとした市場にて、一村一品商品などが購入できるそうです。その市場ではいろいろなパフォーマンスも観れるそうです。
開催:2015年12月29日~12月31日 17:00~22:00(31日は夜中まで営業)

ナガラピロム公園の地図

かなり盛り上がりそうなので行ってみたいとは思いますが、、ワットプラケオやワットポー辺りってBTSやMRTが無いので交通が不便なんですよね。歩行者天国になるってことはバスも難しいでしょうから、タクシーかトゥクトゥクかバイタクになるのかな。多分、イベント後に移動が全くできなくなると思われます。それを考えると、おじさんとしてはテレビで観る方を選択してしまうかも。
かなり前ですが、年末に移動しようと思ったらタクシーは全く捕まらず、トゥクトゥクは普段の3倍の価格を吹っかけてくるし、街中には移動する手段がなくなった人々が沢山いたなんてことがありました。まるでバブル時の六本木のような感じ。ですので、移動できたらラッキーぐらいの気持ちでイベントに行くことをおすすめします。それとバンコクでは他にもイベントがあるので、通れない道も出てきますのでチェックしておいた方が良いと思われます。

バンコクイベント
2559AISバンコクカウントダウン2016@セントラルワールド
セントラルワールドだからBTSチットロム駅辺りからプラトゥーナム辺りが混雑するんでしょうね。この前、爆弾テロがあったところが近いです。

その他各地でカウントダウンイベントがあります。

・パタヤカウントダウン2016@パタヤ・バリハイ
・2559チェンマイカウントダウン2016@チェンマイターペー門
・プーケットカウントダウン@プーケット・プロムテープ岬
など、他多数。

バンコクのセントラルワールドとパタヤのバリハイのカウントダウンには行ったことありますが、かなりの人出になります。賑やかに過ごしたい方にはもってこいのイベントになると思います。少し早めに現地に行かれることをおすすめします。ただ、私のように人ごみが苦手な方は避けた方が良いかもしれません。

私は日本の正月をじっくり味わおうと思っています。年末は笑っちゃいけないシリーズを観て笑い納めをして、年始は箱根駅伝を観てスポーツの感動を味わおうかな。

花火や夜景撮影技術をチェック


ポチっとクリックお願いします。