【数字】11から21

タイの数字の続きを書きたいと思います。

前回の1から10までが基本になるので、
ここはしっかりおさえてもらうことが必要。

11から100までのポイントとしては末尾が1がキーポイント。
そして20台の呼び方。

ここだけおさえれば、あとは簡単な応用になります。

11(๑๑) スィップエット※
12(๑๒) スィップソーン
13(๑๓) スィップサーム
14(๑๔) スィップスィー
15(๑๕) スィップハー
16(๑๖) スィップホック
17(๑๗) スィップヂェット
18(๑๘) スィップペート
19(๑๙) スィップガーオ

20(๒๐) イースィップ※
21(๒๑) イースィップエット※

日本語と同じで「じゅう○○」の言い方が10台
ただし、末尾が1の場合だけ「エット」と変わります。
そして、20台がソーンスィップとは言わないで
イースィップ」になる。

ここの2点だけしっかりおさえれば21までは完璧なはす。

繰り返すようですが、声調が必要です。
これはタイ語学校通うか、タイ人の友達つくりしかないかも。

ランキング参加中。ポチっとお願いします。

タイ語 ブログランキングへ

タイトルとURLをコピーしました