マッサージにおける「強い=効く」の間違いだと思うよ

ども!マッサージ大好きタイウニです。

マッサージが強いのは効くの?強いのが好きだけど身体に良いのかな?

こんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

マッサージにおける「強い=効く」の間違い

この記事を書いている私は、タイが好きなと同じくらいマッサージが好き。

今までに1000回以上のマッサージを受けてきて、マッサージ店の経営にも携わりました。

ちなみに、そのお店は1店舗で月商1400万円を達成。

私のマッサージを受けてきた実体験、これをを基に説明します。

マッサージの「強い=効く」は正しいのか?

強いマッサージが効くは大きな間違いである。

なぜかというと、私も以前は強いマッサージが好きで効くと思ってたけど、強いマッサージをしなくなってから体調が良くなったから。

私は、自覚するになったのは以下の流れです。

40歳代後半まで強いマッサージが効くと思ってた

40代後半までは、強いマッサージが好きで身体に良いものだと思っていました。

ツボを強く押してもらうと、ツーンという刺激が身体に走る。これが、身体に良いものだと思ってた。

また、全ての揉み返しは、「好転反応」だと思ってて、筋肉が痛くても毎日にようにマッサージを受けていました。

マッサージ料金が安いタイでは、どんなに揉み返しになろうとも、2時間のタイ古式を受けるのが日課。

痛い部分を更に痛くする、みたいな。

痛いと感じながらも、もっと強く押してとセラピストに伝え、痛さを堪えながらのマッサージ。

これが良いものだと思ってたんですよね←アホ

つまり、「痛い=効く」と思い込んでたんですよね。

セラピストに指摘されても感じない身体に

そんな強いマッサージを繰り返した結果、私の40代半ば身体はガチガチになり、ある程度の強さだと感じなくなっていました。

というのも、マッサージを受ける度に、セラピストから「背中がヤバい硬さ」と言われたけど、全くつらさを感じなかったから。

セラピストからは、背中に気を付けてと言われながら、首や腰の方がつらいと感じる。

これって、自覚がない悪い状態なんですよね。

背中を押されても感じないし、ツーンという刺激もない。

そこを更に強くとなり、女性セラピストには足で乗っかって下さい!とまで言っていました。

普通の刺激では、何も感じない身体になってた。

そんな状態になると、首、肩、腰はいつも重さを感じてました。

そして、マッサージをしても、次の日にはマッサージ前と同じような状態になり、またマッサージの繰り返し。

まさに、麻薬のような感覚でした。

この頃は、こんなマッサージ店ばかりにいってた。

効果が長いマッサージに出会う

そんなある日、効果のあるマッサージは強いマッサージではないと分かりました。

というのも、カミさんの優しいマッサージを受けて、マッサージに関する考え方が180度変わったから。

誕生日のプレゼントということで、カミさんから90分のマッサージをプレゼントしてもらいました。

その時、私の身体はガチガチだったので、ちょっと物足りないと感じました。

ただ、プレゼントしてくれてるので、「もっと強く」とは言えなかったので、彼女の強さに任せてマッサージを終えました。

今までの強いマッサージの後だと、ジンジンという感覚があったけど、今回はフワフワって感じ。

うーん、と思いつつ、次の日を迎えた時に驚きが!

身体がめっちゃ軽い!

いつもなら、元に戻っている肩や腰が楽になっている

ええ!?こんなに違うんだ!と、そこでようやく今までのマッサージをみなすことに。

その日をきっかけに、強いマッサージを減らしていきました。

身体の感覚を戻すマッサージ

強いマッサージを減らすと、身体の感覚が戻ってきます。

というのも、強いマッサージを減らしていった結果、私がつらい部分を見極めることができるようになったから。

セラピストが、「ここ硬いですね」というのが自分でも分かるようになりました。

また、コリの表面と深層というのも分かるようになり、マッサージをしている最中にほぐれるのも分かるようになりました。

どの部分が凝っていて、そこが何処と繋がっているのかが感じれるように。

自分の身体を見つめなおすことは、とても大切なことなんですよね。

自分の身体を知らないのは、本当に怖いことだなと。

倒れる前に気付けたら良いですもんね。

効くマッサージは強いマッサージではない

私が思う「効くマッサージ」の基準は、次の日に楽になっているものである。

というのも、カミさんのマッサージに出会ってから3年で、感覚が戻り、めったに風邪を引かない身体になったから。

マッサージ後にスグ楽になるは・・

マッサージ後、スグに楽になるのは危険である。

というのも、1時間や2時間で身体が元通りになるのはあり得ないから。

身体が修復することを考えれば分かる事だけど、一瞬の外部からの刺激で楽になるは、「抑えこんでいるから」だと思う。

抑え込めば、その分反発する。

普通のことで、身体が修復するには時間が必要だと思う。

強いマッサージが好きだった頃、強い刺激で部分的に麻痺させていたんだと思う。

だから、返って傷づけてしまい硬くなっていったんじゃないかと。

実際、強いマッサージを受けた次の日は元通りになっていましたからね。

強いマッサージが好きな人は、危険が伴っていること注意して下さい。

効くマッサージとは

効くマッサージとは、次の日に改善や楽になっているものです。

初めて受けたカミさんのマッサージのように、マッサージ直後は楽さを感じなくても、時間が経つと効果が実感できるもの。

これが、効くマッサージです。

なぜなら、身体を楽にさせているのは自分自身だから。

マッサージは、身体を治すお手伝いをしてくれるものであって、マッサージの刺激で治るものではない。

このことを念頭に入れると、良いマッサージとは何か?が分かります。

結論、「強い=効く」は間違いであり、強いマッサージは危険を伴うから注意する。

刺激でリピートするんじゃないマッサージが多くなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました