【タイ旅行に必要なパスポート】いつまでに?残存期間?紛失したら?

ども!タイウニです。

本日は、タイ旅行に必要なパスポートについて。

タイ旅行のパスポートはいつまでにあれば良い?タイ旅行中にパスポートで注意することは?という人へ。

タイ旅行をするのにパスポートをいつまでに作るのか、今持っているパスポートで大丈夫か、旅行中にパスポートを使うシーン等を紹介します。

これさえ知っていれば、タイ旅行でパスポートを気にせずに楽しめますよ。

スポンサーリンク

【タイ旅行に必要なパスポート】いつまでに?残存期間?紛失したら?

パスポート

私は、20年間タイ旅行をしてきて、パスポートを無くしたことはありません。

当たり前じゃん!と思う方もいると思いますが、私の周りでは何名かパスポートを紛失しました。

私の知る限りで3名、みんなタイベテラン(旅行慣れした人)でした。

その度、パスポート再発行手続きの話を聞き、絶対に無くしたくない!と思ったものです。

本日は、タイ旅行に必要なパスポートについて紹介します。

予約時のパスポート注意点から、タイ旅行中でパスポートで気を付けるべき事、そして旅行中に紛失した時はどうするか?をまとめます。

タイ旅行の前は、必ずパスポートをチェックしましょうね!

タイ旅行で必要なものはこちらでまとめてます⇒「タイ旅行の必需品【最低限のもの~あったら良いなまで】

【タイ旅行前】パスポートの注意点

まず、タイ旅行をしようと決めたら、チケットやらパック旅行の予約ですよね。

自ら航空券を手配したり、旅行代理店にお願いしたり。

その時に、必ず聞かれるのがパスポートに記載されている内容。

つまり、パスポートな無いとタイ旅行はできません(誰でも知ってるかw)。

パスポートはいつまでに必要?

それでは、パスポートを持ってない人は、いつまでにパスポートがあれば(発券されてれば)良いか?

ギリギリいつまで大丈夫なのか?

自ら手配する場合と、旅行代理店で手配する場合で説明します。

タイへの航空券を自ら手配

自らでタイ行き航空券を手配する場合は、各航空会社のルールによって違います。

多くの航空会社は、当日のチェックイン時までにパスポートがあれば大丈夫です。

ただし、パスポートが無ければ予約ができない航空会社があるので、注意して下さい。

タイ行き直行便がある航空会社では、ピーチが当てはまります。

ただし、ルールは絶えず変わるので、念のため各航空会社に確認して下さい。

タイ旅行代理店で手配

もう一つは、旅行代理店で手配する場合。

これは、旅行代理店から案内がありますが、上記の手配(航空券発券)を代わりにやってくれると考えれば良いです。

私も、何度かパックツアーを旅行代理店で申し込みましたが、「遅くとも1~2週間前までに情報を下さい」と言われました。

そうですよね、ぎりぎりだと自分でやって下さいってなる。

代わりに手配をしてもらうと考えると、できるだけ早くパスポート情報を渡してあげた方が良いです。

パスポート発券を安心できるのは

結局、いつまでにパスポートがあれば良いか?というと。

できれば1週間前まで、それより前に越したことはない

自ら手配するなら、ギリギリチェックイン前(航空会社による)。

ちなみに、パスポート発券には1週間前後が必要なので、その日数を逆算して発券手続きをして下さい。

中には、ギリギリで良いか!と思う人もいるかもですが、

ギリギリの場合

  • 搭乗手続きに時間がかかることがある
  • 入国審査に時間がかかることがある
  • 予約時の情報が違ってたら搭乗できない

いざ、出国しようする時にバタバタ、最悪は飛行機に乗れないということも。

少なくとも1週間前までには、パスポート発券ができているスケジュールが良さそうです。

タイ旅行に必要なパスポート条件

次に、タイ旅行をするのに必要なパスポートについて。

え?パスポートあれば良いんじゃない。と思う方も多いかも。

いえいえ、今持っているパスポートを確認にす必要がある。

私の知り合いも、パスポートは持ってたけど、直前でタイ旅行を全てキャンセルしたという人がいました。

タイ旅行に必要なパスポートの残存期間

パスポートを持っているけど、タイ旅行ができなくなるのは、

パスポートの残存期間が6か月未満

タイ入国時に、パスポートの残存期間が6ヶ月以上なければ、タイに入国はできません。

ただし、ググってみたら、残存期間が6か月無くても入国できたとかあった。

本当かどうかは定かじゃないが、タイ国政府環境庁ページでは

国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。

タイ国政府観光庁

と書いてあるけど、

各航空会社によりパスポート残存期間の規定が異なるため、ご利用になる航空会社にお問い合わせ下さい。

タイ国政府観光庁

とあるから、挑戦したい方は航空会社に直談判して下さい。

ちなみに、私の知り合いはANAでしたが、ダメでした。

東南アジア諸国の必要なパスポート残存期間

タイと一緒に近くの国も回りたいという人に、近隣諸国のパスポート必要残存期間も調べてみました。

  • ラオス(入国時6ヶ月以上)
  • ミャンマー(入国時6ヶ月以上※余白2頁以上)
  • カンボジア(入国時6ヶ月以上※余白が必要)
  • マレーシア(入国時6ヶ月以上※余白2頁以上)
  • シンガポール(入国時6ヶ月以上)
  • ベトナム(入国時6ヶ月以上)

※詳しくは各国大使館へお問い合わせ下さい。

みんな、残存期間が6ヶ月以上でした。

タイがダメだから他の国に行こうっては、できませんねw

タイ旅行の予約時に注意すること

そしてもう一つ、タイ旅行前に注意したいのが「パスポート情報の間違え」。

私も、友人の代理で予約する時は、この部分は注意しています。

特に、航空券を手配する時は、何度も見直してチェック。

理由は、ここを間違えると飛行機に乗れないから。

少し早めにチェックインして間違えが見つかった時は、変更依頼をして搭乗できることがあるけど、その場合は変更手続き料が必要。

私の友人は、パスポート番号を間違えて、5000円で変更したと聞きました。(本来はこれもダメだけど、運が良かった例かも)

予約時に、以下のことを注意して下さい。

パスポートで間違えてはダメなこと

予約時に、パスポート情報で絶対に間違えちゃいけないのは、

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日

これは、パスポートにある情報と一致しなければなりません。

自分の名前を間違えてしまったら自業自得ですが、知り合いの分を予約する時は、細心の注意が必要。

よく間違えるところ

そこで、どんなところで間違えるのかというと。

やはり、名前

例えば、佐藤さん。

「SATOH」「SATOU」「SATO」とスペルで間違えやすい。

大江さんも。

「OHOE」「OOE」「OE」なのか。

肝心なのは、パスポート情報と一致すること。

ですから、私が代理で予約をする時は、パスポートコピーをもらうようにしています。

空港へ行ったけど飛行機に乗れないとか、絶対に嫌だからね。

【タイ旅行中】パスポートの注意点

バンコク

タイ旅行の準備で、パスポート発券も終わり、間違えなく予約をし、飛行機に乗りタイへ入国できたら、次に注意するのはパスポートの管理。

パスポートは、タイで唯一の身分証明書です。

これを無くしたら、自分が誰かを証明できないし、証明できないから出国もできません。

パスポート管理の注意点を紹介します。

タイ旅行中のパスポート携帯

タイで、パスポートは携帯の義務がある。

パスポートを携帯していないと、罰金刑にあたり逮捕されることもある。

警官に、パスポート提示を求められたら、出さないといけません。

ホテルのセーフティーボックスに、入れっぱなしって人も多いと思いますが(私がコレw)、法律上は持ち歩かなければなりません。

タイ旅行中にパスポートを使う時

ただ、持ち歩くのは、、って人も多いと思います。

あくまでも、私のケースなので参考までにして欲しいのですが、私はパスポートのコピーとホテルカードを持ち歩いていました。

ただし、これはタイでは罰金になる可能性があるので、ご自身で判断下さい。

というのも、私がタイ旅行中(タイにいる時)にパスポート提示を求められたのが

  • タイ入国審査
  • 空港の荷物検査
  • 両替所
  • ホテルチェックイン
  • タイ出国審査

これだけ。

タイへは60回以上渡航していますが、警官にパスポート提示を求められたことはありません。

だからといって、パスポートを携帯しないのは違法なので、最近は持ち歩くようにしています。

ご判断はご自身で。

これは薄くて良さそう。携帯も一緒に入れれる♪

タイ旅行中にパスポートを紛失したら

そして、一番心配なのがパスポートを紛失すること。

紛失した友人達の話を聞くと、本当に面倒なので、これだけは避けたい。

それでも、万が一があるので、紛失した時の対応を分かり易くまとめます。

帰国をする為には、「帰国のための渡航書の発給」手続きが必要です。

もう一つ、タイから他国へ行く場合は、「パスポートの新規発給」手続きになります。こちらは、このブログでは割愛します。

それでは、日本へ帰国するための手続きの流れを紹介。

1.タイ語のポリスレポートを取得

紛失した場所を管轄する警察署に行き、ポリスレポート(盗難証明書)もらいます。

提出するものは、パスポートのコピー(スマホ撮影でもOK)。

無い場合は、ホテルに問い合わせて聞くと良いです(チェックイン時にコピーしている)。

2.日本大使館で発給手続き

日本大使館へ「帰国のための渡航書」を申請に行きます。

必要な書類は

  • ポリスレポート(盗難証明書)
  • パスポート用写真2枚(4.5cm×3.5cm)
  • 帰国便の航空券又はEチケット(予約が確認できるもの)
  • 「紛失一般旅券等届出書」「渡航書発給申請書」※日本大使館にある
  • 日本国籍を立証する公文書(戸籍謄本、住民票)※日本大使館で相談
  • 手数料(730バーツ※平成31年度版)

参照:旅券証明手数料

在タイ日本大使館
住所:177 Witthayu Road, Lumphini, Pathumwan, Bangkok. 10330
電話:02-207-8500,02-696-3000

3.日本大使館へ書類を取りにいく

帰国のための渡航書」と「タイ入国管理局宛の依頼文章」を受け取ります。

最短で即日も可能。※手続きはできるだけ早めに行きましょう

ちなみに、私の友人は申請した翌日でした。

4.タイ入国管理局へ行く

日本大使館で受け取った二つの書類を入国管理局へ持っていき、入国歴の再認識を受け、「帰国のための渡航書」に入国スタンプを押してもらう。

これらをして、日本に帰国することができます。

面倒だと思いません?

くれぐれも、パスポートを紛失しないよう注意しましょう。

とにかくスマホさえ繋がれば調べられる。シムフリーにもせずに出先でも使えるポケットwifiが楽だよ。

海外でネットするならイモトのWiFi

まとめ:タイ旅行のパスポート

スワンナプーム空港

ここまで、私も再認識しましたが、パスポートの重要性が分かったと思います。

パスポートは、出国の1週間前までには発券を終わらせた方が良さそう。

また、タイ旅行中は携帯するようにし、できるだけトラブル回避をするようにする。

最後に、万が一紛失した場合は、管轄警察署⇒日本大使館⇒タイ入国管理局の順に行き、帰国のための渡航書をもらう。

私も、来年の3月にパスポートが切れます。

早めに、継続申請をしようと考えてます。

みなさんのタイ旅行が素晴らしいものになりますように♪

シムフリースマホならタイsimがおすすめ♪バンコク空港で買うより安かったりする!

~thaiuniおっさんのつぶやき~
次もパスポートは10年にしようと思う。だって、5年よりお得だし、これからもタイに行きまくるからね。

タイトルとURLをコピーしました