【タイ旅行】初心者が注意すべき14のこと:習慣・病気・移動・犯罪

ども!タイウニです。

本日は、タイ旅行初心者に向けて、「旅行中の注意すべきこと14」について。

タイは初めての旅行だけど注意する点は?タイ旅行中に気を付けるべきことは?という人へ。

これを注意したら、きっと楽しいタイ旅行になりますよ。

スポンサーリンク

【タイ旅行】初心者が注意すべき14のこと:習慣・病気・移動・犯罪

バンコク

私が初めてタイへ行ったのが20年前、当時は若かったのもありますが、行き当たりばったりのタイ旅行でした。

タイの慣習も知らなきゃ、犯罪の怖さも知りず、タイに着いてからホテルを探したり。

それから60回以上のタイ旅行をし、いろいろ失敗しながら学びました。

本日は、私の失敗から学んだ、「タイ旅行初心者が注意すべきこと14」を紹介します。

タイの慣習3つ、病気や怪我3つ、移動手段4つ、買い物2つ、夜遊び2つの5項目に分けて説明します。

正直、完璧な対策を考えると14では、まとめきれませんでした。

でも、これを注意したら、次もタイに行こう!って楽しめると思う。

タイ旅行の初心者がタイ慣習での注意点

お祈り

まず最初に気をつけるのは、タイの慣習や法律での注意。

タイには、世界でも少ない法律があります。

また、タイは仏教徒が90%を占める国でもあります。

日本とは全く違う慣習があるので、注意しなければなりません。

タイの法律不敬罪に注意

タイには世界でも珍しい「不敬罪」がある国です。

法律にて、王族批判が禁止されています。

Facebookで王族を批判した男が、禁固6年という実刑もありました。

詳しくはこちら⇒「タイ王国と日本国の大きな違いの一つ「不敬罪」

不敬罪は、タイ人・外国人関係なく処罰の対象になるので注意が必要。

タイ旅行中は、王族への敬意を忘れないよう注意下さい。

女性は僧侶に触れない、頭は触らない

宗教上、タイで女性が僧侶に触れてはいけないとされています。

理由は、タイの僧侶が女性に触れてしまうと、今までの修業が無駄になってしまうとの考えから。

ですから、女性の方は、僧侶の隣に立つとか、乗り物で横に座るのは避けて下さい。

また、タイでは頭は「精霊が宿る場所」とされています。

他人の頭を触ることは失礼にあたるので、触らないよう注意しましょう。

小さな子供の頭を、可愛がって撫でるのは問題ないです。

タイのチップ文化に注意

タイにはチップ文化があります。

欧米人が持ち込んだチップ文化が、タイに定着しました。

主にチップを払うところは、ホテル、レストラン、マッサージ店、バーなど。

それぞれ、チップの相場があります。

詳しくは⇒「【タイ旅行】チップの相場と必要なしのケース。あげなかった時の反応

日本人には馴染みのないチップがあるので、注意して下さい。

タイ旅行の初心者が病気や怪我での注意点

バンコク

次に、タイ旅行中に病気や怪我はしたくないもの。

日本の冬とタイでは、温度差が30℃以上になる時期もあります。

また、衛生面に関しても、日本とは全く違うところで、注意する必要が出てきます。

お水や食べ物の食中毒に注意

タイの水道水は飲んではダメ

飲料水は、コンビニなどで売られているペットボトルの水や、ホテルでもらえる水にして下さい。

できれば、歯磨きやシャワーの際も口に含むのも止めましょう。

これで、多くの人がお腹を壊したと聞きますので、注意して下さい。

また、「生もの」は避けるようにした方が良いかも。

私も何度か、「生ガキ」を食べたことあるけど、その時は大丈夫でしたが、危険度は熱を入れた料理の数倍はあると思う。

タイに慣れてきたら、挑戦しても良いとは思うけど、初心者の内は避けることをおすすめします。

ただでさえ、辛いタイ料理を食べるので、胃腸は辛さに驚いて疲れています。

辛さなども調整しながら食べるよう注意して下さい。

タイ観光地での熱中症に注意

タイの観光地へ行く際は、暑さに注意して下さい。

バンコク三大寺院、アユタヤなどを観光する際、暑さ対策は必ずして下さい。

エアコンなどで休む場所が少ないので、特に熱中症などに注意。

帽子、風通しの良い服などを選ぶようにして下さい。

蚊や犬の感染症に注意

街中、観光地などで、蚊や犬の感染症に注意して下さい。

毎年タイでは、デング熱、ジカ熱の感染者が多く発生しています。

これらは、蚊に刺されることから感染するので、蚊に刺されない対策が必要です。

無防備な服装などで、外を歩き回らないよう注意して下さい。

虫除けを持っていくと便利♪

また、毎年タイでは、狂犬病も出ています。

世界的には多くないですが、感染したら死に至る病。

安易に、犬や猫に近づかないよう注意して下さい。

詳しくは⇒「タイでの狂犬病発生は世界的には少ない方なのだ

タイ旅行の初心者が移動手段を利用する時の注意点

バンコクの渋滞

タイ旅行中、多くの乗り物を利用して移動します。

空港からは電車、タクシー、街中ではトゥクトゥクやバイタクなど。

タイ・バンコクは渋滞で有名な都市

タクシーやトゥクトゥクを利用する際は、時間に余裕を持って利用しましょう。

ここでは、それぞれを利用する際の注意点を紹介します。

BTS・MRT電車移動での注意

バンコク市内で便利なのが電車。

BTSスカイトレインやMRT地下鉄を上手に使うと、移動がとても便利。

これらの切符購入する際は、小銭を用意するよう注意して下さい。

最近は、お札が使える自動販売機も増えましたが、まだまだBTSは少ない。

駅の窓口で両替ができますので、お札を出せば小銭に両替してくれます。

また、通勤ラッシュ時の利用にも注意。

朝夕の通勤ラッシュ時は、電車を1.2本見逃すようになります。

日本とは違い、タイではギューギューに押し込んで乗ろうって人はいないので、並んで待つようにして下さい。

タクシー移動での注意

バンコクでタクシーを利用する際は、メーターを動かせましょう

20年ちょっと前は、メータータクシーもなく交渉で料金を決めてました。

ただし、今はメーターを使うよう行政指導が入っています。

それでも、悪質な運転手はメーターを動かさず、通常料金の2~3倍の料金で交渉してきます。

そんな時は、断って次のタクシーに乗りましょう。

また、時々メーターを動かしてから交渉してくる運転手もいますが、「NO!」で断りましょう

スマホを使って位置を把握しておくのも大切。

イモトのWiFi海外レンタル

トゥクトゥク移動での注意

タイでトゥクトゥクを利用する際は、全て交渉制料金です。

料金は、距離により決まります。

ただし、タイ初心者には相場感が分からないと思います。

ですので、トゥクトゥクを利用する際は、遊園地のアトラクションを利用する感覚で乗るのがおすすめ。

距離や人数にもよるけど、短距離なら100~150バーツ位。

乗る前に、必ず値段は明確にしておきましょう。

というのも、トゥクトゥクは悪質な運転手が多いので注意。

「最初の値段は一人だから三人だから三倍」とか言ってくることもあったのでね。

当然、払わなかったけど。

「全員でいくら」って確認してから乗るように注意して下さい。

バイタク移動での注意

バンコクで、渋滞知らずの乗り物がバイタク(バイクタクシー)。

ただし、タイ初心者で利用できる人は限られているかな。

・バイクの後ろに乗ったことある人
・行き先を言える人

これらの人は、バイタク移動でもOKかな。

バイタクの料金は、ソイ(脇道)沿いなら10バーツ、そこから逸れた場所へ行くなら交渉です。

ただし、あまりおすすめはしません。

タイは交通事故が多いことでも有名なので、バイク事故は大けがに繋がる可能性があるので注意。

タイ初心者は、利用を避けた方が良いかも。

タイ旅行の初心者が買い物する時の注意点

ウィークエンドマーケット

タイ旅行の楽しみの一つがショッピング。

日本と比べると物価も安いから、買い物好きには天国のようなところ。

ちょっと大げさかもww

そんな、買い物好きの方へ注意点を2つ。

円からバーツへの両替時の注意

円からバーツの両替は、レートの良い所でしましょう。

両替場所が違えば、1万円両替しただけで、千円近く損します。

詳しくは⇒「バーツ両替はどこが一番良い?バンコク空港はB1がおすすめ!

また、一度に全て両替して使いきれないというのもあるので、こまめに両替することをおすすめしています。

その際には、バンコクのレートの良い両替所を、いくつかチェックしておくと良いです。

「スーパーリッチ」「タニヤスピリット」をチェックしておけば大丈夫。

それと、大きい札(金額の高い)小さい札(金額の低い)を分けて持っていると良いです。

見慣れないお札なので、間違えない為にもね。

私は、「20、50、100バーツ札」と「500、1000バーツ札」を別にしています。

街中で、1000バーツ札を見せびらかすのは、日本で1万円札を見せびらかすのと同じ。

お札の扱いには、十分に注意して下さい。

マネークリップがあると便利♪

スリ・置き引き犯罪の注意

タイは、日本の比べてスリや置き引きが多いで注意

私も、財布をスリにやられました。

詳しくは⇒「バンコクでスリにあった実体験を告白します。

このバックなら大丈夫というのでも、用心に越したことはありません。

格好など気にせずに、人混みやエスカレーではバックを前に持ってきて、常に見える状態にしましょう。

また、置き引きも十分に注意して下さい。

荷物を置きっぱなしで、少し離れるなんてもってのほか、スマホに熱中してたら置き引きに合ったというのもあります。

充分に注意して下さい。

タイ旅行の初心者が夜遊びする時の注意点

ソイカウボーイ

そして、夜遊びする時の注意。

夜、飲み歩いたり、クラブで踊ったり、バー巡りしたり、ゴーゴーへ行ったりと、夜遊びが楽しいのもタイ。

でも、夜遊びには危険がつきもの。

タイ初心者を狙ってる人達がいるので、注意して下さい。

ボッタくり店舗に注意

タイには、昔の歌舞伎町のような客引きをしてお店に連れ込み、法外な料金を請求するお店があるので注意。

ボッタくりで良く聞くのが、パッポン通りの2階、ナナプラザの2階、ソイカウボーイの奥。

万が一入ってしまった場合、ヤバイなと思ったらスグに出て下さい。

とにかく、客引きについて行かないこと

そして何よりも、我を忘れないほど酔わないように注意して下さい。

酔っぱらいは、タイでなくても狙われますからね。

麻薬の誘いに注意

夜遊びをしていると、麻薬の誘いがあるので注意。

タイでは、場所によっては夜に限らず、昼間でも麻薬の誘いがある。

タイで麻薬は、絶対、絶対にダメ!

詳しくは⇒「麻薬(大麻や覚醒剤)のタイでの法律(刑罰)

ちょっと出来心とか、、許されません。

タイでは、麻薬の刑罰は死刑まであります。

また、他の犯罪に巻き込まれる可能性も大きくなります。

充分に注意して下さい。

まとめ:タイ旅行初心者の注意点

バンコク

私が初めてタイ旅行をした時、往復の航空券だけ購入し、それ以外はタイに着いてから決めました。

バンコクのホテル、バンコクーサムイ島チケット、サムイのホテルなど。

そして、最初に泊まったホテルは窓なしの臭い部屋、スグに移動したけど、今では懐かしい思い出です。

これからタイへ行こうと思っている方、ぜひ!いろいろ楽しんできて下さい。

日本とは違い、いろいろ注意しなければならない点はありますが、楽しんでなんぼです!

タイを楽しんで、好きになって、日本で頑張れるパワーを貯めましょう!

そして、またタイへ来る。

みなさんのタイ旅行が楽しいものでありますように♪

タイ旅行中にスマホが使えるのは最強!まずは、シムフリーにしなくても使えるポケットwifiがおすすめ♪

イモトのWiFi海外レンタル

~thaiuniおっさんのつぶやき~
誰が行くか?によっても注意事項って変わる。まぁ、最低限を注意しつつ楽しむのが一番かな。タイは楽しいのでね。

タイトルとURLをコピーしました