辛くないタイ料理といえば!日本人に合う9品を紹介

タイ料理

ども!タイウニです。

タイ料理を食べたいけど辛いのが苦手・・辛くないタイ料理って何があるの?

こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

辛くないタイ料理といえば!日本人に合う9品を紹介

この記事を書いている私は、タイ好き歴22年(2020年10月現在)。

タイと日本でタイ料理を食べてきました。職場が近い、新宿、池袋辺りのタイ料理店は全て行きました。

こういった経験を基に、辛くないタイ料理を紹介します。

タイ料理は辛いから苦手!という人でも、安心して食べれるタイ料理は沢山あります。

というのも、私もタイを好きになる前は、辛いのが苦手だったから。

今では、辛いのが好きになりましたが、タイ好きになり始めの頃は、辛くない料理を探して食べていました。

そんな私が、辛いのがダメな人でも大丈夫!と太鼓判を押せる、タイ料理を「麺料理」「ご飯料理」「ビールに合う料理」に分けた厳選9品を紹介。

タイ料理は・・という人でも、きっと気に入ってもらえると思いますよ。

タイウニ
タイウニ

ちなみに、パクチーも苦手でした。だから、早めに覚えたタイ語が「マイサイパクチー(パクチー入れないで)」でしたw

これらのタイ料理を家で作れたら良いね!直接、外国人に学べる料理教室♪

世界を旅するように外国人の自宅で料理と文化を習おう

辛くないタイ料理といえば:麺料理

これはタイで食べたラオスの麺料理w

辛くないタイ料理といって、麺料理を想像する人も多いと思います。

というのも、タイ料理の多くは、テーブルの上にある調味料(クルワンプルーン)を入れて、自分で味調整するものが多いから。

タイ人は、調味料を使って激辛します。

逆にいえば、調味料(唐辛子など)をいれなければ、普通に食べれたりするのが麺料理。

おすすめ麺料理3つを紹介します。

1.パッタイ

パッタイ

辛いものが全く食べられない、、という人でも大丈夫なのが「パッタイ」。

日本いう「焼きそば」になると思いますが、決定的に違うとこが甘いと感じるところ。

日本の「焼きそば」が辛いと思う人(あまりいないと思いますが)でも大丈夫。

個人的には、欧米人が好んで食べるイメージがある。

タイウニ
タイウニ

どちらかというと甘い感じ。私的にはインパクトがなさすぎて、ちょっと・・って感じ。辛いのが全くダメ!という人におすすめ。

2.クイッティアオ

クイッティアオ

タイの「そば」もしくは「ラーメン」ともいえる料理。

米粉の麺を使い、センミー(細い)、センレック(普通)、センヤイ(太い)と麺の太さが選べます。

食べ方の一つとして、卓上にある調味料(クルワンプルーン)で味調整をする。

この時、タイ人は唐辛子をバサっといれる人が多いですね。

つまり、調味料(唐辛子)などをいれなければ、辛くなく食べられる。

何も入れないと、さっぱりしたラーメンという感じでおすすめです。

タイウニ
タイウニ

私の好みは、唐辛子と砂糖をバッサバッサ入れたもの。唐辛子で辛み、砂糖でコクがでます。ただ、最近は健康の為に、砂糖は控えているw

3.パッシーユ

パッシーユ

パッシーユはタイ語で直訳すると「醤油」の意味。

きしめんのような太い麺を、肉や野菜と一緒に炒めたタイ料理。

この太いきしめんのような麺が、モチモチして美味しい。

醤油は砂糖や香味料を加えた黒醤油を使っているので、とろりと甘みがあります。

コクのある甘みのある味なので、辛くなく食べられます。

タイウニ
タイウニ

辛いのが全くダメなタイ好きの友達がよく食べる料理。その友人、タイ滞在中は日本料理ばかり食べてたりするw

辛くないタイ料理といえば:ご飯料理

ダブルカオマンガイ

麺料理だけじゃなくてご飯料理も食べたい!

でも、辛いのは苦手・・そんな人におすすめのタイ料理を紹介。

辛いのが苦手な子供でも、安心して食べれる3品です。

1.カオパット

タイの炒飯、カオパット。

タイ語でカオが「米」、パットが「炒める」、直訳すると「炒めた米」の料理。

辛くないご飯料理?と悩んだら、迷わずカオパットがおすすめ。

というのも、カオパットで外したことが少ないから。

どちらかというと、パサパサしたタイ米が焼き飯に合うんだと思います。

また、好みによって、具材を選べるのも良い。

エビ、鶏肉、豚肉などの好きな具材が選べます。

タイウニ
タイウニ

タイで食べるなら海老か蟹がオススメ。なんていっても安いから!プリプリの海老は、焼き飯に合うんだな♪

2.カオマンガイ

カオマンガイ

蒸し鶏のせご飯の、カオマンガイ。

タイ語でカオが「米」、マンが「油」、ガイが「鶏」、茹でた鶏とその茹で汁でご飯を炊いたタイ料理。

台湾やシンガポールでは「海南鶏飯・ハイナンチキンライス」という名で知られています。

基本は辛くないけど、タレが辛い場合があるので、それだけ注意して下さい。※タレをつけないで食べるとか。

お店によって味が違うので、いろいろ食べ比べてみるのも楽しい。

必ず食べて欲しいお店は、バンコクの「ガイトーンプラトゥーナム」。

ここのカオマンガイを食べてハマった!という人も多いです。

タイウニ
タイウニ

カオマンガイの味の決め手はタレ。もし、ガイトーンプラトゥーナムのタレが売ってたら、まとめ買いしたくなるほど好き。

駅から離れているけど行って欲しい!

3.カオカームー

カオカームー

豚足煮込みのせご飯の、カオカームー。

タイ語でカオは「米」、カーは「足」、ムーは「豚」、豚足の煮込をご飯にかけたタイ料理。

とろとろに煮込まれた豚足が、柔らかくて口の中でとろけます。

煮込みスープには、シーズニングソースや様々な漢方薬、シナモンなども入れるので、食べたら身体が温まるような感じにもなる。

ぶっかけご飯を食べたい、そんな方におすすめです。

タイウニ
タイウニ

これまた辛いの苦手な友人が良く食べる料理。パッシーユかカオカームーばかり食べてたなw

辛くないタイ料理といえば:ビールに合うつまみ料理

シンハービール

最後に、ビールに合う辛くないタイ料理を3つ。

辛くなくてもビールに合うの?って思う方もいると思いますが、意外とビールがすすむ料理があります。

もちろん、お米にも合うので、ビールでもお米でも好きな方を選ぶと良いですね。

1.カイヤッサイ

カイヤッサイ

タイ風オムレツ、カイヤッサイ。

豚肉、玉ねぎ、人参、いんげん豆等を、塩コショウ、ケチャップで炒めたものを卵焼きで包んだ料理。

少しずつですが、日本でも食べられるタイ料理店も増えてきました。

これタイ料理?って思っちゃうほど、まるで日本の洋食みたいな料理。

ケチャップの味付けなので、お子さんが喜ぶんじゃないかな。

味が濃いので、ビールに合うんです。

タイウニ
タイウニ

タイで会社を経営している社長さんに教えてもらった料理。タイ初心者の人に食べさせる料理と言っていました。

2.クンオップウンセン

クンオップウンセン

海老と春雨の煮込み、クンオップウンセン。

エビと春雨を蒸したタイ料理で、エビの代わりにカニを使うこともある。

あくまでも、この料理のメインは春雨。

エビやカニと一緒に蒸して、味が染みた春雨を楽しむ。

全く辛くないので、パクパク食べれます。

タイウニ
タイウニ

最初にクンオップウンセンを食べたのが、パタヤの人気シーフード店「ムンアロイ」。デートに最高のお店ですね。

3.プーパッポンカリー

プーパッポンカリー

蟹のカレー炒め、プーパッポンカリー。

タイ語でプーが「蟹」、パッが「炒める」、ポンが「粉」、カリーが「カレー」、蟹のカレー炒めのタイ料理。

これに、カイ「卵」を入れて炒めるのが多いですね。

プーパッポンカリーを食べて、ハマった日本人も多いと思います。

この料理で有名なお店はソンブーン、これまたビールに合うタイ料理であり、ご飯もすすんじゃうw

タイウニ
タイウニ

バンコクは、カニ料理を格安で食べれるのも魅力。スリウォンのソンブーンでシーフードを食べてからのタニヤ遊びは定番ですねw

バンコク旅行で定番のタイ料理店「ソンブーン」

まとめ:辛くないタイ料理といえば

辛いのが苦手、そんな人でも安心して食べられるタイ料理を紹介しました。

麺料理は、パッタイ、クイッティアオ、パッシーユ。

ご飯料理は、カオパット、カオマンガイ、カオカームー。

ビールにあう料理は、カイヤッサイ、クンオップウンセン、プーパッポンカリー。

この9品を覚えていれば、辛いのが苦手!という人をタイ料理に誘っても大丈夫です。

これから、飲み会や食事会にタイ料理を選んでみてはいかがでしょうか?

タイ料理を食べると、きっと笑顔になりますよ^^

辛くないタイ料理を家で作ってホームパーティーも良いかも♪外国人から学ぶ料理教室「tadaku」

世界を旅するように外国人の自宅で料理と文化を習おう

〜thaiuniおっさんのつぶやき〜
タイへ行きはじめの頃、私も辛いのが苦手だった。少しずつ好きになって、今では唐辛子を追加して食べるほどに。味覚って変わるよね〜

タイトルとURLをコピーしました