アユタヤ「絆」駅伝2017への提案。これ参加したくないでしょ。※追記あり

今年は日・タイ修好130周年にあたり、様々なイベントが開催されるようです。日本とタイの距離が近くなるということは、タイ好きである私にとっても嬉しいことなので、全面的に応援をしていきたいと思っています。が、明らかにダメと思うものは、今後の為にもはっきりとダメ出しをしていこうと思っています。そして、ダメ出しだけなら誰でもできると思うので、改善案も提案したいと思います。
前置きが長くなりましたが、今回ダメ出しさせて頂くのが「タイ・日本修好130年記念事業 アユタヤ「絆」駅伝2017ツアー」なる企画。主催がタイ国観光スポーツ省、共催事務局が毎日新聞社、RKB毎日放送により、2017年3月12日(日)にタイのアユタヤで1区間12キロをタイ人2名、日本人2名の合計4名で襷をつないで走ろうという企画。これ、正直なところ自腹を出して参加する人がいるか疑問です。

たすきって

アユタヤ「絆」駅伝2017の詳細

もう少し、ツアー詳細を書いてみます。

日数:2泊4日
食事:朝食2回、昼食2回、夕食3回
出発地:東京、札幌、関西、福岡
料金:118800~124800円(出発地により異なる)
【日程】
1日目:バンコクに夜中到着後ホテルへ。
2日目:自由行動、午後にウェルカムパーティー、夕方にアユタヤへ移動しホテルへ
3日目:5時駅伝スタート、駅伝終了後アユタヤ観光、夕方帰国準備後空港へ
4日目:深夜便にて日本へ(早朝から午前に到着)
【駅伝内容】
「アユタヤの歴史公園・史跡群」3キロ周遊コースを日本人2名とタイ人2名の混成チームで「襷」を繋いで走る。タイ人は若者が参加予定。
http://www.maitabi.jp/parts/detail.php?course_no=13347

この企画をディスると

この企画にワクワク感や期待感を全く感じないのは私だけでしょうか?ランナーでない私が、どうこういうのも何ですが、タイ人と友好を図るには一緒に走った後に食事とかして会話をしたいと思う。また、できたら走る前に一緒に練習をしたり、作戦を練ったりしたい。そうすることによって絆ができるんじゃないですかね・・・

あと、料金が高いと思う。とらべるこちゃんで、同時期の2泊4日タイ旅行の最安値を調べてみたところ。スクート航空利用にはなるが、燃油込で30800円。格安航空が嫌ってならツアー同様のANA指定で66700円である。これに参加費と移動費入れたとしても100000円は超えないはず。同行添乗員がいるのならまだしも、このツアーには現地で日本語が話せるタイ人がいるだけ。

ツアースケジュールを予測してみると、金曜日の夕方に会社を早上がり、もしくは午後休を取り空港へ、はじめてのタイで不慣れで入国審査書類などを書くのを忘れて入国に手間取る。入国してバンでホテルへ移動、その移動中にスケジュールを確認。次の日は朝から走ろうと思うが、タイの気候になれずに軽めの調整で終わり。午後のパーティーに行くが、タイ語がわからないのでコミュニケーションを取るに悩む。夕方にバスでアユタヤに移動。朝にスタートして、よくわからないタイ人に襷を渡す。賞状を受け取って着替えて疲れた体でアユタヤ観光。慌ててお土産買ってホテルに戻ってスグに空港へ移動し日本へ帰国。

あー嫌だ。

おすすめしたい旅行日程

もし、私なら同料金で以下のスケジュールを組みたいです。
1日目:深夜便でのバンコクへ移動(羽田もしくは関空に夜10時集合)※JALも使えれば名古屋も使える。
2日目:バンコク到着後、そのままアユタヤのホテルへ移動。メンバー紹介し一緒に昼食。その際には各テーブルに通訳を帯同させる。夕方に一緒に練習(軽いジョギングをする)。練習後に明日の打ち合わせをチームごとに行う。
3日目:朝スタート。表彰式後に全体でパーティー(ここで写真撮りまくりです)。午後は有名寺院めぐりと象乗りかタイ古式マッサージによる癒しの時間を選択できる。
4日目:深夜便にて日本へ

そして、「絆」第二弾in日本を年内に開催する。

場所は、600年前にアユタヤ王朝と交易の始まった琉球(沖縄)か、バンコクと姉妹都市にある福岡市辺りで開催。前回参加したタイ人と一緒に走るってのはどうでしょうか?ここのところは修好130周年ということで、タイ国と日本国から援助があると嬉しい。もしくは、ヤマモリさん辺りが後援しちゃうとか。

タイと日本の両方に参加できることが参加条件にしたら良いかと思います。そうしたら、タイ人と日本人の友好が深まりますし、この企画を通じて知り合った同士の交流が深まるかと。

とって繕ったような企画でなく、もっと中身のある内容でお願いします。この企画でタイ初旅行って人もいるはず、タイの魅力をしっかりと伝えれるようお願いしますよ!タイ好きを増やす為には応援をしていきたいと思うので。

【追記】
タイ国際航空が日本の大学生と高校生32名を招待したそうです。学生さんがタイへ行くに良い機会ですし、お金のない学生だからこそ価値があったのかと。大手スポンサーは太っ腹なところを見せてようです。このようなスポンサー絡みでの参加って良いと思いました。

タイ語話せないなら、この一冊くらいは持っておいたほうが良いですよ~
旅が数倍楽しくなります。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
自分はランナーでないが、いろんなランナーにタイを好きになってもらいたいと思う。バンコクマラソンをはじめ、タイでは多くのマラソン大会が開催されています。もっと多くの日本人が参加するようになってほしい。

タイに関する相談はお気軽に♪
↑ ↑ ↑
タイ関連商品の調査・マーケティングも承ります。

 


参加中☆ポチっとお願いします。