やっぱり日本じゃないんだと思うタイの犯罪二つ

お正月の休みにアマゾンプライムの無料映画を何本か観ました。ジェラシック系が好きな私は、ジェラシックパーク1.2.3、ジェラシックワールドを通してみて寝不足気味になりました。一番好きな映画は?と聞かれたら、私はジェラシックパークと答えるので仕方ないところですが、他にもいくつか観た中で印象に残った日本映画がありました。それは「凶悪」。凶悪犯罪者を描いた映画ですが、日本にもこんな悪が存在するんだよなぁと思い、背筋が凍る思いをしました。今、プライム会員なら無料で見れます。

そんな時に飛び込んできた、年明けタイにおける2つの怖い犯罪。やっぱり日本じゃないんだなぁと思うような犯罪だったので紹介しておきたくて。普段タイに行こう!と言ってますが、タイに行った日本人には犯罪には巻き込まれて欲しくないので、情報だけはいれておいて損はないと思います。

タイの怖い犯罪1

「2017年1月1日午前3時頃、バンコク郡ノンジョーク区の屋外レストランで発泡事件が発生、タイ人男性(33歳)が死亡、27~35歳の男女6名が重軽傷を負った」

ニュースによると、女性をめぐるいざこざから、腹を立てた容疑者2人が所持していた拳銃を14発発泡し、そのうち7発が死亡した男性に当たったとのこと。指名手配した2名のうち1名は捕まりましたが、犯行は否認しているそうです。

新年のパーティーで女性をめぐっていざこざ、ここまでは日本でもありそうですが、その場に拳銃を持ってきていること、そして怒りのあまりに14発も発泡って、日本じゃ有り得ないですよね。どのような経緯でモメたかまでは報道されてませんが、タイでは怒ると拳銃を乱射する人がいるということだけは覚えておきたいところです。

タイの怖い犯罪2

「2017年1月4日夜、バンコク都内でiphone7強奪及び殺人事件が発生。大学生(26歳)がセブンイレブンから出てきたところ、2人に襲われ一度は立ち向かい格闘をしたが、首をナイフで数箇所刺され死亡、2人はバイクに乗って逃走」

この2人は、この犯行後も2件の強盗を行ったとのこと。犯行の理由は単純で、iphone7を手に持っているのをみて襲ったそうです。また、犯人の記者会見では「危険だから金目のものをみせびらかさないほうがいい」、「抵抗しなければ刺さなかった」と話したそうです。

何ともわがまま極まりない犯行。それもセブンイレブン出てスグに襲うというのも、常軌を逸しているとしか思えません。この犯人、過去にも麻薬所持や傷害で8回服役しており、去年12月中旬に出所したばかりだったそうです。うーん、全く更正されてなかったってことですね。
「金目のものをみせびらかす」とか「抵抗しなければ刺さなかった」とか意味不明、このまま一生刑務所で暮らして欲しいと願います。

犯罪に巻き込まれないように

この2つの犯罪は日本じゃ有り得ないって思う。でも、最初は日本でもありえそうな些細な問題から発生しています。このブログを読んでいただいている方は、タイで日本にいるような振る舞いをしないと思いますが、くれぐれもタイ人とは喧嘩しないようにして下さい。

また、タイでは麻薬が多く出回っていると聞きます。つまり、ラリっている人が多くいるってこと。できる限り危ないエリアには近づかないようにして下さい。私も若い頃は血の気が多かったので、30過ぎからタイに行って良かったと思います。日本とは全く違うんですよね。

 

タイ語入力にとても便利そう。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
今思えば、タイ行きはじめの頃はバンコクを一晩中歩き回ったり、危ない賭けビリヤード場に連れて行かれたりしてた。何も取られなく無事で良かった。

タイに関する相談はお気軽に♪
↑ ↑ ↑
タイ関連商品の調査・マーケティングも承ります。

 


参加中☆ポチっとお願いします。