初めてのバンコクで両替するオススメパターン

嬉しいことに今朝のバーツレートをチェックしたら1バーツが3.2856円になり1万円両替をしたら3000バーツを超えるようになってます。そして、10月の予測としては3100バーツになるだろうと 予測しているサイトもあるので、私が次回訪タイを予定している11月には、更にバーツが下がるんではないかと期待してます。
50バーツ前後の変化で一喜一憂している私ですが、実際に50バーツあれば美味しいタイ料理が屋台で食べれますし、短い距離ならタクシーだって乗れちゃいます。
ただ、50バーツ増えたなんて喜んでても、バンコクでは両替するところを間違えたら、それ以上に損をします。ってな訳で、私がオススメするバンコクでの両替パターンを書きたいと思います。きっと、もっと良いパターンがあるのでしょうが、もし知ってる方は教えて下さい。

最初、お酒屋さんが両替所?と不思議に思ったタニヤスピリット

最初、お酒屋さんが両替所?と不思議に思ったタニヤスピリット

今回は「はじめてバンコクに行く」とう想定で書きます。
当然、バーツは全く持ってない想定になりますので、つまり両替を必ずしなければならないケース。ここで一番やってはいけないのが。

日本で両替すること。
かなりレートが悪いです。たまーに、両替をしている日本人を見ますが可哀想になります。年配の方が多いのですが、予約をとった旅行会社か身内の誰かが教えてやれ!と思います。だって、イミグレを出るまでにバーツを使うことがありません。飛行機内のお土産を買うにもバーツでなくてもよいし、日本で両替する意味が全くないです。
そういう訳で、最初に両替するのは空港内です。イミグレを出たら目の前に両替所があります。いくつか並んでますが、ほぼレートは同じ。まずは、ここで両替をしておくと安心かと思います。タイに降り立つとバーツしか使えません。もしくはカード払い。カード払いはしっかりしたお店でないと利用できないし、したくないですよね。もちろんタクシーとかはカード利用できません。
ここで安心を買う意味で、ホテル移動までの最小単位(5000~10000円)で良いと思います。安心を買わない人は、送迎付きの旅行であれば両替はしなくても良いかもしれません。ホテルでも両替できるので、ホテルまでの送迎付きであればバーツを使う必要がありませんので。ツアーや車手配会社の中には両替所経由でホテルに行ってくれる車もあるようですが、そこでも最小限にすることをおすすめします。
タイスワンナプーム空港内の両替所はレートが悪いので。
さて、ホテルに着いてから本格的に両替をするのですが、両替所によってレートは違ってきます。
バーツレートなどはタイバーツ両替比較サイト「タイバーツ満員御礼両替所」などで確認をしてみて下さい。
次から次へと両替所ができてますので、更に良いところがあったら探してみようと思ってますが、今のところ私がオススメする両替所は二箇所。

・Super Rich Thailand(スーパーリッチタイランド)
プラトゥーナム地区にあり、BTSのチットロム駅から5.6分と少し遠いですが、両替したあとに買い物に便利なところにあります。人通りが多く、タイの活気を感れる地区になります。両替したあとにバンコクの中心街プラトゥーナムやサイアムを散策なんてのも良いのでは。近くには日本に進出したカオマンガイの美味しい「ガイトートプラトゥーナム」「ガイトーンプラトゥーナム」もあります。ちなみに、この界隈にはスーパーリッチと名がついている両替商がいくつかありますが、兄弟で喧嘩別れをして分かれたらしいです。向かい合ってお店があったりするので、競いあうことによって安定して良いレートが出てるのではないかと。二三件レートをチェックしてみることをお勧めします。ここらで両替することで損はほぼ無いかと思います。BTS構内とかにもスーパーリッチがありますが、レートが全く違うのでお気を付け下さい。
注意点としてスーパーリッチはパスポートがないと両替できません。持参して下さいね。

・タニヤスピリット
タニヤ通りにあるお酒屋さん。BTSのサラデーン駅から1分のところにあります。タニヤ通りは日本人用の飲み屋が連なる通りで、男性なら一度は訪れるのではないでしょうか。近くにはパッポン通りがあり、夜店がズラーり並んでます。夜店で値段交渉をするのも楽しいので一度は体験してみて下さい。見たこともない偽物がたくさん並んでます。ただし、かなりぼったくられる可能性が高いので、初心者の方はご注意下さい。
ここの良いところは、夜遅くまで空いているところ。22時過ぎまで空いていることがあるので、夕方便で空港到着でバンコク市内へは夜に到着って時には、こちらがオススメです。何度も利用させてもらってますが、レートもかなり良いです。

基本、タイにいる時は身分証明書としてパスポートを持参しなければなりません。ただ、持ち歩くと失くす心配もあるので、捕まったら面倒になるのを覚悟で、ちょくちょくホテルのセイフティーボックスに入れっぱなしってことがあります。今まで、パスポートを提出することは一度もなかったので大丈夫でしたが、いつ何が起こるか分かりませんのでね。
ただ、それよりも失くした時の手続きの方が面倒かと思うんですよね。
パスポート失くした時の申請をご覧頂いたら、面倒がわかると思います。

20バーツ紙幣整理に一つ持っていると良いかと。
20バーツ100バーツ紙幣使うのが多いのでね


ポチっとクリックお願いします。

ヨガはヨーガと呼ぶべきなのかも

昨日、東京体育館でヨガ教室を受けてきました。こちらの教室は8月以来の二回目。前回より参加人数が増えており、生徒は全部で12名になり、ほぼ教室はいっぱいの状態になりました。今回の授業は前回とは異なり、かなりハードな内容でした。半分くらいでめまいがしてしまい、無理はいけないと思い、何度も休みながら約90分のレッスンを終了しました。
今回二回目のヨガでしたが、率直な感想としては「ヨガって思ったよりしんどい」。

このポーズはかなりきつい

このポーズはかなりきつい


実は、今日も胸脇あたりの筋肉痛になっております。ただ、身体に良いことしていると実感できているので、今後も続けようと思うのですが、そもそもヨガって?と疑問になり、ヨガってを少し調べてみました。

 ヨーガ(梵: योग , yoga)とは、古代インドに発祥した伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱(モークシャ)」に至ろうとするものである。 wikiより

ヨガでなくヨーガなんですね。そして伝統的な宗教的行法。
そう言えば、ヨーガを導入したオウム真理教を思い出しました。オウム真理教事件によりヨーガと言われなくなったかは知りませんが、もともとはヨーガと発音するのが正式のようです。日本には西暦806年に空海が伝えたと言われており、宗教的要素がとても強いものだったらしいです。現代のヨガと言われているものは、アメリカのニューヨークやハリウッドなどで流行ったものが入ってきて健康法といてブームとなり、インドに逆輸入されているようです。

そんな健康法としてのヨガとしていくつか種類があります。

・ハタ・ヨーガ
西洋身体文化とインド伝統武術が融合してインド独自のものと体系化されたヨーガ体操。現代ヨーガのアーサナ(座法や体位のこと)のベースとなっているもの。

・アシュターンガヨーガ
パワーヨガの源流とも言えるもの。正式名はアシュターンガ・ヴィニヤーサ・ヨーガと言い、現在でも世界中から多くの者が大本山である南インド都市ソイマールのアシュターンガ・ヨガ・リサーチ・インスティテュート (AYRI) に訪れているそうです。

・パワーヨーガ
アジュターンガヨーガをベースに肉体に負担をかけることによって脂肪を燃焼させて美しい身体をつくるという、アメリカで開発されたもの。ハリウッドスターを中心にブームとなり、別名「ハリウッドヨーガ」とも言わている。

・マタニティヨーガ
妊婦向けのヨーガ。呼吸と共に行うヨーガにより、精神的安定や痛みのコントロールにつながると言われてます。

・ヨーガセラピー
ストレスなど解放するとされ、医療機関で導入が進められているもの。日本ではヨーガ療法とも言わている。

それぞれは源流があって、そこから様々な分野に分かれているようです。私が先日受けた「ボディーアートトレーニング」もヨガを取り入れていましたので、多分、パワーヨガからの派生ではないかと思われます。

 昨日受けたヨガ教室は、呼吸法を重要視しながら体の伸びを意識するものでした。ヨガの中には、無理をすることで腰痛などの原因になってしまうこともあるようなので、何事も無理をせず、身体の声を聞きながら動かすのが良いんでしょうね。来月もヨガ教室が開かれる予定です。それまでに、柔軟をしっかりやって身体を柔らかくしておきたいと思います。

ヨガマットはすべらない物が良いと先生が言ってました。
安く売っているのは保護として表面に塗られているものが滑るらしいです。

持ち運び用にバックは持ってた方が便利です。

インド・ナマステフェスティバル、やっぱりチャイティー好きだな。

 昨日、代々木公園で開催されたナマステフェスティバルに行ってきました。
代々木公園のイベントには渋谷の知り合いと何度か行ったことがあり、今回もお誘いを受けましたので一緒に行くことに。その方々とは同じ代々木公園で6月に開かれたベトナムフェスティバルにも行きました。タイフェスティバルをはじめ代々木公園で開かれる海外のイベントは楽しいです。
20150927_103326
 このナマステフェスティバルは名前の通りインドのイベント。今回はじめて行ってみるので、ちょこっと調べてみると。
 ナマステフェスティバルは1993年に財団法人アジアクラブと日印経済委員会の共済で開催されたのが始まりで、今年で23回目だそうです。タイフェスティバルが16回目より歴史があるってことですね。ただし、最初は築地本願寺で行われたらしく代々木公園に会場を変えたのは最近の話らしい。ちなみに、去年は代々木公園でデング熱騒動が起きたので、延期したり会場を変えたりと大変だったようです。共済者は「ナマステ・インディア実行委員会」「NPO法人日印交流を盛り上げる会」「インド大使館」「インド政府観光局」となっており、3年前にはインド大使館が「インド国外では世界一のインド祭と表現してもよい」と言われたそうです。代々木公園で開かれるイベントは、タイフェスティバルをはじめ世界レベルで凄いのかも。
 さて、ナマステフェスを楽しむために私たちは、朝の10時から会場裏のベンチ辺りにテーブルなどを置き陣地取り、クーラーボックにビールやワインを詰め込み、じっくりとナマステフェスティバルを楽しむことに。
 イベント会場はインド雑貨やヨガを楽しめるブースからインド料理が食べるお店など、インドがまるごと楽しめる会場になってました。この手のイベントは食べ物から楽しむのが通常というより、それ以外の楽しみはないかも。笑
 と言うことで、カレー、タンドリーチキン、ナン、バターライスから食べることに。何種類かのカレーを食べましたが、本格的なインド料理店で食べる味と同じで美味しい。そして、この手のイベントならでは楽しみ方でもある、同種類のカレーををお店ごとに食べ比べて味の違いを楽しむことをしました。バターチキンカレーでもお店によって辛さやまろやかさが全く違う。このお店の方が好きとか嫌いとか、ワイワイしながら久しぶりにインドのカレーを堪能した一日でした。
 ただ、スグにインド料理に飽きてしまったのも事実。インド料理店は30店舗以上出てたと思うのですが、9割はカレー。どこを見てもカレーなので、口直しをしたくても選択肢がない。端っこの方にインドデザートを扱っているお店があったので、食べてみたところ。うーーん、合わない。口の中に広がった甘ったるい濃い感じが抜けない。
 そんな時に近くから「チャーイチャイチャイチャイ」とヒゲを伸ばしたインド人が呼び込みをする声が。チャイティーのお店が!スタバのチャイティーラテが好きな私。200円という安さもありスグにホットチャイを購入。口の中の甘さはチャイで流すことができ、思わずおかわり。とても美味しく頂きました。
 結局、インド料をつまみにビールやワインを飲みながら朝の10時から17時頃まで7時間いました。その中で一番美味しくて、おかわりをしたのがチャイ。やっぱりチャイ好きだな。

 曇りではありましたが、それなりに盛り上がってのではないでしょうか?タイフェスティバルの最初の頃、タイフードフェスティバルと言われてた頃と同じくらいの人出だったので、会場は普通に歩けるし購入やら食べるスペースがあるので楽しめるイベントだと思います。ただ、料理が日本人に合うかどうかは・・・汁物とかあると嬉しいかな。来年もタイミングあったら行きたいと思います。

さて、チャイを家で入れてみようと思います。

バンコクのテディーズビガーバーガー

 バンコクのエカマイ駅にあるゲートウェイエカマイのグランド階にハワイの大手新聞社が主催するレストランランキングで14年連続一位の「Teddy’s Bigger Burgers テディーズビッガーバーガーズ」がオープンしたらしい。正直、バンコクでハンバーガーを食べたのは、ナナプラザ入口にある屋台のハンバーガー屋さんだけだったので、本場ハワイで14年連続一位のハンバーガーを食べてみたくなりました。これはタイに行かなきゃとスグにタイ好きの私は考えるのですが、ちょこっと調べてみたら2009年に日本でオープンしてたので、まずはそちらをチェック。
best2_img_011
テディーズ ビガー バーガー 表参道(Teddy’s Bigger Burgers)
住所:東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビル 2F
場所は表参道というより、明治通りを原宿から渋谷に向かったところにあるので、何となくイメージで表参道ってつけてたのかな。過去ログなどを見てみると、最初は渋谷ってつけてたようなので。
ホームページはこちら。
http://tbbjapan.co.jp/index.html

こちらのメニューをチェックしてたところ。

・オリジナルバーガー
ビーフ140g 880円
・チーズバーガー
ビーフ140g 980円
・エクストラクリスピーポテト 280円~380円

日本とバンコクを比べてみようってことで、今回バンコクにオープンしたテディービガーバーガーのメニューは。

・オリジナルバーガー
ビーフ 240バーツ(約800円)
・チーズバーガー
ビーフ 265バーツ(約883円)
ポテトコンボ 70~90バーツ(約233円~300円)
※1バーツ3.334円で換算(2015年9月26日レート)

どうやら、今食べるならバンコクで食べたほうが少しだけ安いようです。

でも、何故?エカマイゲートウェイにオープンしたんだろう。。一年前にゲートウェイエカマイに行った時は、3階以上のお店がほとんど閉まっており、客数も少なく死亡寸前だと思ってたのに。今年になって、雪を積もらせたイベントなども行っていたようなので、何とか頑張っているのだろうか。
とにかく、ハンバーガーを食べるかは別として、東急もオープンしたようなので、次回訪問時はエカマイ付近をチェックしてみたいと思います。

それとは別に、ふと気になったのが「14年連続ハワイレストランバーガー部門1位」。

いろんな記事やブログでは、現地大手新聞社が主催するとだけで新聞社名が書いてなかったので、信用性あるの?と思って調べたところ。ちゃんと新聞紙まで記述しているブログや記事はなくて、いろいろ探してみて出てきたのが、日刊紙ホノルルアドバタイザー紙の読者が様々なジャンルのベストを選出する「HAWAII’S BEST」。全部で53部門あって、Food&Dining部門のハンバーガー部門でテディービガーバーガーが選ばれていました。

ただ、ハワイのベストランキングってたくさんあって、それぞれが勝手に選んでいるので信憑性がどこまであるのかは謎であります。ハワイのメジャーグルメランキングてだけでも、三つありました。

・ハワイ雑誌「ホノルル マガジン」と同誌の読者投票を元に決定されるレストラン賞「HALE’AINA AWARD」
・ハワイ最大の日刊紙ホノルルアドバタイザー紙の新聞読者と評論家が選ぶレストラン賞「ILIMA AWARDS」
・ハワイ最大の日刊紙ホノルルアドバタイザー紙の読者が選ぶ「HAWAII’S BEST」

ちなみに「HAWAII’S BEST」のハワイタイ料理で選ばれていたのは「Pattaya Thai」でした。パタヤなんだ。

まぁ、ハンバーガーは食べて評価するしかないですね。原宿近くにいったら食べてみようかと思う。
やっぱりバンコクで240バーツのハンバーガーは高いよな。

家でハンバーガーつくってみるかな。


ポチっとクリックお願いします。

【タイ語】暑季、雨季、寒季




タイの季節は、大まかに三つに分かれます。

一つ目は、だいたい3.4.5月頃の暑季になります。熱帯の国タイと思うほど、暑い時期になります。この時期はマンゴーやドリアンの美味しい季節になります。日本の季節で例えると夏になりますね。
二つ目は、だいたい6.7.8.9.10月の雨季になります。気温はさほど上がらず、過ごしやすい気温になります。この時期に稲作がされます。日本の季節で例えると梅雨ですかね。
三つ目は、だいたい11.12.1.2月頃の寒季もしくは乾季になります。雨があまり降らず気温があがりません。去年のこの時期に行ったときには、上着が欲しいくらいでした。日本の季節で例えると冬?にはならないような。でも雨も降らないので似ていると言えば似てます。

今日のタイ語はタイの季節名

「暑季」
ฤดูร้อน
ルードゥー ローン

「雨季」
ฤดูฟน
ルードゥー フォン

「寒季」
ฤดูหนาว
ルードゥー ナーウ

「乾季」
ฤดูแล้ง
ルードゥー レーン

それぞれの時期で楽しみ方が変わります。
私の場合、暑季はフルーツが美味しいのとソンクラン祭りで騒ぐ。
雨季はプーケットでサーフィンができます(最近はしてませんが)。
乾季は肌寒いくらいなので、一枚羽織れば日本人には過ごしやすいと思います。

日本と同じで、季節毎に楽しみがあります。

これはタイで重宝しました。

シンハービールがセレッソ大阪オフィシャルスポンサーに。さてアサヒやキリンやサッポロはどこだろう

タイのビールと言われて真っ先に思い浮かぶのがシンハービール。タイでは「ビアシン」と言えばスグに出てくるビール。タイのビール好きには飲みやすいて言って人気です。少なくとも私は大好きです。それと、タイでよく見かけるビールとしてはレオビール(LEO)とチャーンビール。タイ的に言えば「ビアレオ」と「ビアチャーン」。タイ人にとっては、LEOビールは庶民的(価格が安い)であり、チャーンビールは多くのタイ人に飲まれていて、シンハービールより馴染みがあると聞いたことがあります。私もタイに行けば必ずシンハービールは飲みますし、コンビニで購入してホテルに毎晩持ち込みます。

香川がまだいるマンU写真

香川がまだいるマンU写真

そんな大好きなシンハービールがセレッソ大阪のオフィシャルスポンサーになったとのニュースがありました。タイ好きにとっては、シンハービールが日本のサッカークラブのスポンサーになってくれるだけで嬉しいですし、さほど大阪とは縁がありませんが、何となく応援してくなります。かなり前からシンハービールのオフィシャルスポンサーとして有名なのがプレミやリーグのマンチェスターユナイテッド。多くのタイ人が好きなクラブでもあり、スポーツバーなどで熱烈に応援しているタイ人ファンを多く見かけます。そんなシンハービールを日本でも置いているお店が増えてきて、シンハービールの生を出しているお店も出てきました。ビールとオフィシャルスポンサーって売上に重要なんだろうなって思い、いつもは流してみていたビールのCMですが、ちょいと日本のビール会社がどこのオフィシャルスポンサーをしているか調べてみました。

キリン
2015年4月から2022年12月までサッカー日本代表のオフィシャルパートナー。これは「SAMURAI BLUE」「なでしこジャパン」をはじめ、U-23以下の各世代日本代表、フットサル日本代表、ビーチサッカー日本代表が対象になっています。日本のサッカーを牛耳ってます。
他に主なものには、東京ディズニーリゾートなどがありました。ディズニーシーではキリンの生ビールが飲めるわけですな。

アサヒ
侍ジャパンのオフィシャルスポンサー。同じ野球として東北楽天ゴールデンイーグルスのオフィシャルスポンサーにもなっています。ヤクルトスワローズのオフィシャルスポンサーでもありますが、その上のトップスポンサーにキリンがあるので、野球を牛耳るのは難しいのかも。
他にも、2020年東京オリンピックのゴールドパートナーや東京スカイツリーオフィシャルパートナー、ハウステンポスリゾートのオフィシャルスポンサーなどがありました。オリンピックが盛り上がるにつれて、アサヒの露出度が上がってくる訳ですな。

サッポロ
コンサドーレ札幌、北海道日本ハムファイターズ、レバンガ北海道と北海道のプロチームのスポンサー。北海道を牛耳ろうとしているんですね。
他に主なものは、箱根駅伝の冠スポンサー。日本中央競馬会と提携して有馬記念に合わせて特別缶をだしたりしていました。上位2社に比べると地味ですが、地域密着で北海道を攻めているところが好感もてます。今、私が一番好きなビールは札幌黒ラベルですし。北海道行ったらサッポロだらけ計画を狙ってるのかな。

獲得しているスポンサーから、業界の熾烈な争いうが目に浮かびます。コンペしてスポンサーとったぞ!と各社広報の方が一喜一憂しているんでしょうね。そんなスポンサーが欲しくて欲しくてたまらないプロチームも多いでしょう。やっぱり集客力なんだなぁと思う今日このごろです。

缶と瓶があるけど、やっぱり瓶の方が好きかな。

バンコクのフーターズ

バンコクにフーターズができたと情報があったので、次回バンコク訪問時にチェックしてみようかと思ってますが、その前に日本のフーターズに行ったので、その内容をちょこっと書きます。

写真:Bangkok Hooters

写真:Bangkok Hooters

フーターズ初体験が新宿のお店。この新宿店には、以前に友人が評判良いと言ってたので一度だけ入ろうと思って飛び込んでみたのですが、席がいっぱいで入れなかった経験があったので、今回は予約をしっかり取りました。予約を取るとサイドのボックスシートに座れるらしく、普通に来てたお客は私たちとは違いフロアセンターのテーブル席に案内されてました。注文は席担当のフーターズガールにお願いするのですが、おすすめを聞いてみたところ、チキンウィング(鳥の手羽先揚げ)と言われたので迷わず二種類のソースでオーダーをし、残りはサラダとポテト、最後にチェリーパイにしました。出てきた料理はお肉と脂と炭水化物。正直、私のようなおじさんにはこのアメリカン料理は重たい。チキンを二つとポテトでお腹いっぱいになってしまい、チェリーパイは若者だけが食べることに。チェリーパイを食べた者はこれが一番美味しかったと。。残念。
予約したら席は2時間制になるシステムらしく、特に延長希望もなかったのできっちり2時間でお店を出ました。その2時間の間にフーターズガールが二度ほどダンスをしてました。両方とも約1分程度の短いダンスですが、チェアリーダーのような掛け声でにこやかに踊る姿を見てると、不思議と笑顔になってしまう自分がいました。フーターズガールに聞いたところ、ダンスレパートリーは10数種類あるらしく、ダンスレッスン時間をとるわけでなく自主練習でやるらしい。なので、ダンスが上手いフーターズガールとそうでないフーターズガールがいるのが面白い。ちなみに、私たちの席担当の子はダンサー希望の帰国子女でキレキレのダンスをしてました。会計時に一緒に行った一人がお店のTシャツを買ったので、ショップグッズ購入割引も適用されたようで、それなりに食べて飲んだ2時間で1人4500円でお釣りがきました。

さて、2015年9月18日にバンコクスクンビットのソイ15にオープンしたフーターズがどうなるか?私なりに考えてみると。正直、厳しいかと思います。
日本のフーターズしか見てませんので、一人のおっさんの意見として聞いて欲しいのですが、バンコクにはフーターズより面白いお店がたくさんあると思うんですよね。売り物の一つがフーターズガールの接客だと思うのですが、私が受けた接客は目のやり場に困るコスチュームによるフレンドリーな会話。アメリカン接客というのでしょうか、友達のような口調でメニューを説明してくれたり、感想を聞いたりしてくれます。この接客が好きで来客する男が多いのだと思います。だって、私が行った新宿のフーターズは盛況でしたがお客の8割以上は男性でカップルが少しだけという客層でしたので。
このようなサービスのあるお店ってバンコクにたくさんあるし、もともとタイ人はフレンドリーだしね。それより男にとっても女に対してもっと上のサービスがあるお店があります。そして、何よりアメリカン接客が嫌いな人には受けないです。アメリカ的なフレンドシップが苦手な私には合わなかったのも事実。

 多分、今後日本のフーターズは自ら予約をとっていくことはないと思うので、いくとしたらバンコクのフーターズへいこうと思います。ただし、先にオープンしたプーケットのフーターズ情報だと客入りが厳しそうとブログとかに書かれてますし、パタヤのオープンも延びているのでお店があるかどうか不安。。半年後に客入りがどうなっているか見てみたいと思います。

フーターズとバドギャルのお店がかぶったのは私だけでしょうか。

美味しいアメリカ料理を食べてみたい


ポチっとクリックお願いします。

タイでは監獄学園放送されないだろうな

 アニメはどちらかと言うと好きな方です。日本が世界に誇る芸術でもあり、とても奥が深いものだと思っています。実際、お台場で開かれたアニメイベントにも行ったことありますし、そのアニメファンの熱気に驚き凄さを感じました。ただ、本格的なファンと比べると雲泥の差があるのも事実です。何となく流れたのをチェックしてる位で、アニメに関してどうこうコメントできるほどではありません。なのでアニメに詳しい方はスルーしてください。
 そんな私の中で、今年一番のヒットが「東京グール」でした。画の綺麗さと物語の深さは、他より秀逸な作品で見れば見るほど深みにはまっていきました。ご覧なったことない方は、一度みてもらいたいです。スポーツ系では「弱虫ペダル」や「ダイヤのエース」がお気に入りです。いわゆる王道アニメですかね?多くの人は楽しめる作品です。
そこに、全く違った流れのアニメを見ることにより、さらにアニメの奥深さを知ることに。

その作品は「監獄学園 プリズンスクール」

2011年にヤングマガジンに連載中の漫画。作者は平本アキラさん。沖縄県出身でデビュー作は「アゴなしゲンとオレ物語」、現在連載中はヤングマガジンサードの「俺と悪魔のブルース」とこのヤングマガジンの「監獄学園 プリズンスクール」。この監獄学園では2013年に講談社漫画賞を受賞しています。ちなみに、週刊誌とか購入しないので、アニメ監獄学園を見るまでは全く知りませんでした。

ヤングマガジン

画像:ヤングマガジン

内容は公式ページをみてもらえると分かるので簡単に説明しますと。
東京でも有数な進学女子高が共学校へ変わることになり、その際に5名の男子生徒が入ることに。その共学に反対し男子生徒を退学に追い込みたい裏生徒会と男子5人との戦いを描いたもの。男子5人がのぞきをしたことが見つかり、校内規則を破ったことにより学校内にある監獄に入れらる。そこからの脱出を男子が考え、それを裏生徒会が見つけることにより退学へ追い込もうと画策をする。簡単に説明すると「ふーんそうなんだ」程度ですが、画と内容が凄すぎる。
画を一言で表現すると、とても綺麗なエロ漫画。とても綺麗なので、そこらにあるエロ漫画より美しい。そして、描写が様々な角度からエロをアピールしてくる。その女性はグラマラスから乙女系、そしてS女系まで、大抵の男が当てはまる女子像が全て織り込まれております。そして、そこへの男子生徒との絡みのエロが毎回繰り広げられる。いい大人である私が最初に見た感想は「くらだない」でしたが、何となく三話まで見ていたら続きが気になって仕方なくなってしまった。もし見ていない男子がいたら、一度見てみて下さい。エロ描写が面白すぎます。
オススメ回は3話と11話。3話はくだらなすぎてバカ笑いしました。11話はエロすぎます。今週金曜日2015年9月25日が最終回みたいなので、録画しておこうと思います。どうやら11話の描写がエロすぎたようで続編がダメになったとかの噂が。倫理的には11話とかでなく、地上波で流すには全てがダメではないかと。これを流したTOKYO MXさんの勇気に拍手!
そして、一休さんやドラえもんが人気のタイでは一生放映されることがないでしょう。タイにいる日本人には見てもらいたいけど、youtubeとかでもカットが入るでしょうね。ぜひ、帰国した際にご覧頂きたいです。

私のお気に入りのキャラクター3名を紹介
・藤野清志(ふじのきよし)通称:キヨシ
主人公。ごく普通の高校生でピンチの時に言う発言が笑えます。最初の脱獄に成功した者。

・諸葛岳人(もろくずがくと)通称:ガクト
男子5人の参謀役。三国志おたくで最初のキヨシ脱獄を手伝う。作戦遂行の為には手段を選ばないとこらが笑えます。3話では爆笑でした。

・緑川花(みどりかわはな)
ゆるふわ系の美少女だが男子をボロボロにできるほどの空手有段者。キヨシとの絡みが笑えます。11話ではかなりエロっぷりを出してます。

全話を通して一番エロいのが
・白木芽衣子(しらきめいこ)
裏生徒会副会長。パツンパツンの胸とお尻を毎回出してます。まさにエロ漫画の典型画。男子にはS、会長(美女)にはMを出す両刀つかい。

最後に、カップルで見のはオススメしません。あしからず。

今日の最安値55000円って、やっぱ人気なんだ。

タイでイモトのwifiは必要?

 最近、夜中にふとテレビを流し見していると、イモトのwifiがスポンサーの番組が目に止まった。番組名は「フレンチ・キスのキス旅2」となっていたので、どうやら続編のよう。番組内容としてはフランスを女の子三人で旅して周る、その情報収集をいもとのwifiをつかうみたいな。もちろんCMはイモトのwifiのみ。これだけ見ていると便利だし私も使ってみようかと錯覚に陥ってしまう。日本ではdocomoとソフトバンクの二つの携帯を利用してますが、そのうちdocomoはweb接続をwifiのみ使用しているのでイモトのwifiを海外・タイに持っていったら同じようなケースになります。日本ではwifiのみの接続で不便を感じませんでしたので、今までの方法よりwifiの方が便利か?とあらためて調べてみました。

タイ・スワンナプーム国際の

タイ・スワンナプーム国際のdtacカウンター


 まず、11月にバンコクにいく予定なので、その日程でイモトのwifiを借りる想定で価格を調べてみたところ。
只今、キャンペーン中にて大容量オプション540円が無料と大きく歌ってましたが、9月30日までの期間限定なのでダメ。LTEプラン(4G)wifi通常料金で5日間で計算してみると。利用料一日1280円×5日=6400円プラス受渡手数料540円で合計6940円。高いのか?安いのか?なんとも微妙な価格。ちなみに、カントリープラン(3G)ですと利用料で一日680円×5日=3400円。イモトのwifiは国によって価格が違うようで、4Gでタイと同じグループには中国、台湾、インド、インドネシア、香港があり。同じ韓国の4Gプランは680円とお得になってました。
 さて、4Gでweb利用が6400円がお手頃かどうか?
私がタイでよく利用するのが、シムフリーにした携帯に格安プリペイドSIMカード。スワンナプーム空港についたら目の前にいくつかの店舗があります。赤色のtrue、青色のdtac、緑色のAISなどから選べますが、私はAISを利用することが多いです。ちなみに滞在1.2日間の短期以外でしたらtrueが良さそうですが、私は短期を利用したことありません。それ以外だと三社はほぼ同一じゃないかと思います。
そして、よく利用するプランが7日間299バーツ(1000円前後)。これにはデータ速度無制限量1.5G、無料通話100バーツが入ってます。今までに7.8回利用してますが、一度も1.5Gを超えたことありません。ある程度、街を把握しているのもありますが、1.5Gをスマホだけで旅行中で使い切るのは多くないかと。だって、タイへ旅行でスマホで動画をバシバシ見るってことが少ないし、もしみるとしてもホテルでみることが多く、ほとんどのホテルには無料wifiがあります。ホテルでしたらパソコン利用で動画とか見ますし、スマホも繋げれますのでわざわざ手持ちのwifiつけて利用することがありません。外でお茶しながら動画をみたいって時には、タイでしたらマクドナルドで無料wifiを繋げることができます(時間制限あります)。少しおしゃれなカフェにも無料wifiあることも多いので、入る前に確認してお店を決めるのもありです。つまり、シムフリーの携帯を持っていたらタイではwifiルーターを持ち歩く必要がないってことになります。私はドコモでシムフリーにしてもらいました。iphoneはシムフリーできないって言われたので、ソフトバンクのiphoneはホテルやカフェでweb利用をして、その他はタイの格安プリペイドSIMカードでの対応で十分に対応できます。古い携帯でもシムフリーにすればタイでは十分に使えます。ドコモやauでは条件付きでシムフリーにしてくれるので、しておくと便利ですよ。
 シムフリー携帯を持ってない方、もしくは海外のシムが信用できない方は、イモトのwifiのようなサービスに頼るしかないのですが、何度も海外に行く方ならシムフリー携帯かその国対応のスマホを持っているでしょうし、さほどいったことのない国でしたら勝手が分からないのでスマホ見ながら場所移動なんてしないのでは?事前に調べませんか?海外シムが信用できない方は、イモトのwifiが信用できるとは限らないかと。2013年に起きた個人情報漏えいの会社対応が杜撰すぎた会社ですから。ちなみに、同年に行政指導されてますし。この事実はイモトのwifi調べて分かったのですが、ハッカーなどのトラブル等でどうしようもないことはあるのでしょうが、ちゃんと会社対応しないとダメダメ情報って残るので怖いですよね。2年前の事件でも「イモトのwifi 問題」でたくさん出てきます。

※2015年9月22日現在の情報になります。

ソニーエクスぺリア欲しい!次に狙ってます。

エアアジアでタイに行ったら

 訪タイは30回以上になります。今まで乗った航空会社はANA(全日本空輸)、JAL(日本航空)、TG(タイ国際航空)、チャイナエアライン、ベトナムエアライン、中国東方航空、ユナイテッド航空などであり、まだLCC(格安航空会社)でタイに行ったことがありません。友人がエアアジアでタイに行ったということを何度か聞いたことがあり興味はありましたが、当時はクアラルンプール経由しかなくて時間がかかることがあり、値段より利便性を重視していました。ただ、エアアジアがドンムアンへの直行便が就航したとこうこともあり、一度はエアアジアでタイに行くべきかもと思い調べてみました。ちなみに、2015/9/21の10時に調べたものです。20分もすると強制的に再検索させられるので、あくまでも参考として見てください。

画像:http://flyteam.jp/

画像:http://flyteam.jp/


 まずは日程を2015年11月26日から11月30日で調べてみました。私が既にJALでチケットをおさえてます。ちなみにそのチケットは名古屋からバンコク(スワンナプーム)の往復で53600円でした。
エアアジアのサイトで調べてみると。

2015年11月26日 成田-ドンムアン 15900円
2015年11月30日 ドンムアン-成田 15650円

なんと、往復ともキャンペーン価格になっており合計31560円でした。安い!ただし、これにはバック代とかは含まれてません。つまり、機内持ち込み荷物だけであればこの価格ってわけです。ちなみにスーツケースなどの20キロまでの荷物を預けるとすると、片道プラス3900円でした。まぁ、普通に旅行するなら荷物があるでしょうから往復分を入れると39360円。それでも4万円を切っている。エアアジアのサイトでチケット予約をしている方ならわかると思いますが、これには食事は全くついてなくオーダー式です。食事は600円くらいからあり、そのメニューにはスパゲッティー、ガパオガイ、パッタイ、カオマンガイなどがあります。600円で機内食のガパオガイ、私は食べないな。飛行機内快適グッズもチェックできました。買わないけど。
それと、席指定にも1690円かかります。搭乗口近くの前が空いている席指定も可能で、その指定料金は5900円。同時に保険にも入れるようで、3090円(5日間)がデフォルトになってます。予約画面で保険はデフォルトにしないで欲しいかも。もちろん外すことができます。最後にレンタカーの確認が入ります。ちなみにバンコクで日産マーチレンタル料金は一日3454円でした。
ANAやJAL、TGよりも一万円以上安い計算に。それには座席指定や機内食はありません。そして、あくまでも聞いた話になりますが、機内で映画を見ることもできませんし、通常より席は狭い。そこに一万円を使うかどうか?ちなみに、これから年末年始が取れるかどうかで調べてみたところ。

2015年12月26日(土) 成田-ドンムアン 36000円
2016年1月3日(日) ドンムアン-成田 48750円

以上がありました。往復で84750円。でも残席1だったので今はないかも。これには荷物代とか入ってないのでプラス7800円で年末年始のバンコク旅行が可能でした。その他料金はほとんど11月と変わらないですが、何故かレンタカーだけが3240円と少しだけ安くなってました。今からだと12月の2週目辺りが一番安そうでした。キャンペーン価格もあるので、上手く組み合わせると格安でいけそうです。

昨日、友人はエアアジアでバンコクに旅立ちました。今回はエアアジアの欠航があり2泊3日の強行スケジュールだそうで、小さなバック一つでした。
時期をみて上手くエアアジアのキャンペーンを利用すると2万とかでバンコクにいけるとか。確かに機内食がいらなかったり、座席はどうでもよかったりすることがあるので、それを選択しないだけ安くなるのはありかと。ただ、なんにもない(映画とかゲームとか無い)5.6時間のフライトって厳しいんですよね~。どちらにしても、今まで搭乗した航空会社の中で二度と乗りたくない中国東方航空よりは良いかな。

上手く組み合わせると得するでしょ


ポチっとクリックお願いします。