初めてのバンコクで両替するオススメパターン

嬉しいことに今朝のバーツレートをチェックしたら1バーツが3.2856円になり1万円両替をしたら3000バーツを超えるようになってます。そして、10月の予測としては3100バーツになるだろうと 予測しているサイトもあるので、私が次回訪タイを予定している11月には、更にバーツが下がるんではないかと期待してます。
50バーツ前後の変化で一喜一憂している私ですが、実際に50バーツあれば美味しいタイ料理が屋台で食べれますし、短い距離ならタクシーだって乗れちゃいます。 ただ、50バーツ増えたなんて喜んでても、バンコクでは両替するところを間違えたら、それ以上に損をします。ってな訳で、私がオススメするバンコクでの両替パターンを書きたいと思います。きっと、もっと良いパターンがあるのでしょうが、もし知ってる方は教えて下さい。

【追記】空港内でも良い場所を見つけました。
バーツ両替はどこが一番良いか?」※2018年4月29日UP

最初、お酒屋さんが両替所?と不思議に思ったタニヤスピリット

最初、お酒屋さんが両替所?と不思議に思ったタニヤスピリット

続きを読む

ヨガはヨーガと呼ぶべきなのかも

昨日、東京体育館でヨガ教室を受けてきました。こちらの教室は8月以来の二回目。前回より参加人数が増えており、生徒は全部で12名になり、ほぼ教室はいっぱいの状態になりました。今回の授業は前回とは異なり、かなりハードな内容でした。半分くらいでめまいがしてしまい、無理はいけないと思い、何度も休みながら約90分のレッスンを終了しました。
今回二回目のヨガでしたが、率直な感想としては「ヨガって思ったよりしんどい」。

このポーズはかなりきつい

このポーズはかなりきつい


実は、今日も胸脇あたりの筋肉痛になっております。ただ、身体に良いことしていると実感できているので、今後も続けようと思うのですが、そもそもヨガって?と疑問になり、ヨガってを少し調べてみました。

 ヨーガ(梵: योग , yoga)とは、古代インドに発祥した伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱(モークシャ)」に至ろうとするものである。 wikiより

ヨガでなくヨーガなんですね。そして伝統的な宗教的行法。
そう言えば、ヨーガを導入したオウム真理教を思い出しました。オウム真理教事件によりヨーガと言われなくなったかは知りませんが、もともとはヨーガと発音するのが正式のようです。日本には西暦806年に空海が伝えたと言われており、宗教的要素がとても強いものだったらしいです。現代のヨガと言われているものは、アメリカのニューヨークやハリウッドなどで流行ったものが入ってきて健康法といてブームとなり、インドに逆輸入されているようです。

そんな健康法としてのヨガとしていくつか種類があります。

・ハタ・ヨーガ
西洋身体文化とインド伝統武術が融合してインド独自のものと体系化されたヨーガ体操。現代ヨーガのアーサナ(座法や体位のこと)のベースとなっているもの。

・アシュターンガヨーガ
パワーヨガの源流とも言えるもの。正式名はアシュターンガ・ヴィニヤーサ・ヨーガと言い、現在でも世界中から多くの者が大本山である南インド都市ソイマールのアシュターンガ・ヨガ・リサーチ・インスティテュート (AYRI) に訪れているそうです。

・パワーヨーガ
アジュターンガヨーガをベースに肉体に負担をかけることによって脂肪を燃焼させて美しい身体をつくるという、アメリカで開発されたもの。ハリウッドスターを中心にブームとなり、別名「ハリウッドヨーガ」とも言わている。

・マタニティヨーガ
妊婦向けのヨーガ。呼吸と共に行うヨーガにより、精神的安定や痛みのコントロールにつながると言われてます。

・ヨーガセラピー
ストレスなど解放するとされ、医療機関で導入が進められているもの。日本ではヨーガ療法とも言わている。

それぞれは源流があって、そこから様々な分野に分かれているようです。私が先日受けた「ボディーアートトレーニング」もヨガを取り入れていましたので、多分、パワーヨガからの派生ではないかと思われます。

 昨日受けたヨガ教室は、呼吸法を重要視しながら体の伸びを意識するものでした。ヨガの中には、無理をすることで腰痛などの原因になってしまうこともあるようなので、何事も無理をせず、身体の声を聞きながら動かすのが良いんでしょうね。来月もヨガ教室が開かれる予定です。それまでに、柔軟をしっかりやって身体を柔らかくしておきたいと思います。

ヨガマットはすべらない物が良いと先生が言ってました。
安く売っているのは保護として表面に塗られているものが滑るらしいです。

持ち運び用にバックは持ってた方が便利です。

インド・ナマステフェスティバル、やっぱりチャイティー好きだな。

 昨日、代々木公園で開催されたナマステフェスティバルに行ってきました。
代々木公園のイベントには渋谷の知り合いと何度か行ったことがあり、今回もお誘いを受けましたので一緒に行くことに。その方々とは同じ代々木公園で6月に開かれたベトナムフェスティバルにも行きました。タイフェスティバルをはじめ代々木公園で開かれる海外のイベントは楽しいです。
20150927_103326
 このナマステフェスティバルは名前の通りインドのイベント。今回はじめて行ってみるので、ちょこっと調べてみると。
 ナマステフェスティバルは1993年に財団法人アジアクラブと日印経済委員会の共済で開催されたのが始まりで、今年で23回目だそうです。タイフェスティバルが16回目より歴史があるってことですね。ただし、最初は築地本願寺で行われたらしく代々木公園に会場を変えたのは最近の話らしい。ちなみに、去年は代々木公園でデング熱騒動が起きたので、延期したり会場を変えたりと大変だったようです。共済者は「ナマステ・インディア実行委員会」「NPO法人日印交流を盛り上げる会」「インド大使館」「インド政府観光局」となっており、3年前にはインド大使館が「インド国外では世界一のインド祭と表現してもよい」と言われたそうです。代々木公園で開かれるイベントは、タイフェスティバルをはじめ世界レベルで凄いのかも。
 さて、ナマステフェスを楽しむために私たちは、朝の10時から会場裏のベンチ辺りにテーブルなどを置き陣地取り、クーラーボックにビールやワインを詰め込み、じっくりとナマステフェスティバルを楽しむことに。
 イベント会場はインド雑貨やヨガを楽しめるブースからインド料理が食べるお店など、インドがまるごと楽しめる会場になってました。この手のイベントは食べ物から楽しむのが通常というより、それ以外の楽しみはないかも。笑
 と言うことで、カレー、タンドリーチキン、ナン、バターライスから食べることに。何種類かのカレーを食べましたが、本格的なインド料理店で食べる味と同じで美味しい。そして、この手のイベントならでは楽しみ方でもある、同種類のカレーををお店ごとに食べ比べて味の違いを楽しむことをしました。バターチキンカレーでもお店によって辛さやまろやかさが全く違う。このお店の方が好きとか嫌いとか、ワイワイしながら久しぶりにインドのカレーを堪能した一日でした。
 ただ、スグにインド料理に飽きてしまったのも事実。インド料理店は30店舗以上出てたと思うのですが、9割はカレー。どこを見てもカレーなので、口直しをしたくても選択肢がない。端っこの方にインドデザートを扱っているお店があったので、食べてみたところ。うーーん、合わない。口の中に広がった甘ったるい濃い感じが抜けない。
 そんな時に近くから「チャーイチャイチャイチャイ」とヒゲを伸ばしたインド人が呼び込みをする声が。チャイティーのお店が!スタバのチャイティーラテが好きな私。200円という安さもありスグにホットチャイを購入。口の中の甘さはチャイで流すことができ、思わずおかわり。とても美味しく頂きました。
 結局、インド料をつまみにビールやワインを飲みながら朝の10時から17時頃まで7時間いました。その中で一番美味しくて、おかわりをしたのがチャイ。やっぱりチャイ好きだな。

 曇りではありましたが、それなりに盛り上がってのではないでしょうか?タイフェスティバルの最初の頃、タイフードフェスティバルと言われてた頃と同じくらいの人出だったので、会場は普通に歩けるし購入やら食べるスペースがあるので楽しめるイベントだと思います。ただ、料理が日本人に合うかどうかは・・・汁物とかあると嬉しいかな。来年もタイミングあったら行きたいと思います。

さて、チャイを家で入れてみようと思います。

バンコクのテディーズビガーバーガー

 バンコクのエカマイ駅にあるゲートウェイエカマイのグランド階にハワイの大手新聞社が主催するレストランランキングで14年連続一位の「Teddy’s Bigger Burgers テディーズビッガーバーガーズ」がオープンしたらしい。正直、バンコクでハンバーガーを食べたのは、ナナプラザ入口にある屋台のハンバーガー屋さんだけだったので、本場ハワイで14年連続一位のハンバーガーを食べてみたくなりました。これはタイに行かなきゃとスグにタイ好きの私は考えるのですが、ちょこっと調べてみたら2009年に日本でオープンしてたので、まずはそちらをチェック。
best2_img_011
テディーズ ビガー バーガー 表参道(Teddy’s Bigger Burgers)
住所:東京都渋谷区神宮前6-28-5 宮崎ビル 2F
場所は表参道というより、明治通りを原宿から渋谷に向かったところにあるので、何となくイメージで表参道ってつけてたのかな。過去ログなどを見てみると、最初は渋谷ってつけてたようなので。
ホームページはこちら。
http://tbbjapan.co.jp/index.html

こちらのメニューをチェックしてたところ。

・オリジナルバーガー
ビーフ140g 880円
・チーズバーガー
ビーフ140g 980円
・エクストラクリスピーポテト 280円~380円

日本とバンコクを比べてみようってことで、今回バンコクにオープンしたテディービガーバーガーのメニューは。

・オリジナルバーガー
ビーフ 240バーツ(約800円)
・チーズバーガー
ビーフ 265バーツ(約883円)
ポテトコンボ 70~90バーツ(約233円~300円)
※1バーツ3.334円で換算(2015年9月26日レート)

どうやら、今食べるならバンコクで食べたほうが少しだけ安いようです。

でも、何故?エカマイゲートウェイにオープンしたんだろう。。一年前にゲートウェイエカマイに行った時は、3階以上のお店がほとんど閉まっており、客数も少なく死亡寸前だと思ってたのに。今年になって、雪を積もらせたイベントなども行っていたようなので、何とか頑張っているのだろうか。
とにかく、ハンバーガーを食べるかは別として、東急もオープンしたようなので、次回訪問時はエカマイ付近をチェックしてみたいと思います。

それとは別に、ふと気になったのが「14年連続ハワイレストランバーガー部門1位」。

いろんな記事やブログでは、現地大手新聞社が主催するとだけで新聞社名が書いてなかったので、信用性あるの?と思って調べたところ。ちゃんと新聞紙まで記述しているブログや記事はなくて、いろいろ探してみて出てきたのが、日刊紙ホノルルアドバタイザー紙の読者が様々なジャンルのベストを選出する「HAWAII’S BEST」。全部で53部門あって、Food&Dining部門のハンバーガー部門でテディービガーバーガーが選ばれていました。

ただ、ハワイのベストランキングってたくさんあって、それぞれが勝手に選んでいるので信憑性がどこまであるのかは謎であります。ハワイのメジャーグルメランキングてだけでも、三つありました。

・ハワイ雑誌「ホノルル マガジン」と同誌の読者投票を元に決定されるレストラン賞「HALE’AINA AWARD」
・ハワイ最大の日刊紙ホノルルアドバタイザー紙の新聞読者と評論家が選ぶレストラン賞「ILIMA AWARDS」
・ハワイ最大の日刊紙ホノルルアドバタイザー紙の読者が選ぶ「HAWAII’S BEST」

ちなみに「HAWAII’S BEST」のハワイタイ料理で選ばれていたのは「Pattaya Thai」でした。パタヤなんだ。

まぁ、ハンバーガーは食べて評価するしかないですね。原宿近くにいったら食べてみようかと思う。
やっぱりバンコクで240バーツのハンバーガーは高いよな。

家でハンバーガーつくってみるかな。


ポチっとクリックお願いします。

【タイ語】暑季、雨季、寒季




タイの季節は、大まかに三つに分かれます。

一つ目は、だいたい3.4.5月頃の暑季になります。熱帯の国タイと思うほど、暑い時期になります。この時期はマンゴーやドリアンの美味しい季節になります。日本の季節で例えると夏になりますね。
二つ目は、だいたい6.7.8.9.10月の雨季になります。気温はさほど上がらず、過ごしやすい気温になります。この時期に稲作がされます。日本の季節で例えると梅雨ですかね。
三つ目は、だいたい11.12.1.2月頃の寒季もしくは乾季になります。雨があまり降らず気温があがりません。去年のこの時期に行ったときには、上着が欲しいくらいでした。日本の季節で例えると冬?にはならないような。でも雨も降らないので似ていると言えば似てます。

今日のタイ語はタイの季節名

「暑季」
ฤดูร้อน
ルードゥー ローン

「雨季」
ฤดูฟน
ルードゥー フォン

「寒季」
ฤดูหนาว
ルードゥー ナーウ

「乾季」
ฤดูแล้ง
ルードゥー レーン

それぞれの時期で楽しみ方が変わります。
私の場合、暑季はフルーツが美味しいのとソンクラン祭りで騒ぐ。
雨季はプーケットでサーフィンができます(最近はしてませんが)。
乾季は肌寒いくらいなので、一枚羽織れば日本人には過ごしやすいと思います。

日本と同じで、季節毎に楽しみがあります。

これはタイで重宝しました。