モンスターマザーと店長が全てをダメにする。タイ料理店でのお話。

仕事は誠実であるべき。社会人になって上司から教わったことです。28日に衆議院解散に向けて動き出すようですが、この時期に解散をする日本の首相や、知事業務をキャンセルして新党立ち上げた東京都知事にも疑問が残る政治の世界。あまり政治には詳しくないのですが、政治(仕事)を誠実に捉えているとは考えにくい。今回の投票はしっかり考えたいと思います。
さて、本日は気に入ってたタイ料理店が、店長の対応で二度と行かないお店になってしまった話。コンセプトが良いのに、人がダメにする店舗の実例になります。仕事柄、私は接客に関しては少しうるさい方になります。ただ、お店が成長するためには必要な事だと考えます。文句ばかりのクレーマーでなく、このような対応をすべきじゃないというのも記そうかと。タイ料理店だから頑張って欲しいという願いを込めて。

失敗例

続きを読む

ぶくろマルシェでタイ雑貨販売をして思ったこと

「ぶくろマルシェでタイ雑貨を売ってみよう!」と思ったのが去年の暮れ。その目的は二つでした。一つはタイへ行くなら何かしら商売になるものはないか?それで旅費の一部でも出たらラッキーという雑貨輸入業的なもの。もう一つは、タイらしいものが日本ではどのように見られるのかというマーケティングをしてみたいというもの。
実際に出店してみて、いろんなものが見えたり感じることができました。その一部をお伝えしようかと思います。これからマルシェなどに出店する方の参考になればと思います。好きなものを売るって難しいですもんね。

IMG_1720
続きを読む

バンコクの日本うどんチェーン店が撤退。理由を考えてみた

タイのニュースをチェックしていると「外食チェーンのフジオフードシステムは26日、タイの合弁会社MBKフード・システムを清算すると発表した。」とありました。バンコクでは、MBKとシーナカリン通りにあるシーコンスクエア内に「鶴丸饂飩本舗」あったようです。現在は「まいどおおきに食堂」と「つるまる」の各一店舗のみ。ちなみに、今回の精算理由としては、「タイにおける和食業態の競争が激化したこと」とありました。
以前のブログ「幸楽苑がタイで失敗した理由を考えてみた。」であげた理由に一つだった店舗立地は、MBK内とクリアしているのに何故?と疑問に思い、他に理由があるんじゃないかと口コミを調べてみました。何となくですが撤退理由がわかったような気がしました。きっと、内部ではいろいろあったのでしょうが、外からみた独自見解を書きたいと思います。あくまでも私見になりますので、違うと思う方はスルーでお願いします。

画像:http://tomarithai.com/blog/ 泊まりたいアジア

画像:http://tomarithai.com/blog/ 泊まりたいアジアさん

続きを読む

タイのちょっと良い話。あっという間に、いいね!29000、シェア4000

タイ国王が崩御された翌日、エアアジアパイロットのパットパナチェットさんのfacebook投稿がタイ国内で大きな反響を呼んだそうです。
13日にパットさんは成田に着いた際にプミポン国王崩御の知らせを聞きたそうです。翌日は会社から成田からの復路は喪章をつけて搭乗せよとの通達を受けて、成田市内で喪章を付けるために黒い布を買うためにお店に入った際の店員とのエピソードになります。パットさんの投稿を読んでみると、目が潤っとくるくらい感動をしました。そして、その後日本人スタッフの新聞記事を読んでみると、日本人の対応の素晴さが垣間見えました。今日は、それらの記事を紹介したいと思います。

喪に服しているパットパナチェットさんのfacebook 

パットパナチェットさんのfacebook タイ人の多くは喪に服しているのでバックが黒になっています。

続きを読む

オリジンの発売終了ガパオガイがもう一度食べたい。

関東や関西に多くあるお弁当屋さん「オリジン」のガパオライスをご存知だろうか?タイ好きでないと目に留まらないかもしれませんが、先月8月、オリジン店前にポスターを貼って宣伝をしてました。
私は、初めてのタイ料理店に行ったら、必ずと言って良いほどガパオガイを食べます。ガパオ好きとしては、もちろんオリジンのガパオも食べてみました。そうしたら意外にも、私のガパオガイランキングで美味しい方にランクイン!
一週間後、もう一度食べたいと思いお店を覗いてみたら、ガパオガイのメニューが消滅。現在は発売しておりません。
今日は、その販売終了になったオリジンのガパオライスを実食した感想を書こうかなと。それと、これからガパオガイライス弁当をつくろうと思っているお弁当屋さんに、私の希望を伝えてたいと。これ商品にしたら、きっと売れると思うんだけどな。

IMG_0993
続きを読む

一風堂がタイの隣国ミャンマーへ進出!久しぶりに食べに行こうかな。

ニュースをチェックしていると「一風堂が来春ミャンマーに進出」とありました。ラーメンがめっちゃ好きというわけでもない私は、時々ですが一風堂と一蘭を混乱してしまうことがあります。もちろん、両方とも行ったことあるのですが、「話せる」又は「話せない」で区別をしています(笑)。ミャンマーに進出する一風堂は「話せる」方のラーメン店。一番最初に食べたのは、知り合いから美味しいと紹介された六本木店でした。それから、博多に行った時は大名本店にも食べに行き、本店は格別に美味しかった記憶があります。
タイにも既に進出をしており、いち早く世界に進出している、日本のらーめん店として注目してみました。いやぁ、かなりのスピードで世界展開してました。

大好きな一風堂の赤丸 画像:tabelog.com

大好きな一風堂の赤丸 画像:tabelog.com

続きを読む

池袋でタイ料理ランチinトムタイ(TOM THAI)

最近、行くようになった池袋。全く知らなかった池袋も少しずつ知るようになり、池袋の魅了にはまりそうになっています。そんな、池袋でタイ料理ランチを楽しんできました。
タイ料理を楽しんだのは、池袋駅東口から徒歩3分にある「トムタイ TOM THAI」さん。こじんまりとしたお店構えが入りたく気持ちになります。女性客が多かったランチレポートになります。

IMG_0665 続きを読む

タイ人に人気の多慶屋(タケヤ)から日本の販売店戦略を考えてみる

約3年前のブログで「日本観光でタイ人がよくいくお店。多慶屋」を紹介しました。当時、タイ語学校の先生に聞いた話でした。よく調べてみると、実はタイ人が多く多慶屋に行き始めたのは、話を聞いた2013年頃らしく、まさに当時の旬な情報でした。
そして、2013年7月から観光で日本に訪れるタイ人の入国ビザが不要になったのと、昨年までのバーツ高によって、多くのタイ人が観光で日本に来るようになりました。先月2016年5月においては、訪日タイ人の数が約85000人になり、東南アジアではNo.1の来日数になります。現在でも多くのタイ人が多慶屋に買い物に行っており、ここ数年は多くの百貨店やディスカウントショップが売上で苦しんでいますが、多慶屋には多くのお客様がいて外国語が飛び交っているそうです。今日は多慶屋がタイ人のマーケットを掴む為に何をしたのか?そして、これからタイ人(東南アジア)のマーケットを掴むためには何をすべきか?私なりに考えてみました。

多慶屋 続きを読む

タイフェス出店店舗の効果的戦略を考えてみた

 今年のタイフェスは二日とも天気にも恵まれて、多くの人が来場し成功したのではないでしょうか。大使館関連の知り合いから聞いたところ、この代々木公園のタイフェスティバルは、世界中で行われるタイイベントで世界一の規模だとのこと。私が行き始めの頃に比べ、タイ国政府観光庁も更に力を入れて、このイベントを盛り上げているのがわかります。そして、飲食関連店舗のメニューも豊富になり、来場者が楽しめるようになってきていると感じました。
 IMG_0336 続きを読む

タイ人向け日本レストラン紹介アプリ「Edamame – Japanese restaurants guide」をチェックしてみた。

 訪日タイ人向け飲食店アプリ「Edamame – Japanese restaurants guide」のサービスが本日(2016年2月2日)から開始されました。サービス提供元は豆蔵ホールディングさんで、東京都新宿に本社を構え、平成16年に上場した会社。情報システムを中心に幅広く手がけています。

サービス内容としては

アプリ開いたらこの画面。とても綺麗に作られてる。

アプリ開いたらこの画面。とても綺麗に作られてる。

続きを読む