「BNK48」がタイで成功するにはを考えてみた。

「BNK48」がタイで成功するには

 テレビのニュースで流れてた、2016年3月26日のAKB48コンサートで発表された海外ユニット三つ、台湾・台北の「TPE48」、フィリピン・マニラの「MNL48」、そしてタイ・バンコクの「BNK48」。当然、タイ好きの私としては「BNK48」に注目がいくわけです。しかし、私はアイドルに関しては全くの無知。ことAKB48に関しては、パチンコ台で打って知ったくらいの知識しかありません。
タイ好きとしては最低限は知っておかなければならないとの義務感から調べてみることにしました。そして、私なりに日本のアイドル文化がタイで成功するには、どうしたらよいかを考えてみようかと。まずは、今年1月の「ジャパンエキスポタイランド」にタイに来て、初ライブを披露したAKB48メンバーから調べました。

画像:公式Facebookぺージより https://www.facebook.com/bnk48official

画像:公式Facebookぺージより https://www.facebook.com/bnk48official

バンコクで初ライブをしたAKBメンバー

【追記】
2018年年末は紅白にも出て、私の予想が大外れで大人気になっているBNK48。イベント会場も連日の大人気だそうで、全く興味のない私でも見てみたいなと思ってます。

バンコクセントラルワールドのコンサートに参加したAKB48メンバーは以下。※は2015年総選挙の順位。

島田晴香さん(Team K)※圏外
鈴木まりやさん(Team K)※圏外
横島亜衿さん(Team B)※圏外
伊豆田莉奈さん(Team 4)※圏外
野澤玲奈さん(Team 4)※圏外

うっ 誰もしらない。。
島田晴香さんは静岡県出身のAKB48の9期、鈴木まりやさんは埼玉県出身でAKB48の7期、横島亜衿さんは愛知県出身でドラフト生?、伊豆田莉奈さんは埼玉県出身でAKB48の10期、野澤玲奈さんは東京都出身でJKB48、写真を見ても分かりません。。

バンコクセントラルワールドでのライブは盛り上がっていたようです。。が、日本人の私ですら知らないメンバーなのにタイ人で知ってるとしたら、かなりのオタク。祭り好きのタイ人が盛り上がっただけなのかなと思ったり。

AKB48は兼任とかすると思うので、上記のメンバーが兼任とかするのかな?うーん、タイ贔屓としては、兼任メンバーにせめて総選挙で80位以内に入っている子を一人でも入れて欲しいと思う。

BNK48のフェイスブックページ

3月26日には「BNK48」の公式フェイスブックページが立ち上がっていた。
https://www.facebook.com/bnk48official

一晩で1万人がいいねをしました。さすが、SNS好きのタイ人であります。これから、この公式フェイスブックページから情報が発信されるでしょうから、注目していきたいと思います。発表されて二日というのもあるのでしょう、今のところは情報がありませんでした。

ちなみに、「BNK48」のロゴのピンク紫っぽい色は「蘭」をモチーフにしたそうです。うーん、黄色や赤色じゃないんだな。

なぜ?BKKでなくBNKなのか

そして、ネットでも不思議がられているのが「BNK」と略されたアルファベット。バンコクを表すとしたら「bankok」を「BKK」と表します。台北「taipei」が「TPE」、マニラ「manila」が「MNL」は世界的には分かりやすくなっています。というのも、それぞれの空港コードが台北はTPE、マニラはMNLとなっており同じだから。この流れでだと「BKK48」となるのだが、この部分だけは謎。空港コードだと「BNK」はオーストラリアのバリナ/バイロン・ゲイトウェイ空港になってしまう。

今からでも遅くないと思うから、「BKK48」に名前を変えてみてはどうだろうか?

タイにおけるアイドルユニット戦略

親日であるタイにおいて、これまでに日本の文化を受け入れて成功した例はたくさんあります。ただ、その多くがタイ人によってタイ人向けにアレンジされたものになります。代表的なものが「タイではお茶のペットボトルでベンツやマンションが当たる」で書いた、緑茶に甘味をいれた飲料やいち早く日本食をビュッフェスタイルにしたようなタイ人用のアイデア。
日本のアイドルユニットもタイ人用にアレンジが必要かと思います。素人からだけでなく、グランミー(タイ最大の音楽会社)のアイドルとのユニットを考えるとか、ハーフだけでメンバーを構成するとか。ここ最近、グランミーは経営不振のようなので、日本マーケットに向けてコラボしたら、タイ経済への貢献もできるのではないでしょうか。

いままで、日本人がタイでデビューして一瞬売れたりするが、スグに下火になってしまいました。これは、熱しやすく冷めやすいタイ人の気質もあると思う。じわじわと売れてきたAKB48(私のイメージ)のようなことは、タイでは起こりにくいと感じてます。ドカーっと宣伝して、一気にタイ人の心を鷲掴みにするような戦略がタイでは成功するかと。

この「BNK48」が成功することによって、多くの日本人がタイを好きになってもらえたら良いなと思う。本当に成功を願います。

~thaiuniおっさんのつぶやき~
どちらかというとセクシー系が御法度のタイで日本のアイドルは通じると思う。ハーフやクォーターの可愛い女の子が踊ったら人気でると思うんだけどな。それより何より早く「BKK48」に変えるべき。

タイに関する相談はお気軽に♪


ポチっとお願いします