【ホアヒンとパタヤ】どっちがおすすめ?バンコクから海を楽しむ♪

ども!タイウニです。

本日は、タイの海が楽しめるホアヒンとパタヤについて。

バンコクから海を楽しみたいけどホアヒンとパタヤはどっちが良いの?という人へ。

ホアヒンとパタヤへの行き方、海の綺麗さ、雰囲気、治安などを紹介。

両方の海へいって感じたことは、全くタイプが異なる海だなと。

海に何を求めるか?で選ぶと、タイの海が楽しめますよ。

タイウニ
タイウニ

訪タイ60回以上のタイウニが二つの海を比較します。

スポンサーリンク

【ホアヒンとパタヤ】どっちがおすすめ?バンコクから海を楽しむ♪

ラン島

今まで、ホアヒン、パタヤをはじめ、プーケット、サムイ島等の海へ行きました。

日本の湘南、千葉、沖縄がそれぞれ違うように、タイの海もそれぞれ特徴があります。

本日は、バンコクから海を楽しみたい方へ、ホアヒンとパタヤの違いについて紹介します。

バンコク旅行で、せっかくだから綺麗な海も楽しみたい!という人も多いはず。

ホアヒンとパタヤは、バンコクから比較的気軽に行ける海(ビーチ)。

ただし、この二つは全く違うタイプのリゾート地。

それぞれの特徴を、海の綺麗さ、ホテル料金、食事料金、静かさ、治安で比較。

このブログで、自分はどっちの海に行きたいかが分かりますよ。

タイウニ
タイウニ

リゾート地で有名なプーケットやサムイ島に比べると、めっちゃ気軽でリーズナブルに行ける海がこの二つ。

バンコクからホアヒンとパタヤまでの距離

ホアヒン

まずは、バンコクからの距離。

ホアヒンは、バンコクの南西約200キロ。

地図、バンコクの左下。

タイのプラチュアップキリカン県にあり、王族の保養地として人気で、白い静かな白浜に五つ星クラスのホテルが立ち並ぶリゾート地。

パタヤは、バンコクから南東約160キロ。

地図は、バンコクの右下。

タイのチョンブリー県にあり、1960年代から開発が進められ(ベトナム戦争時の米軍の保養所として)、エンターテインメントが充実しているリゾート地。

バンコクから行くと、約1時間ほどホアヒンの方が遠いですね。

タイウニ
タイウニ

ホアヒンは古くからタイ人のリゾート地であり、パタヤはベトナム戦争後に発展したリゾート地。だからgogoバーが多いんだな。

バンコクからホアヒンとパタヤへの移動方法

バンコクからは、どちらも陸路の移動で、鉄道、バス、タクシーなどで行けます。

安く行けるのは、鉄道とバス。

タクシーでの移動は、メーターでなく交渉になる。

私の経験では、パタヤは1500~2000バーツといったところですね(2019年現在)。

それでは、安く行ける鉄道とバスの移動方法を紹介します。

バンコクからホアヒンまでの移動方法

【鉄道】

ファランポーン駅から1日10本※所要時間は約3.5時間

【バス】

バンコク南バスターミナルから45分おきに出ています※所要時間は約2.5~3時間

バンコク南バスターミナル

スワンナプーム空港からも出ています※所要時間約2時間

タイウニ
タイウニ

効率を考えると、スワンナプーム空港⇒ホアヒン(パタヤ)⇒バンコク⇒スワンナプーム空港が移動距離的に良い。

バンコクからパタヤまでの移動方法

【鉄道】

ファランポーン駅から1日1本※所要時間は約3.5時間

【バス】

バンコク東バスターミナルから昼間は15分おき、夜は40分おきに出ています※所要時間は約2~2.5時間

バンコク東バスターミナル(エカマイ)

スワンナプーム空港からも出ています。

パタヤまでの移動方法はブログでもまとめています。

タイウニ
タイウニ

日本は鉄道を選択する人が多いが、タイ人の多くが利用するのがバス。遅延の多い鉄道に比べ、時間が読めてリーズナブルという理由から。

ホアヒンとパタヤの海は?雰囲気は?物価は?

パタヤ

バンコクからの移動だと、ホアヒンとパタヤの違いは1時間ほどなので、さほど変わらないともいえる。

では、海とか雰囲気は?というと、この2つは違ってくる。

分かりやすく表にしてみると、

ホアヒンパタヤ
海の綺麗さ
アクティビティ★★★
夜の静かさ★★
治安の良さ★★
物価の安さ★★★★

海は、両方とも綺麗とは言えません(透明度がある海ではない)。

アクティビティは、ホアヒンにはほとんどありませんが、パタヤは様々なものが揃っています。

夜の静かさは、ホアヒンはお店ごとに楽しむって感じで、パタヤは街中が賑やか(賑やか過ぎるw)。

治安は、夜が賑やかな分だけパタヤの方が悪い(マフィアとかいると聞きます)。

物価は、両方とも同じくらい安い。バンコクよりも安いし、プーケットやサムイとかに比べると遥かに安い。

ホアヒンとパタヤを比べると、このようになります。

ちょっと待って!「ラン島が抜けてる」と声が聞こえてきそうなので、ラン島の評価もしてみると。

※ラン島はパタヤからフェリーで1時間くらいの離島。

ラン島(パタヤ)
海の綺麗さ★★★
アクティビティ★★★
夜の静かさ★★★
治安の良さ★★
物価の安さ★★

私は、ラン島に宿泊したことありませんが、友人から聞いた話で評価しました。

この評価だけだと、パタヤの悪い部分をカバーしているのがラン島となるw

ただし、ラン島は宿泊施設が少ないので、宿泊を考えている人は少ない。(海だけ楽しんで宿泊はパタヤって人がほとんど)

やはり便利♪

ホアヒンとパタヤはどっちがおすすめ?何泊が良い?

タイの海

そこで、実際にどっちのビーチがおすすめかというと。

評価にも出ている通り、

静かなビーチリゾートを楽しみたい人⇒ホアヒン

賑やかなビーチリゾートを楽しみたい人⇒パタヤ

となる。

言い方を変えると、

ビーチで静かにのんびり過ごしたい人⇒ホアヒン

マリンスポーツもガンガン楽しみたい人⇒パタヤ

こんな風に思うのが一般的。

それと、夜の過ごし方も全く違う。

静かなところ飲みたい人⇒ホアヒン

賑やかなところで飲みたい人⇒パタヤ

だから、賑やかなところで飲みたい人たちがホアヒンに行くと、こんな事件を起こしてしまう。

場所を考えて研修旅行に行かないとね。

タイウニがおすすめするタイの海

バンコクから同じような距離にあるホアヒンとパタヤ。

どっちが良いの?ってなった時、それぞれの特徴から「私は静かに過ごしたいからホアヒン」という人もいると思う。

私も、静かさだけながらホアヒンにする。

でもね、パタヤにはラン島があるんだな。

ラン島があるから、パタヤではこんな過ごし方ができる。

「昼は、パタヤを離れてラン島へ行きのんびり過ごし、夜は、パタヤに戻り、ニューハーフショー等のエンタメやグルメを楽しむ」

という訳で、私はパタヤの方がおすすめ。

そして、何泊するのがおすすめかというと。

ズバリ!2泊以上

というのも、パタヤだけじゃなく、ラン島をセットにするのがおすすめ。

綺麗な海が楽しめるラン島は、できたら1日ゆっくり過ごして欲しい。

朝早くに出発して、夕方前に帰ってくるイメージ。

それには、最低でも2泊が必要。

そうすれば、ディナーや飲みが2晩楽しめるのもポイント高いところ。

という訳で、ぜひ!2泊プランで考えてみて下さい。

日程的に2泊が無理って人は、1泊でも良いけど日帰りでも良いと思う。

まとめ:ホアヒンとパタヤはどっちがおすすめ?

タイの海

私は、ホアヒンへ行った回数が少ないので、もっと魅力あるよ!って意見もあると思う。

ただ、飲みが大好きな私には、ホアヒンの夜は静かすぎた。

プーケットであれば、パトンビーチとカタビーチのどっちが好き?みたいな選択なら、私はパトンビーチを選ぶタイプ。

だから、カタビーチを選ぶ人はホアヒンが良いと思う。

カップル、友達同士でも好みがあるでしょうから、どんな海を楽しみたい?を決めてから選ぶとハズレは無いかも。

目的が違うと楽しみ方も変わるのでね。

ぜひ!ぜひ!バンコクから海を探して旅してみて下さい。

みなさんのタイ旅行が素晴らしいものになりますように♪

ブログ更新情報はtwitterで発信中♪フォローお願いします。
https://twitter.com/uniuni7

タイトルとURLをコピーしました