【タイ旅行のサンダル】入れてもらえなかったお店や観光地はココ!

ども!タイウニです。

本日は、タイ旅行中のサンダルについて。

タイ旅行にどんなサンダルを持っていったら良い?サンダルで注意することはある?という人へ。

サンダルだと入れないお店や観光地から、タイ旅行におすすめのサンダルを紹介します。

私も、お店を予約したけど、サンダルで入れなかったことがあったのでね。

サンダルがダメなお店や観光地を知っておくと、タイ旅行が楽しめますよ。

スポンサーリンク

【タイ旅行のサンダル】入れてもらえなかったお店や観光地はココ!

サンダル

私が、タイ旅行に必ず持っていくのがサンダル。

持っていくというか、スーツケースの中に入れっぱなしなだけw

そのサンダルは、15年前にパタヤで買ったもので、めっちゃ重宝しています。

本日は、タイ旅行で必需品とも言えるサンダルについて紹介します。

タイ旅行中は、ずーっとサンダルを履いていたいという人もいると思います。

しかし、サンダルだと入れない観光地やお店があるので注意して下さい。

同じサンダルでも、観光地に入れるのもあるので、そちらも併せて紹介します。

タイ旅行の必需品については別途ブログで紹介しています。

タイ旅行にサンダルが役立つ時

バンコク

タイ旅行中に、サンダルが活躍するのは

  • めっちゃ暑い日
  • めっちゃ豪雨の日

タイの平均気温は30℃を上回り、特に暑い日は40℃近くになる。

日本の夏より暑いので、靴や靴下を履くと蒸れます。

そんな時に、足元が涼しいサンダルは快適♪

また、タイは乾季(11~2月)を除いて、時々豪雨が降ります。

タイの雨は、日本のゲリラ豪雨のような時があり、よく道路が水浸しになることも。

そんな時に、役立つのがサンダル。

もし、その時に靴を履いていたら動けません。

だって、踝くらいまで浸水しますからね。

タイの街中や観光地を歩くのに、サンダルが快適でおすすめ。

これは紛れもない事実だけど、、

いくつかの場所で、ドレスコードがあるので注意が必要です。

タイ旅行中にサンダルで入れないお店と観光地

ワットプラケオ入口

ドレスコードとは、

服装規定とは、社会の中のさまざまな場所と機会、また行事や催し物、パーティやディスコなどの場面で当然、その場面でしかるべきとされる服装のことをいう。

wikiより

このドレスコードに、サンダルが含まれることが多い。

有名観光地に、ドレスコードがあることを知っている人も多いと思います。

また、昨今では高級レストランなども増え、ドレスコードを適用しているお店もあります。

私も、予約したけど、サンダルを履てて入れなかったフレンチレストランもあったり。

それらを含め、私が実際に入れなかった観光地とお店は。

私がサンダルで入れてもらえなかったところ

バンパイン宮殿

まずは、ガイドブックにも載っている定番の観光地。

多くの人が訪れる観光地なので、いろんなところでドレスコードの注意が書かれています。

ワットプラケオ・王宮(バンコク)

バンコク三大寺院観光のメインとも言える、ワットプラケオと王宮。

ここのドレスコードは厳しくて、踵なしサンダルはもちろん、短パン、ミニスカート、ノースリープなどもダメ。

服装に一番注意すべき観光地の一つです。

ブログでも紹介しました。

バンパイン宮殿(アユタヤ)

アユタヤ観光のコースに入っている、バンパイン宮殿。

こちらのドレスコードも、ワットプラケオ・王宮と同様に厳しいです。

アユタヤ観光では、一番最初にバンパイン宮殿に行くことが多い。

きっと、ここでアユタヤ観光全体のドレスコードをしているんだと思う。

ブログで紹介しました「【アユタヤツアー】バンコクから行くべきか?おすすめは一日?半日?

ちなみに、これら2つの観光地は、入口で代替え用の服を購入又はレンタルできます。

ただし、購入なら良いけど、誰が履いたか分からない靴をレンタルして履くのもね。。

こちらの観光では、靴や踵付きのものが良いです。

オスカービストロ(バンコク)

バンコク・スクンビット11にある、フレンチのオスカービストロ。

友人の社員旅行をアテンドした際に、9名で予約したけど、6名がサンダルで入れませんでした(踵付きでもダメ)。

私は、この手の高級レストランへ行く機会は多くなかったので、ドレスコードを忘れていました。

というか、タイであることすら忘れてましたw

入口で、何とか入れてもらえない?と交渉しましたが、ボスに怒られるからダメと言われ断念。

昨今、バンコクには高級レストランが増えました。

この手のレストランを利用する際は、を履いた方が良いかも。

それか、ドレスコードの確認を事前にして下さい。

ちなみに、女性はヒールサンダルならOKなところが多いですね。

WEBサイトにサンダルで入れないとあるところ

ルーフトップバー

次に、WEBサイトでサンダルがダメと書いてあるところ。

行く際は、靴を履いていった方が良さそうなお店です。

ルーフトップバー シロッコ(バンコク)

バンコクルーフトップバーブームの火付け役とも言える、シロッコ。

こちらのWEBページに、ビーチサンダル、スリッパは禁止とあります。

また、スポーツ用ユニフォーム、ノースリーブ、ショートパンツなどもダメとあります。

ルーフトップバーシロッコWEB

バンコクにあるルーフトップバーの中でも、シロッコが一番厳しいそうです。

ちなみに、ルーフトップバーオクターブは、踵付きサンダルで入れました。

Onxy Bangkok(バンコク)

タイのclubが集中しているRCA内にある、Onxy Bangkok。

こちらのクラブにもドレスコードがあり、サンダルはダメ。

また、タンクトップやショートパンツも禁止とあります。

私は、あまりクラブに行くことが無いので詳しくないですが、日本のちょっとハイソなクラブと同じような感じかなと。

つまり、最低限のルールを守る、進士と淑女が集う場所ってところですかね。

まぁ、踊っててサンダルで踏まれたら痛いもんね。

クラブやディスコに行くなら、サンダルじゃなく靴が良さそうです。

ちなみに、私が15年間愛用しているサンダルはこのタイプ

まとめ:タイ旅行のサンダル

僧侶はサンダル

タイは暑いので、サンダルを履きたいというのは分かります。

ただし、観光地高級レストランなどにいく時は、ドレスコードを気にした方が良さそう。

私のように、予約してお店まで行って入れないってこともあるので。

レストランの場合、タイ料理系は大丈夫な印象があるけど、フレンチ系は確認した方が良さそう。

とは言いつつも、雨が降ったら動けないこともあるので、サンダル利用もおすすめしたい。

タイ旅行中は、サンダルと靴を併用しようなくらいに思ってた良いと思います。

みなさんのタイ旅行が楽しいものになりますように♪

やはりあると便利♪

~thaiuniおっさんのつぶやき~
雨季のサンダルはめっちゃ良い!というか、サンダルじゃないと動きづらかったりする。街中をぶらぶら歩くならサンダルがベストだと思う。

タイトルとURLをコピーしました