【アユタヤツアー】バンコクから行くべきか?おすすめは一日?半日?

ども!アユタヤーツアー参加4回のタイウニです。

本日は、バンコクから行くアユタヤツアーについて。

そもそもアユタヤツアーって行くべきか?行くとしたらバンコクから半日?それとも一日?とお悩みの人へ。

アユタヤツアーに、4回参加したタイウニがお答えます。

ずばり!アユタヤは一日ツアーがおすすめです。

スポンサーリンク

アユタヤツアーはバンコクから行くべきか?一日それとも半日がおすすめ?

アユタヤ

そもそも、アユタヤを観るべき?と悩んでたら、ずばり!一度は観るべき!です。

バンコクからスグに行けるタイの世界遺産だし、寺院に全く興味ない私ですら、観光して良かったと思ったから。

私が、最初にアユタヤに行ったのは、19年前。

バンコクに来たからアユタヤでも行ってみるかと思い、モーチットバス停からローカルバスで向かいました。

その時、何を血迷ったのか、歩いて回ろうとしたんですよね。。

ローカルバスを降りて、トゥクトゥクでアユタヤ駅まで行ってもらい、そこから徒歩。

いや~歩いた、歩いた、そして死ぬほど暑かったぁ。

結果、ワットマハタートだけ見て、ヘトヘトになって帰りました。

そんな経験があったから、アユタヤ観光はツアーをおすすめしています。

でも、ツアーもいろいろ。

アユタヤツアーは4回参加して、そのうち3回が同じツアーでした。「おすすめのアユタヤ観光ツアー

私は、こツアーがおすすめ。

本日は、このツアー内容を中心に、おすすめポイントを紹介します。

バンコクからアユタヤの行き方

アユタヤは、バンコクから北へ約76キロ。

東京から箱根湯本、大阪から姫路市と同じような位置関係。

バンコクから、鉄道、バス、船などで行くことができます。

鉄道は、ファランポーン駅から約1時間半。

バスは、モーチット(バンコク北)バスターミナルから約1時間半。

船は、シャングリラホテル前とリバーシティSCから、リバークルーズが毎日運航。

ツアーを使わずに、鉄道やバスでアユタヤ駅まで行き、そこでレンタル自転車で回るというのもあるけど、タイは暑いからね。

やはり、移動中に車のエアコンで涼まることができる、ツアーがおすすめです。

バンコクからアユタヤツアーの種類

アユタヤ

アユタヤツアーは、半日ツアーと一日ツアーの基本2種類。

これに、バンコク3大寺院、水上マーケットが付くのと、最近はワットパクナム、メークローン市場、ピンクのガネーシャ付きツアーもあります。

そして、象乗り付きなのか?ランチ付きなのか?ディナー付きなのか?で料金が変わる。

整理すると、

  • 「半日ツアー」or「一日ツアー」
  • 「象乗る」or「象乗らない」
  • 「アユタヤのみ」or「アユタヤ+観光地」
  • 「食事なし」or「ランチ付」or「ランチ+ディナー付」

この辺りを、上から順に考えると決めやすい。

また、ツアー出発地を集合場所、滞在ホテル、空港など、解散地を滞在ホテル、ナイトマーケットなど選べます。

アユタヤツアーのガイド

それと、アユタヤツアーで押さえておきたいのが、ツアーガイドさん。

ツアーガイドさんは居た方が良い?それとも居なくても良い?

ずばり!ツアーガイドさんは居た方が良いです。

アユタヤツアー4回中3回がガイドさん付きでした。

みなさん知識豊富で親日家、日本に留学経験のある人、娘さんが日本で働いている人など、個性豊かなガイドさんで、話していて面白かった。

中には、ガイドブックには載ってないことを教えてくれたガイドさんも居たので、とても勉強になりました。

ツアーガイドを付けるかどうか?悩んでいるのなら、ガイド付きがおすすめ。

一つだけ注意点、ガイドさんによって言っていることが微妙に違ったりしますw

だから、100%信じないの方が良い。

これもタイっぽいところなので、「そんなこともあるんだ」くらいに聞いたら楽しいです。

今までアユタヤツアー4回はベルトラで予約しました♪

24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

タイウニおすすめアユタヤツアー

ワットヤイチャンモンコン

そこで、私がおすすめするアユタヤツアーは、「アユタヤのみ一日ツアー(ランチ付)」。

理由は二つ、一つは世界遺産を堪能するには時間をかけた方が良いから。

だって、お寺は慌ただしく観るもんじゃないよね。

ゆっくり歩いて、ゆっくり観て、時には座って佇む、そんな時間を過ごす場所でしょ。

もう一つの理由は、観光すると思ってた以上に体力を消耗するから。

アユタヤは30℃以上の猛暑になることが多いところ。

車での移動とはいえ、強い日差しの中での観光は、かなり体力を消耗します。

アユタヤ観光が終わっても旅行は続きます。

その後のタイを楽しむ為にも、無理のないスケジュールがおすすめ。

あれやこれや詰め込んだツアーだと、バタバタしてゆっくり観れない、戻ったら疲れて倒れちゃったなんてことも。

ゆっくりアユタヤ世界遺産を楽しむ♪これがタイウニのおすすめ。

アユタヤツアーの見どころ(タイウニおすすめ)

修行僧

最後に、アユタヤツアーの見どころを紹介します。

一般的?見どころは、ガイドブックにあるので、そちらを参照下さい。

ここでは、私が3回参加して面白かった見どころを紹介します。

バンパイン宮殿は奥の塔に登って餌やり

バンパイン宮殿

多分、ツアーで最初に行くのがバンパイン宮殿(4回中3回が最初でした)。

ここでの注意点は、服装。

サンダル、短パン、キャミ、クラッシュジーンズなどダメだから気を付けてね。

宮殿内は、王様の避暑地というのもあり、とても綺麗に整備されてます。

でも、タイウニとしては、その綺麗さに興味はありません。

おすすめするのは、奥にある「塔」と池の「魚」。

まず、奥にある「塔」を、まっしぐらに目指して登ってみて。

気持ち良いから。

次に、中央付近の池で、「魚」に餌をあげてみて。

鯉に紛れて、日本では見たことないでかーい魚(ナマズ?)が、大きな口をパクパク開けてやってきます。

ちょっと恐ろしい光景w

時々、あげたエサを亀が横取りするのが面白いw

ぜひ!餌をあげてみて。確か20バーツ(約70円)だった。

ロティサイマイは買いましょう

ロティサイマイ

ツアー中、アユタヤで有名なお菓子「ロティサイマイ」のお店へ立ち寄ります。

ツアーには入ってないのもあるので、立ち寄りたい!と伝えれば行ってくれると思う。

この辺は、タイっぽいところ。

ここで、ガイドさんによっては、ロティサイマイを買って食べさせてくれたりします。

4回中、2人が食べさせてくれました。

ここで、タイウニおすすめは、ロティサイマイを買う!

バンコクでも売っているところあるんだけど、探すのが大変。

買ってホテルに持ち帰り、あらためて食べると美味しさに気づくんだな。

ロティサイマイは、私の中で美味しさ上位に入るタイのお菓子。

ワットヤイチャンモンコン登って裏へ

中段を裏へ

ここ最近、珍しくなりつつある、大仏塔の中段まで登れる寺院。

といあえず、中段まで登って欲しいんだけど、おすすめは登る途中で逸れて裏に回る。

大仏塔の中段まで登る途中に、横へそれる階段があり、そこを上がって裏の方へ回れます。

表側(正面)と違い、人の気配が無くなるので、寺院っぽい雰囲気(静かさ)を味わえる。

インスタ映え(写真映え)する寺院でもあるので、速攻で写真を撮って、そそくさと裏に回りゆっくりしてみて。

何か新しいものが見つかるかもw

ツアー参加者に声をかけましょう

ワンボックス

最後に、良い悪い賛否分かれると思うけど、ツアー参加者に声をかけてみよう。

ツアーは、何組かの参加者がいて、ハイエースのようなワンボックスで回ります。

せっかく、同じ時間を共有するのだから、楽しく過ごす為にも声を掛け合い、仲良くなりましょう。

ランチも大人数で食べた方が美味しいし、それまでのタイ旅行話をすれば、良い情報交換にもなったり。

最初が肝心なので、「今日は楽しく回りましょう!」を積極的に声を掛け合って楽しいアユタヤツアーにしてみてはいかがしょう?

ぜひ!思い出に残るアユタヤツアーに。

楽しんくださいね!

初めてのタイはオプショナルツアー申込は日本の旅行代理「タビナカ」が安心♪

全ツアーが日本語ガイド対応!海外ツアーならタビナカ

アジア方面のオプショナルツアーに強い旅行代理店「KKday」♪

世界の旅行業界を牽引するオプショナルツアー【KKday】

~thaiuniおっさんのつぶやき~
もともと寺院好きでもないので、4回も行けば、もうアユタヤへ行くことはないだろう。それでも、2回は普通に楽しめた。象乗り初体験にもアユタヤはおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました