日本人セラピスト達とパンピューリに行ってきた♪

タイ・パンピューリに日本人セラピスト3名と一緒に行って来た

おは!です。ゆるんだ身体に危機感を感じてるタイウニです。今週から、朝の散歩をはじめました。

さて本日は、日本人セラピスト3名と一緒に行った「パンピューリウェルネス」の体験レポート。

私個人としては、3回目となるパンピューリ。バンコクにあるスパの中で、ぜひ!日本人セラピストに行ってもらいたいお店の1つがここ。
バンコクでアロママッサージ in パンピューリウェルネス

3名の日本人セラピスト(男性1・女性2)の感想を含めた体験レポートです。

パンピューリウェルネス

パンピューリ(Punpuri)の予約

前回、パンピューリに行ったのが約1年前。その時は予約なしで行って、すぐに受けれず2時間後と言われました。

今回は、私を含め4名というのもあり、前日に電話をして予約をしました。

当日、予約時間にお店に行き予約した旨を伝えたところ、予約が入ってなかったようで、スタッフがあたふたしてました。

それでも、スタッフが大人の対応してくれて、無事に受ける事ができました。

ちゃんと予約したんですけどね、、こんな事もあるので、予約の際は担当者の名前を聞いておいた方が良いかもしれません。

もしくは予約サイトがあるので、そちらからでも良いと思います。

パンピューリ(Punpuri)の店内・設備

受付でバタバタがありましたが、無事に店内に入ることができ、ソファーに座ることに。

エントランス

そして、メニューの確認。電話予約の時は、アロマオイルと伝えたんですけどね。。

もう一度やり直しってことでメニューをチェックしてると、ウェルカムドリンクがきました。

ウェルカムドリンク

その日は暑かったので、オーガニックジュースと冷たいおしぼりが嬉しかった。

ウェルカムドリンクで、ちょっと一息ついて選んだコースは、私と男性セラピストがディープスリープアロママッサージ、女性セラピストがアロマオイルとフェイシャル。

しばらくして、セラピストが迎えに来て、男性二人と女性二人でそれぞれ別れて部屋に向かいました。

廊下

通路には左右に個室があり、私達が入る部屋の前にはタオルが置かれてました。

部屋に入る前に、せっかくだからトイレをチェックしようと思い、立ち寄ることに。

トイレ

予想はしてましたが、とても綺麗なトイレでした。良い香りが漂い、備品も全てパンピューリでした。

パンピューリのクレンジング

もちろん、ウォシュレットもありました。

トイレから出て部屋へ。

パンピューリの部屋

私と男性セラピストがアロママッサージを受ける部屋は、こちら。

施術ルーム

個室にはシャワーも完備。既に施術前の準備も万端でした。

シャワールーム

私達は着替えを済ませ、セラピストに声をかけました。

パンピューリのアロマオイルマッサージ

まずは、足を洗ってくれます。

金のオケ

足を洗うのに使うのが、パンピューリのスクラブと生ライム。

スクラブ

これをオケにいれて足を洗ってくれます。

足洗い

良い香りの中、丁寧に洗ってくれます。

そして、ベットにうつ伏せになりアロママッサージスタート。

最初に「弱め」と伝えました。選んだアロマの香りに包まれながらの90分、至福の時間でした。

施術が終わり、一緒に受けた男性セラピストはシャワーを浴びましたが、私はシャワーを浴びずにそのまま。

アロマオイルは肌に良いからね。最近は、ちゃんとしたアロママッサージの後は、そのままにすることが多いかな。

そして、着替えを終え、エントランスへ。

施術後の果物

マッサージ後に出てくる果物を食べながら、セラピストさんに感想を聞きました。

日本人セラピストの感想

それぞれの感想を簡単にまとめると。

男性セラピスト
「すっごい!こんな設備で受けるのは初めて、これはいいね」

女性セラピスト
「違いますね。日本じゃ受けれない」
「めっちゃ良かった!フェイシャルに使ったものが欲しい」

など。

セラピストさんに受けてもらいたかったので、私としては満足でした。

日本にも同じようなお店ができないかなと願ってます。ホテルスパじゃなくてね。

こんな人におすすめ

タイのスパレベルを体験したい方におすすめ。

街中のお店とは料金が違うけど、それだけの価値はあると思います。

マッサージ、ほぐし業界などで働いている方には、ぜひ受けてもらいたい。

良いものも知らないと、良いサービスを提供することはできませんからね。

パンピューリウェルネスに行きたい方は、行き方などをブログで紹介してますので、ご参照下さい。
バンコクのパンピューリウェルネスへの行き方

~thaiuniおっさんのつぶやき~
また、セラピストを連れていきたいと思いました。違ったタイプのお店もあるので、いくつかのお店に連れていってあげたいな。業界のレベルアップに繋がるからね。

タイ関連のお店や商品をブログでご紹介します♪(有料)
↓ ↓ ↓
依頼・ご相談はこちらから

ブログの更新はFacebookページ&twitterにて告知します。
「いいね!」&「フォロー」お願いします。
↓ ↓ ↓
Facebook
https://www.facebook.com/thaiuni7/
twitter
https://twitter.com/uniuni7