今年いっぱいでバンコクの屋台が全面排除されるかも。賛成?反対?

ここ数年、いくつかバンコクの屋台撤廃について触れてきました。「バンコク・カオサン通りから屋台が消える!?」「バンコクの夜の屋台が消えてた。寂しいものだなぁ ※追記あり」「2017年1月バンコクの屋台が半復活してた件」。最後にバンコクで見たのが今年の1月。この時は撤廃されていたスクンビット地区に屋台っぽいのが復活していました。
このほど、バンコクのワンロップ・サワンディー都知事は、 今年いっぱいでバンコク都下全域で路上屋台を排除すると宣言しました 。今回の決定はバンコク都下50地区で例外なく執り行い、カオサンやヤワラートも含まれると語ったそうです。もし、本当に全面排除が実施されたら、いち観光客としては寂しい限りです。でも、見方を変えたら正当だとも思えたりする。良い機会なので、いくつかの面で屋台全面排除を考えてみようかと思います。だって、日本では相当前に街中の屋台は無くなりましたから。

画面右は軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

今のところ、画面右は歩道に出てない軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

続きを読む

タイ人が喜ぶ国内旅行先は?誘う際の参考にどうぞ♪

私は旅行が大好き!幼き頃、両親と何度か国内旅行に行きました。一番古い記憶は大阪万博、、年代がわかってしまいますね。そして、中学生で初めて友人だけで群馬へ旅行してから、今までに北は北海道、南は沖縄までいろいろ国内旅行を楽しみました。最近は、日本国内旅行よりタイ国内旅行の方が魅力を感じてしまっていますが。
そんな折、WEBでタイ関連情報を見ていたら「タイ人4万人に訊いた 2015年の国内旅行はどこへ行った?」というタイ統計局のデータが目にとまりました。このデータをみると、日本人が国内旅行するのと少し違う傾向がありました。もしタイ人をタイ国内旅行に誘うなら何処が喜ばれるだろうなというのが、ぼんやりと見えてきました。私がタイ人に国内旅行なら何処に行きたいと聞いた経験を含め、何処が良いか推測してみようと思います。

tai-kokunai-ryokou-

続きを読む

日本の正月とタイの正月の死亡事故を比較してみた。

タイの正月「ソンクラン」が始まる前に、タイ警察が荷台乗車の規制をすると発表したことによる民衆の反発「意外にもタイでも荷台に乗車するのは違法だったとは」。これを無理にでもやっておけば、もう少し交通事故による死亡者が減ったかもしれません。
タイ当局によると、4月11日~17日のタイ正月ソンクランの時期の交通事故に関する報告がありました。交通事故は3,690件(前年比7.1%増)、死亡者390人(前年比11.8%減)、怪我3,808人(前年比4.2%増)だったそうです。日本での交通事故死亡数は平成27年度は4,117人でしたが、同じ正月は?と思い比較してみました。

交通事故

続きを読む

意外にもタイでも荷台に乗車するのは違法だったとは

今月初め、タイ警察が「ピックアップ車などの荷台に乗って移動することを、厳格に取り締まる」と発表したところ、同日の夜には撤回される。ということが起きました。取り締まりの目的は、現在開催されているソンクランにおいて、未然に事故を防ぎ国民の安全を守ろうとしたものでした。が、マスコミやSNSで猛反対をくらい撤回したそうです。
そもそも、タイで荷台に乗車するのは道路交通法で禁止されているというのが驚きでした。タイでは普通に荷台乗車で高速とかも走っているのでね。そんな状況なので反対意見が出るのは当然だし、その反対意見がタイっぽいなと思ったので紹介しようと思います。また、日本でも荷台乗車は可能のか?を調べてみました。正直なところ、荷台には乗車したくないけど、日本でも乗れるんですよね。

画像:http://chiangrai.blog.jp/

画像:http://chiangrai.blog.jp/

続きを読む

タイの日本行き旅行詐欺から学ぶこと。

少し前に、旅行業倒産では戦後4番目となる「てるみくらぶ」の倒産が記憶に新しいところ。嘘が嘘を重ねて、負債額はおよそ150億円、旅行者9万人への全額返済は厳しいとみられ、多くの人や会社が被害にあいました。
そして昨日、タイで旅行関係の悪いニュースがありました。日本行きパック旅行にて詐欺が発覚。チャーター便を利用した料金8000~2万バーツの関西ツアーとうたい約2000人が騙されたそうです。また、一部では「サプリメントを購入すると日本へ行ける」と騙された被害者もいるようで、1万5000~1万8000バーツを支払った被害者もいるようです。騙さたのにはそれなりの訳もあるのかなと思い、実際、タイから日本へ行くのにどれくらいかかるのかを調べてみました。そして、そこから同じような被害にあわないように何をすべきかを考えてみようと思います。

変わらぬ風景のスワンナプームに安心。

スワンナプーム空港まで来て旅行に行けないと分かるなんて・・

続きを読む

日本人とタイ人では「ビザなしで行ける国」がこんなに違うとは・・

日本人がビザなしで行ける国の数をご存知だろうか?コンサルティング会社のヘンリー&パートナーズで発表された「2017年度版 ビザ規制インデックス国別ランキング」によると、日本は172カ国にビザなしで行くことができます。それに対して、タイ人は71カ国にビザなしで行けることができます。ちなみに、タイ人のビザなしで行ける71カ国には日本も含まれています。
本日はビザなしで行ける自由度ランキングについて詳しく調べてみました。そもそもビザはなんで必要?から、注目国のランキング等を紹介したいと思います。

bizanasi

続きを読む

タイ人初のJリーガーシティチョーク選手を応援しよう!

私の世代だと、小学生の頃はプロ野球に夢中になり、王選手や長嶋選手を後楽園球場で観たこともありますし、記憶に残っているのは二人の引退セレモニー。長嶋さんの引退セレモニーをみて泣いたのを覚えています。そして、大人になってからJリーグが始まり、カズやラモスが活躍してた時代に旧国立競技場へ試合を観に行きました。
最近は、スポーツはテレビで観るものとなっており、実際にスタジアムに観にいくことがなくなりましたが、ちょっと注目したい選手が出てきたので、久しぶりに応援に行きたいなと思いました。その注目選手は、タイ人初のJリーガー「シティーチョーク(สิทธิโชค)選手」。今年からJ3鹿児島ユナイテッドFCに1年間の期限付き移籍で、既に数試合出場しています。英紙「ガーディアン」の「世界のベスト若手タレント60人」にも選ばれた逸材で、プロフィールなどを紹介したいと思います。

画像提供:https://balltoro.com/

画像提供:https://balltoro.com/

続きを読む

タイの6ある山岳民族を調べてみた。

数年前、高田馬場にあるタイ語学校へ通っている時に、モン族のタイ人先生に習ったことがありました。その時は、少数民族などには興味もなく、山より海が好きだったので山岳民族にも全く興味がありませんでした。それでも、タイの歴史に深い校長先生はモン族について目を輝かせて話していたのを覚えています。
日本にも琉球民族やアイヌ民族などがありますが、それ以上にタイには様々な民族が存在します。今日は、タイに多く存在する民族の中で6つある「山岳民族」について知れべてみました。首長族はこの6つに含まれないなど、私にはいろいろ知っておいて損は無い情報になりました。

画像:wikiより 作者 Jialiang Gao: www.peace-on-earth.org

中国のハニ族(タイではアカ族) 画像:wikiより 作者 Jialiang Gao: www.peace-on-earth.org

続きを読む

企業家精神ランキングでタイは3位、日本は最下位から見えること

ニュースをチェックしてたら「日本人の「企業家精神」45カ国中最低」というのが目に止まった。これはアムウェイ本社が世界45カ国、男女50,861名を対象に実施した「アムウェイ・グローバル企業家精神調査レポート」の最新結果からなるもの。この調査で、1位ベトナム、2位インド、3位タイとなり、日本は最下位になりました。また、日本人の将来希望職の回答に「国家公務員、地方公務員」、「会社・企業の事務職」が人気となり、他の国と比べ「働きたくない」という回答が多かったそうです。
この結果だけみると日本ってヤバいと思うのですが、少し前にアメリカBAVコンサルティングとペンシルバニア大学ウォートンスクールによる「企業家精神ランキング」では、日本は2位でした。この2つの結果から日本の将来に何が起こるかを予測したいと思います。

ブログ用文字

続きを読む

タイ人気歌手が徴兵された時のコメントがカッコいい

毎年4月はタイ全土で徴兵のためのくじが行われます。タイでは20歳になると兵役の義務があり、全員が徴兵されるのではなく、くじ引きで徴兵されるかが決まります。この徴兵くじで話題になるのが、美しいニューハーフの方々。彼?彼女らは、くじ引きの前の身体測定と健康診断で不適正となり不採用がきまります。きっと、今年も美しいニューハーフが話題になるのかなと思ってたところ、話題をさらったのはニューハーフではなく、つい1週間前に行われたマハーナコンアワードで最優秀新人賞に輝いたブン・パトゥムラートさんの徴兵でした。彼はくじ引きの結果、徴兵されることになったのですが、この際に残したコメントがかっこ良かったので紹介したいと思います。
ちなみに、昨年の徴兵制に来たニューハーフのべっぴんさんは過去ブログでご覧下さい⇒「今回も兵役免除でした。タイの美人さん?可愛い男の子?性同一障害者

Facebookページ:https://www.facebook.com/BlePratumrachRsiam

Facebookページより:https://www.facebook.com/BlePratumrachRsiam

続きを読む