今年いっぱいでバンコクの屋台が全面排除されるかも。賛成?反対?

ここ数年、いくつかバンコクの屋台撤廃について触れてきました。「バンコク・カオサン通りから屋台が消える!?」「バンコクの夜の屋台が消えてた。寂しいものだなぁ ※追記あり」「2017年1月バンコクの屋台が半復活してた件」。最後にバンコクで見たのが今年の1月。この時は撤廃されていたスクンビット地区に屋台っぽいのが復活していました。
このほど、バンコクのワンロップ・サワンディー都知事は、 今年いっぱいでバンコク都下全域で路上屋台を排除すると宣言しました 。今回の決定はバンコク都下50地区で例外なく執り行い、カオサンやヤワラートも含まれると語ったそうです。もし、本当に全面排除が実施されたら、いち観光客としては寂しい限りです。でも、見方を変えたら正当だとも思えたりする。良い機会なので、いくつかの面で屋台全面排除を考えてみようかと思います。だって、日本では相当前に街中の屋台は無くなりましたから。

画面右は軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

今のところ、画面右は歩道に出てない軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

続きを読む

意外にもタイでも荷台に乗車するのは違法だったとは

今月初め、タイ警察が「ピックアップ車などの荷台に乗って移動することを、厳格に取り締まる」と発表したところ、同日の夜には撤回される。ということが起きました。取り締まりの目的は、現在開催されているソンクランにおいて、未然に事故を防ぎ国民の安全を守ろうとしたものでした。が、マスコミやSNSで猛反対をくらい撤回したそうです。
そもそも、タイで荷台に乗車するのは道路交通法で禁止されているというのが驚きでした。タイでは普通に荷台乗車で高速とかも走っているのでね。そんな状況なので反対意見が出るのは当然だし、その反対意見がタイっぽいなと思ったので紹介しようと思います。また、日本でも荷台乗車は可能のか?を調べてみました。正直なところ、荷台には乗車したくないけど、日本でも乗れるんですよね。

画像:http://chiangrai.blog.jp/

画像:http://chiangrai.blog.jp/

続きを読む

タイ人気歌手が徴兵された時のコメントがカッコいい

毎年4月はタイ全土で徴兵のためのくじが行われます。タイでは20歳になると兵役の義務があり、全員が徴兵されるのではなく、くじ引きで徴兵されるかが決まります。この徴兵くじで話題になるのが、美しいニューハーフの方々。彼?彼女らは、くじ引きの前の身体測定と健康診断で不適正となり不採用がきまります。きっと、今年も美しいニューハーフが話題になるのかなと思ってたところ、話題をさらったのはニューハーフではなく、つい1週間前に行われたマハーナコンアワードで最優秀新人賞に輝いたブン・パトゥムラートさんの徴兵でした。彼はくじ引きの結果、徴兵されることになったのですが、この際に残したコメントがかっこ良かったので紹介したいと思います。
ちなみに、昨年の徴兵制に来たニューハーフのべっぴんさんは過去ブログでご覧下さい⇒「今回も兵役免除でした。タイの美人さん?可愛い男の子?性同一障害者

Facebookページ:https://www.facebook.com/BlePratumrachRsiam

Facebookページより:https://www.facebook.com/BlePratumrachRsiam

続きを読む

プーケットのホテルで感電死。タイでは注意すべき

タイのニュースをチェックしていると、「2017年3月23日夜、プーケットのホテルで従業員のミャンマー人夫婦が感電死」とありました。二人はホテル客室の浴室で見つかっており、二人とも手に火傷があり女性の手は金属製のシャワーヘッドを握った状態だったそうです。どうやら、二人で清掃作業をしていたところ女性が漏電で倒れ、助けに行った男性も同様に感電をしたとみられています。ちなみに、警察の発表ではプーケットのホテル名は明らかにされてません。
ホテル名発表しろよ!と私も含め思う方も多いと思いますが、この辺りはタイ事情かなとも。もっと話が広がったら公表されるのでしょうが、利用する側としてはね。。安全にタイを楽しんでもらうためにも、情報だけは入れておきたいかと。本日は、タイにおける感電事故とその対処方法ををまとめてみます。アジアのホテルでは危険が伴う可能性があるので、知っておいて損はなさそうです。

UNI125190029_TP_V
続きを読む

タイへ愛犬を連れて行きたい。それは慎重にお考え下さいませ。

数年前、在京タイ大使館に勤めている友人から「タイへペットを連れて行きたいのだが、どうしたら良いですか?」という問い合わせが多いと聞き、これはビジネスとしてタイ関連で困っている人の手助けができるのでは?と思い調べたことがありました。調べた結果、タイへペットを持っていくのは手続きの煩雑さはありますが、さほど難しいことではないことが分かりました。簡単とは言えませんが、愛犬や愛猫の為なら頑張れる範囲。ただ、問題は日本へ戻ってくる時。これはかなり大変でした。
本日は、タイと日本それぞれに愛犬を連れて行きたいと考えている方へ、それぞれの注意点を整理してみようと思います。ただ、ペットといってもいろいろな種類がありますので、今回は犬と猫に絞ります。その他は、参照サイトを紹介しますので、そちらでご確認下さい。

タイの動物病院。

タイの動物病院。

続きを読む

タイ人と結婚したい方へ、婚姻手続きと注意点。【追記あり】

今月初旬にタイ・チェンマイへ初めて行った友人から、こんな相談がありました。
「タイにいるミャンマー人と結婚するには、どうしたら良い?」
今までに、外国人と結婚ってことを考えたことはありましたが、実際の手続きについてまで調べたことはありませんでした。私の友人のように、素敵な出会いをして結婚なんて考える人もいるんじゃないかと思います。友人には別に回答するとして、これは良い機会だと思い、タイ好きとしては、ミャンマー人ではなくタイ人女性と結婚するにはどうしたら良いかを調べてみました。また、あくまでも私個人の意見になりますが、タイ人と結婚する時に注意すべき点をあげたいと思います。この注意点をクリアできる方は、明日にでも婚姻手続きをしちゃってください。

素敵な出会から結婚。でもいろいろ冷静になりたいところ。

素敵な出会から結婚。でもいろいろ冷静になりたいところ。

続きを読む

バンコクで子連れの日本女性が逮捕。ワシントン条約くらいは知っとこうよ。

ニュースをチェックしていると「スワンナプーム空港で、ワシントン条約で商業目的の国際取引が禁止または規制されている生きたカメ32匹、ミズオオトカゲ8匹、ワニ15匹をかばんに隠し出国しようとした日本人の女が逮捕された。」とありました。この女性が言うには、アジア系の男性に頼まれて、10万円で東京まで運ぶ予定だったそうです。そして、その女性は生後半年の子供が一緒だったとか。
正直、麻薬でなくて良かったですねと言いたいが、それよりも生きたカメやトカゲやワニを生きたまま持って帰るのはダメだって分かるだろうに。まして、依頼金額が10万円とか怪しいでしょ。
という私もワシントン条約とはを口頭で説明しろといったらできないので、ワシントン条約についてと条約で禁止または規制されている動物、植物を調べてみました。

附属書Ⅰの絶滅危惧種のパンダ

附属書Ⅰの絶滅危惧種のパンダは誰でも知ってますね。

続きを読む

知っておきたい「タイと日本の法律の違い」代表的な三つ

一ヶ月による国民の喪に服する期間が終わり、通常のタイに戻りつつあると聞きます。ただし、偉大なる父を失ったタイ人の心の穴は埋まるはずもありません。毎日のようにタイ全土から多くのタイ人が弔意を表すためにバンコクに来ているそうです。そんな私も明日からバンコクに入ります。もちろん、王宮には行こうと思っています。持っていく服も黒ばかりです。
さて、このような時期だからこそタイ訪問の際には、日本との違いをしっかり知っておくことが大切だと思います。少し前のホアヒンでのバカ騒ぎしたアホ日本人にならないためにも。本日は代表的な3つの法律の違いと、習慣的に違う部分を整理してみました。はじめてタイへ行く前には一読してもらえたら良いと思います。タイの根っこを知ることができるかもしれません。

タクシーのダッシュボードに貼ってありました。おなら禁止かな・笑

タイタクシーのダッシュボードに貼ってありました。おなら禁止・笑

続きを読む

タイでマンション買うときのメリットデメリット、そして注意点

日本の不動産が投資目的で買われていると聞きます。少なからずオリンピックまでは買い手市場が続くようですが、不動産関連の知り合いや私の周りの多くは、オリンピック後には下落するだろうと。不動産投資を目的にしている場合、その国の情勢によって左右されるのは仕方ないことになります。それはタイにおいても同じで、ここ数年の度重なるデモによって情勢が安定しないタイにおける不動産投資にはリスクがあります。ただし、そんな情勢でもタイの不動産投資は続いていると聞きます。本日は、デメリットよりメリットのが上回っているタイの不動産投資や購入について整理してみようと思います。そして、購入時の注意点もいくつかまとめてみます。

画像:タイ国政府観光庁

画像:タイ国政府観光庁

続きを読む

タイへ持ち込める免税品の範囲。2018年から検査強化されるそうですよ。

タイのニュースをチェックしていると「タイ財務省関税局は、スワンナプーム空港などの主要空港で、航空便の旅客が国内に持ち込む全ての手荷物を検査する計画」とありました。目的は脱税摘発のようで、タイの各空港でエックス検査機を増設。そして、2018年には全量検査を実施する計画らしく、予算は20億バーツ(約60億円)だそうです。かなり本気モードっぽいです。
これらを実施する背景として、旅客が持ち込む手荷物に申告のない高級ブランド品が持ち込まれているとみているようです。
私個人としては、高級ブランドに縁がありませんので、捕まることはないかと思うのですが、もう一度タイへ持ち込める免税品について整理してみます。

cc0160160106_TP_V
続きを読む