とっくの昔にタイでは屋内全面禁煙。日本はいつよ!?

8年前にタバコをやめた私。やめるまでは、毎日30本位吸うヘビースモーカーでした。20年前のタイへ行き始めの頃、成田からバンコク(ドンムアン空港)の6時間もヤニ切れた状態になり、到着すると真っ先に喫煙場所に駆け込み、たばこを吸っていました。当時はホテルのロビーやレストランでも自由に吸えたのを覚えています。
それから、2008年にタイでは禁煙令が施行され、エアコンが効いている室内での全面禁煙が実施されました。その時は、まだたばこを吸っていたので、喫煙者には肩身の狭い国だなと。でも、それからスグに禁煙をはじめた私にとっては、何とも素晴らしい国と思えました。そして、2017年7月にタイで更にたばこに関する規制を強化した「たばこ製品管理法」が施行されました。
本日は、喫煙者には確認してもらいたい、タイの「たばこ製品管理法」について書きたいと思います。もし「やめたい」と思っている喫煙者がいらっしゃるなら、この機会にやめてみてはいかがでしょう?私がどうしてやめれたか?も最後に紹介しておきますのでね。

禁煙

続きを読む

外国人がタイで働けない39種の業務。

一昨日のニュースに「タイ労働省は、外国人の不法就労に対する罰則を強化した外国人就労管理法が23日に施行されたと発表」とありました。今回の罰則強化内容は、外国人を許可なく雇用した場合の雇用主への罰金が40~80万バーツ、就労した外国人労働者へは2000~1万バーツの罰金と5年以下の禁固刑になります。なかなかの罰則だなと思いつつ、日本も外国人の就労規制が多くあるので、普通のことだなぁと思ったり。
そこでふと、私のような日本人(外国人)がタイで就労許可さえ取れない業種があったことを思い出しました。本日は、その業種を紹介します。

DSCF4488

続きを読む

タイではダメ!「水タバコ」そして「電子たばこ」

タイの最新ニュースをチェックしてたら「バンコク近郊の水タバコ販売でパブのオーナーが逮捕」とありました。タイ好きなら、ご存知の方が多いと思いますが、タイでは国内での水タバコ販売が禁止されており、タイ国内への輸入も禁止されています。一部の記事では「復活!ただ、ちょっと高くなったよ・・・」というのもあったので、規制緩和?と思っていましたが、やはりダメでした。そして、水タバコ同様に電子たばこも規制されています。
本日は、2014年からタイで規制されている水タバコについて書こうと思います。ちなみに私は禁煙家です。調べてみたら、予想通りで水タバコはヤバイことが判明しました。

たばこ

続きを読む

タイで売買春は違法。間違ってる人多いようですが

ネットを見ていると、ちょくちょく「タイで売春は合法化された」というのを見かけます。また、週間○ストさんの記事でも「タイで完全合法化され・・」なんてのがありました。実は、これ大きな間違い。タイにおいて売買春は違法行為になります。売春婦が18歳以上の場合、お客さん(買春)をした人は罪に問われませんが、売春婦は罰金刑が科せられ、売春場所を提供している施設のオーナーは罰金刑と禁固刑の対象になります。昨年のナタリーのようにね「バンコクのマッサージパーラー「ナタリー」が摘発された背景※追記あり」。
売春が違法というのは、「普通のことでしょ」と思った方も多いと思いますが、調べてみると世界では合法の国が多くありました。タイ人の意識調査を含め考えてみようかと。

赤=非合法、青=合法かつ公認売春宿存在、緑=合法 画像:wikiより

赤=非合法、青=合法かつ公認売春宿存在、緑=合法 画像:wikiより

続きを読む

日本とは全く違うタイの学校休日

先週のタイのニュースで、「学校が始まり、子供を送迎する車が出て渋滞が激しくなっています」とありました。渋滞をつくる原因はいろいろありますが、学校の送迎が増えることによる渋滞は、日本では少ないかと思います。そして、「先週に学校?」というのも気になる方も多いのでは。
本日は、タイの学校(小学校・中学校・高校・大学)の夏休みなどの長期休暇についてまとめてみます。小学生が3ヶ月とか休みだと、覚えたもの忘れちゃうんじゃないかと思ったりしましたぞい。

natuyasumi

続きを読む

三輪タクシーのトゥクトゥクを買うとしたら

タイへ行ったら一度は乗ってみたいのが、トゥクトゥクではないでしょうか。私も何度か乗ったことありますが、涼しい日とかは気持ちが良かったです。ただし、暑い日とか、大渋滞の時は地獄と化しました。
先週末のタイフェスでも、渋谷側入り口付近でトゥクトゥクが販売されてました。その時の値段は128万円。軽自動車の新車並みの価格ですが、過去ブログをみてると毎年完売するとか。本日は、トゥクトゥクを一度は乗ってみたいという方から、この機会に購入しようという方に、日本でレンタカーとして乗れる場所と購入する際の条件などを調べてみました。

tuktuk

続きを読む

今年いっぱいでバンコクの屋台が全面排除されるかも。賛成?反対?

ここ数年、いくつかバンコクの屋台撤廃について触れてきました。「バンコク・カオサン通りから屋台が消える!?」「バンコクの夜の屋台が消えてた。寂しいものだなぁ ※追記あり」「2017年1月バンコクの屋台が半復活してた件」。最後にバンコクで見たのが今年の1月。この時は撤廃されていたスクンビット地区に屋台っぽいのが復活していました。
このほど、バンコクのワンロップ・サワンディー都知事は、 今年いっぱいでバンコク都下全域で路上屋台を排除すると宣言しました 。今回の決定はバンコク都下50地区で例外なく執り行い、カオサンやヤワラートも含まれると語ったそうです。もし、本当に全面排除が実施されたら、いち観光客としては寂しい限りです。でも、見方を変えたら正当だとも思えたりする。良い機会なので、いくつかの面で屋台全面排除を考えてみようかと思います。だって、日本では相当前に街中の屋台は無くなりましたから。

画面右は軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

今のところ、画面右は歩道に出てない軒下だから合法、左側は歩道上だから違法になる。

続きを読む

意外にもタイでも荷台に乗車するのは違法だったとは

今月初め、タイ警察が「ピックアップ車などの荷台に乗って移動することを、厳格に取り締まる」と発表したところ、同日の夜には撤回される。ということが起きました。取り締まりの目的は、現在開催されているソンクランにおいて、未然に事故を防ぎ国民の安全を守ろうとしたものでした。が、マスコミやSNSで猛反対をくらい撤回したそうです。
そもそも、タイで荷台に乗車するのは道路交通法で禁止されているというのが驚きでした。タイでは普通に荷台乗車で高速とかも走っているのでね。そんな状況なので反対意見が出るのは当然だし、その反対意見がタイっぽいなと思ったので紹介しようと思います。また、日本でも荷台乗車は可能のか?を調べてみました。正直なところ、荷台には乗車したくないけど、日本でも乗れるんですよね。

画像:http://chiangrai.blog.jp/

画像:http://chiangrai.blog.jp/

続きを読む

タイ人気歌手が徴兵された時のコメントがカッコいい

毎年4月はタイ全土で徴兵のためのくじが行われます。タイでは20歳になると兵役の義務があり、全員が徴兵されるのではなく、くじ引きで徴兵されるかが決まります。この徴兵くじで話題になるのが、美しいニューハーフの方々。彼?彼女らは、くじ引きの前の身体測定と健康診断で不適正となり不採用がきまります。きっと、今年も美しいニューハーフが話題になるのかなと思ってたところ、話題をさらったのはニューハーフではなく、つい1週間前に行われたマハーナコンアワードで最優秀新人賞に輝いたブン・パトゥムラートさんの徴兵でした。彼はくじ引きの結果、徴兵されることになったのですが、この際に残したコメントがかっこ良かったので紹介したいと思います。
ちなみに、昨年の徴兵制に来たニューハーフのべっぴんさんは過去ブログでご覧下さい⇒「今回も兵役免除でした。タイの美人さん?可愛い男の子?性同一障害者

Facebookページ:https://www.facebook.com/BlePratumrachRsiam

Facebookページより:https://www.facebook.com/BlePratumrachRsiam

続きを読む

プーケットのホテルで感電死。タイでは注意すべき

タイのニュースをチェックしていると、「2017年3月23日夜、プーケットのホテルで従業員のミャンマー人夫婦が感電死」とありました。二人はホテル客室の浴室で見つかっており、二人とも手に火傷があり女性の手は金属製のシャワーヘッドを握った状態だったそうです。どうやら、二人で清掃作業をしていたところ女性が漏電で倒れ、助けに行った男性も同様に感電をしたとみられています。ちなみに、警察の発表ではプーケットのホテル名は明らかにされてません。
ホテル名発表しろよ!と私も含め思う方も多いと思いますが、この辺りはタイ事情かなとも。もっと話が広がったら公表されるのでしょうが、利用する側としてはね。。安全にタイを楽しんでもらうためにも、情報だけは入れておきたいかと。本日は、タイにおける感電事故とその対処方法ををまとめてみます。アジアのホテルでは危険が伴う可能性があるので、知っておいて損はなさそうです。

UNI125190029_TP_V
続きを読む