「ロティ」じゃなく「ロティサイマイ」が美味しかった件

今回の旅行案内の1つにアユタヤ観光がありました。もちろん、私が案内する訳ではなく、現地旅行代理店に手配した一日観光になります。過去2度ほどアユタヤに行きましたが、1度目は自力で回りほとんど観れずに終わり、2度目は観光場所を回るだけでガイドを付けませんでした。そして、今回の3度目はガイドを付けた観光にしました。結論、3度目のガイドを付けた観光が一番良く、アユタヤの歴史を深く知れました。少し高くなりますが、アユタヤ観光するならこれが良いと思います。首なし仏像の所以とか詳しく教えてもらいました。
さて、本日は、今回のアユタヤ観光で初めて食べた「ロティサイマイ」について書こうと思います。今まで、屋台で売っているロティは食べたことありましたが、油っこいところがイマイチだった記憶がありました。だから、「ロティサイマイ」は同じ「ロティ」の名が付くので、どうかな?と思ってましたが、食べてみたらめっちゃ美味しくて驚きました。コスパも最高!作っているお店と食レポになります。日本で人気でると思うんだけどな。

IMG_20171202_095359

続きを読む

アユタヤで象の事故。死亡事故にならなくて良かった。

タイのニュースをチェックしていると、2017年2月28日11時頃、アユタヤの象園でオスの象が暴れだし、別の象に乗っていた日本人女性2人とタイ人の象使いが転落して怪我をした。とありました。振り落とされた日本人女性は打撲などの怪我をし、タイ人は足の骨を折って重傷。事故原因はオスの象が発情期に入り、メスの象に近づいて暴れだしたとのこと。ほんと、死亡事故にならなくて良かったです。
タイに行ったら象に乗りたい。象に乗ったことない人のほとんどは考えることかと思います。以前はバンコク中心部まで象が入って来ましたが、今は中心部に象を入れることは禁止されており、少し離れたところで象を見たり乗れたりします。本日はバンコクの近くで象に乗れる場所の紹介と、最近のタイにおける象死亡事故をあげます。馬と同じで落馬と落象には十分に注意したいですからね。

gf01a201503100000

続きを読む

アユタヤで満員のボート転覆で13人死亡。チャーター便には注意が必要ですな。

バンコクのソイナナにある中東・アフリカ人街に手入れがありました。ナイトクラブにいた55人に尿検査を実施したところ、南アフリカ人の男性4人、タイ人の女性8人に麻薬の陽性反応が出て逮捕されたそうです。私も何度か、中東・アラブ・アフリカ人街をウロウロ歩いたことありますが、日本人には受け入れがたい雰囲気ですぐに退散したのを覚えています。ただ、ケバブは美味しかったな。バンコクでは、このような手入れに出くわすこともありますので、薬だけは手を出さないようにして下さい。ほんと、誘惑が多いですから。
 さて、本日話題にあげたいのが「アユタヤで客船転覆にて13人死亡」というニュース。タイではボートや客船転覆による死亡事故が時々発生してます。事故を少なくするには法整備やチェック体制をしっかりしないとダメだと思うのですが、それを待ってたら船には乗れなくなりますので、事故から自衛の策を考えたいと思います。いつ似たような事故に遭遇するかわかりませんから。

画像:タイ内務省

画像:タイ内務省

続きを読む

世界76位のタイのゴルフコースはアヨタヤリンクス

前回、10年以上ぶりにタイでゴルフをやってきました。バタヤで2プレーをしてきましたが、そのうちのサイアムカントリーの整備されたフェアウエイやグリーンは、とても気持ちよくゴルフができ、タイのゴルフイメージが変わりました。
10年前はバンコクで1プレーだけしたのですが、湿地帯のようなところで池やブッシュが多く、当時のゴルフの腕もあったのでしょうがボールを10個以上なくしました。ただ、今回のゴルフはスコアもまとまり、無くしたボールは池に落ちた一個のみ。OBもなく気持ち良くまわれました。
これに味を占めて、次回も複数人数の訪問タイだったらゴルフをやりたいと思ってたところ、「アメリカのゴルフ雑誌ゴルフマガジン2015年10月号にて、「アヨタヤー・リンクス」がASEANのコースとして初めて、世界の名コース100選に選ばれました。 」との記事を発見。これは行かなきゃと思い少し調べてみました。

約1000万円の会員権ゴルフ倶楽部。アヨタヤリンクスはすごすぎるかも。

約1000万円の会員権ゴルフ倶楽部。アヨタヤリンクスはすごすぎるかも。

Ayodhya Linksはドンムアン空港に沿って走る国道1号線をサラブリ方面に向かった左側にあるそうです。今では日本でも少ない完全会員制コースで、会員以外はプレーできないコースになります。それも会員は最大500名迄となっているようです。

一日の予約は20組に限定しているので、前後が詰まったりなどのストレスとは無縁でプレーができるとのこと。ちなみに会員権は300万バーツ(1050万円※2015年12月現在)と言われているそうですが、お金を出したからって審査が通らないと会員にはなれないそうです。

こちらの出資者はバンコク銀行頭取、シンハービールやCPグループなど、タイを代表するビジネスマンの方々。会員の方を探さないと回れないのですが、そう簡単には見つかりそうにありませんね。やはりゴルフは英国生まれの紳士のスポーツ、格式高いです。 Webページはこちら

http://www.ayodhyalinks.com/

ところで、読み方は「アヨタヤ」?「アヨダヤ」どちらなんだろ?調べてみると両方あるんですよね。ゴルフコース紹介サイトだとアヨタヤリンクスって書いてあるので、多分、こちらで良いのだと思います。

今回、アヨタヤリンクスは東南アジアのコースでは初めて選出。では日本のゴルフコースは?と、その選出されたゴルフマガジン2015年ゴルフ場100選を見てみたところ、三つのゴルフコースが入ってました。
42位.廣野ゴルフ倶楽部(Hirono Golf Club)兵庫県・神戸
67位.川奈ホテルゴルフコース(富士コース)(Kawana Hotel Golf Course(Fuji)) 静岡県・伊東
96位.東京ゴルフ倶楽部(Tokyo Golf Club)埼玉県・狭山 この三つのコースは前回2013年(二年ごとに選出するらしい)の100選に入っていました。

私は、三つのゴルフコースとも行ったことない。一度は行かなきゃと思い、、 川奈ホテルゴルフコースは、富士コースですと宿泊プランしか扱ってないようで、安い平日プランだと33300円てのがありました。 東京ゴルフ倶楽部は、原則は会員同伴で平日のみ会員紹介のみでプレーできるそうです。
廣野ゴルフ倶楽部ってホームページ無いぞ。。リニュアル中か?それとも予約沢山あって要らないのかな。仕方ないので直接電話してみたところ、メンバー同伴のみと言われました。ちょっと冷たい感じ、うーん格式高い。
それと、タイのアヨタヤリンクスは76位。東京ゴルフ倶楽部よりランキング上ってことになってます。

最後にゴルフ場ランキングベスト3
1位.パインバレーゴルフクラブ(Pine Valley Golf Club)アメリカ・ニュージャージー
2位.サイプレスポイントクラブ(Cypress Point Club)アメリカ・カリフォルニア
3位.セントアンドリュース(オールドコース)(St. Andrews (Old Course) )スコットランド

三つともずば抜けて格式高く、特に1位のパインバレーゴルフクラブは厳格なプライベートクラブなので、トーナメントもしないので一流プロでもなかなかプレーできないことで有名なコースだそうです。きっと、私は一生プレーすることがなさそう。 でも、タイのアヨタヤリンクスはプレーしてみたいな。まずは会員探しからだな。


ポチっとクリックお願いします。